競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

スプリングステークス 2019 出走予定馬:ファンタジスト&武豊騎手想定

time 2019/03/11

スプリングステークス 2019 出走予定馬:ファンタジスト&武豊騎手想定

第68回 スプリングステークス(GII)出走予定馬展望

日程:2019年3月17日(日)
コース:中山芝内1800m

予想用・出走予定馬一覧

ファンタジスト(武豊騎手想定)

 昨年秋の府中で京王杯2歳ステークスを制したファンタジストがスプリングステークスに出走予定だ。前走の朝日杯フューチュリティステークスでも4着と健闘を果たしたが、クラシックを見据えれば健闘レベルでは物足りない。1800mと距離延長となるが、皐月賞につながる競馬を期待したい。

※この記事はブログ無料公開対象です

 ここ2走の感じから1800でも1周コースに替わるのがどうか、というのは微妙なラインかな。ただ、朝日杯の内容的に距離自体はもう少し持ちそうな感じもしている。能力的に見るとアドマイヤマーズに朝日杯で圧倒されるレベルでは少なくともクラシック主役級とは差がある。あとは今回のメンバー構成との比較になるが…この馬が人気を集めるなら穴を狙いたいかな、とは感じるレベル。中山1800でロンスパ気味になって分散されないかどうかやね。前走は悪くないけど、ここで人気を背負うほどか?となると他を見渡しても面白い馬が非常に多いので。

京王杯2歳S(GII)1着

東京芝1400m良 8頭1枠1番
1:24.7 38.0-33.5 S^5
12.9 – 12.2 – 12.9 – 13.2 – 11.7 – 10.8 – 11.0

 まずは2走前の京王杯2歳S勝ちから振り返るんだが…まあ言っちゃあなんだが極端なドスローなのであまり参考にしづらいところはある。ペースは4.5で極端に遅い。そこからの3F勝負…とも言えず、ほぼ2F戦。坂の登りでの急激なギアチェンジを問われた。

 1番枠からまずまずのスタートを切って、そこから無理はせずに控えて2列目のポケットで進めていく。道中も折り合いを意識しつつ前にスペースを置いてやや下がる感じで後ろのアウィルアウェイのスペースをつぶしにかかる感じ。3~4角でこちらは前にしっかりとスペースを保って2列目のポケットでいつでも動ける態勢をとって直線。序盤で内外どちらでも、というところからL2で内に切ってスッと反応、ここで先頭に立つ。L1でアウィルアウェイがしぶとく差を詰めてくるがこれを何とか退けた。

 ここまで馬鹿らしいペースだとまともに回顧するのもあれなんだが、ひとまず言えるのは緩い地点から直線で一気に加速するギアチェンジ能力を高いレベルで持っていたというのは証明できたのかなと。また最速ラップ10.8の地点で1馬身差を詰め切ったので10.7は確実。瞬間的な切れ味という点でも十分。ただし、あまりにも遅いのでこれをまともな流れの中でも引き出せるのかどうか、TS持続は最後にアウィルアウェイに詰められているのでその辺りが課題ではあったと思う。

朝日杯FS(GI)4着

阪神芝外1600m良 15頭8枠14番
1:34.5(+0.6) 47.7-46.2 S^1
12.7 – 10.9 – 11.7 – 12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.9

 前走の朝日杯ではペースは1.5とスローでも割と現実的なレベルで48秒は切ってきた。そこからの4F戦気味で分散してのL2最速11.2。なので質的にはそこまで切れる脚は要求されず、トップスピードの持続力の方が高いレベルで求められていたかなと。3角で遅くないし4角地点が11.3なので外を回すロスもそれなりにあったはず。

 14番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理はせずに好位の外で進めるがそこまでかからずコントロールしながら3角。前が少し離して進めている中で、3~4角で好位の外目から勝ちに行くような感じでスーッと促して直線。序盤でアドマイヤマーズが抜け出す中で反応は一息、ジリジリでまだ3列目にも来ていない。L1でそこからジリジリと伸びての4着。

 4F戦で外目からの競馬になったのはそこそこしんどかったと思う。その割にL1では前との差が詰まっていたので、意外とTS持続力は悪くないのかな。クリノガウディーなんかは3~4角でロスなく立ち回っての反応の良さ、という感じだったしそれと比べるとこちらの方がロスはあった中でしぶとく差し込んできた。これは一定の評価が必要だろうと思う。ただし、やはりアドマイヤマーズ比較でみるとあの位置から瞬間的な切れ味ですら見劣ってしまっている。マーズより切れる馬そのものは何頭かいるわけで、クリノガウディーにもL2の地点の脚色では見劣っていた。このあたりをどう考えるか。悪くはない競馬をしているとは思っているけど、現状クラシック主役級を追いかける2番手グループの中に入る所までか。

小倉2歳S(GIII)1着

小倉芝1200m良 14頭4枠6番
1:08.9 33.4-35.5 H^3
11.9 – 10.4 – 11.1 – 11.7 – 11.7 – 12.1

 3走前の小倉2歳Sも一応振り返っておく。小倉1200で単調な基礎スピード戦。

 6番枠からやや出負けしていたが二の足が速くすっと取り付いて2列目の外に近いところ。そのまま3~4角でも2列目外で前2頭を追いかけながら4角で先頭列に並びかけてくる感じで直線。序盤でしっかりと伸びて先頭に立つ。L1で半馬身差の差を一気に広げて突き抜け1馬身3/4差完勝。

 1200の競馬なのでつながりは薄いと思うが、このペースで出負け気味からすっと取り付けた二の足を見る限りからも基礎スピードの高さはうかがえる。まあここはレベル的には楽だったから突き抜けられたとは思っているが、距離適性の幅が広いのは基礎スピードも高くトップスピードも持っていて、それをうまくコントロールできる気性面、というのがあるのかな。

スプリングステークス2019への展望

 まあ、不安はあるんだけど、朝日杯の内容を見るとぶった切る所までは怖い。というのも、京王杯2歳Sの場合は明らかな2F戦で仕掛けが非常に遅かった。でも朝日杯の場合はL4からそれなりに流れていたし馬場も標準ぐらい。その中で外から長く脚を使ってL1まで食い込んできたので、意外と距離は延びても大丈夫な口かもしれない。敢えて言うならステルヴィオみたいな感じもなくはないが、ステルヴィオより素材的には足りない代わりに総合的に適性を持っているという感じか。あまり短距離指向の馬と決めつけずに豊には柔軟に乗ってほしいかな。

 相手関係を見渡すと結構強敵が多いなというのが正直なところ。朝日杯で先着を許したクリノガウディーも厄介だが、個人的にはそれ以上に面白そうだなと思う馬たちがここに集まった印象。ロジャーバローズなんかもよさそうだし、エメラルファイトは個人的にはかなり厄介になると思っている。京成杯上位勢もいて、さらに面白そうな穴馬もちらほらと。その中で、1番人気を背負う馬…となると馬券的には難しいところかな。前走の感じから1800でも問題ないかなと思っているけど、純粋な能力面で他に面白い馬が多いので現状では器用さを評価して連下に収めるのが妥当なところかな。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。