競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉大賞典 2019 予想:本命02エアアンセム

time 2019/02/17

小倉大賞典2019の予想

小倉11R 芝1800m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

 先週の日曜の段階ではややタフかな?と思っていたが、今週は標準ぐらいになると思う。当初の想定よりは一段軽いイメージで入る。

 展開予想だがまあマルターズアポジーが行くんだろうなと。これを追いかけるのが誰になるかだが、ケイティクレバー辺りはそんなに早くないし、ブラックスピネルも逃げにはこだわらないだろうしスローで結果。スティッフェリオやマイスタイル辺りがやっぱり先行していくかなと。内からサイモンラムセスもハナを主張しつつ、タニノフランケルも先行策で来ると思うし序盤から2列目争いは結構激化しそう。ペースは上がると思うが、想定の馬場なら46秒台には入ってくると思う。1:47.0ぐらいとして、47-48ぐらいかな。1秒ぐらいのハイになると思う。基礎スピードを優先したい。

予想

◎02エアアンセム
○12スティッフェリオ
▲11ナイトオブナイツ
△03タニノフランケル
△08マイスタイル
×06マルターズアポジー14アメリカズカップ
3連複◎-○軸▲△×流し
3連複◎-▲軸○△×流し
3連単F◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎エアアンセム

 基礎スピード面がカギだが、結構前になるものの中山1800で厳しい流れの中でもしぶとく脚を使えていたのはある。まずは前提として今回はある程度ポジションをとってくるイメージで、それでもこのメンツで内の先行各馬が多いことを考えるとよくて好位ぐらい。ただしある程度流れると思うし、前走の中山金杯の場合は59.9-59.3と平均でも12.6 – 12.2 – 11.6 – 11.7 – 11.4 – 12.4と中だるみが合って捲りが生じて後方に下がりながらの酷い入り方になってしまったのが痛かった。最後は捌きつつも脚を使えたし、騎乗がまともなら違ったと思う。

 そのうえで、福島記念では57.6-60.7と超ハイの流れで好位の内で進めてL1までくらいついてきたし、しぶとさを発揮。1800でも過去になるが中山1800の美浦Sで47.5-48.4の流れの中で好位からしぶとく前にくらいついて3着以下は千切った状況。意外と基礎スピード面でもめどを立てていると思う。今回は1~2角で最短距離を通せるのもいいし、前半からある程度流れそう。また小倉1800は形態的にも中山と似ていて1角から登っていく感じになるので、そういう適性を持っているのもいい材料かな。ロンスパでポテンシャル、そこからのもう一段の足も持っているし、オールカマーの内容から見ても地力は高いレベルにあるはず。

○スティッフェリオ

 相手も先行力が合って基礎スピードを高いレベルで持っているスティッフェリオを。前走の福島記念は離れた3番手で理想的な位置で入れたのはあるが、57.6-60.7と超ハイの流れで脚を維持してマイスタイルを捕えてきた。1800がどうかというのはあるんだけど、4走前のTVh賞で札幌1800、47.6-47.4と平均から12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.6のラップ推移でしっかりと番手から抜け出してプロフェットを圧倒。2走前のオクトーバーSではまたも田辺が後ろからという競馬を展開する中でジリジリとラストまで伸びてきてスローからのTS持続という形でもめどを立ててきたといえる。この条件でスローはないと思うし、流れた中で長く脚を使えるという魅力を考えれば軸にしやすいかな。マルターズがレースメイクするなら仕掛けも結構早くなると思うので。

▲ナイトオブナイツ

 厳しい流れの中でポテンシャルを発揮してくるタイプだと思っているのと、微妙に2000は長くて1800でパフォーマンスを上げてくるタイプ。欲を言えば想定前の馬場、先週ぐらい時計がかかってくれればなあ、とは思っていたがそれでも高速ではないからね。

 印象的にはやはり難波Sで阪神1800ではあるが46.8-48.3とかなりのハイから12.4 – 12.1 – 11.6 – 12.1 – 12.5とL3最速4角地点で外から動いて直線早い段階で勝負を決めてきた。もう一つは巴賞でスローからの12.5 – 12.4 – 12.2 – 11.3 – 11.7と2F戦で包まれながら直線で反応してきた。このパターンからも馬場が重くて力のいる馬場でこそ、というのはあったししかもどちらも1800m。この条件が良いと思うし、今回は前が飛ばすと思うのでその流れの中で各馬が脚をそがれる中でも削がれることなく脚を引き出してくれるとみて単穴で狙いたい。

△タニノフランケル

 微妙に1800でとなると基礎スピード面で難しいかなと思っていて、4走前の西部日刊スポニチ賞も強かったが48.0-45.9と超高速馬場でかなりのスローバランス。11.5 – 11.6 – 11.2 – 11.2 – 11.9と後半勝負に特化して前目で長く脚を使う形。そう考えるとやっぱり淡々と?というのは不安。ただ追い切りもよく、息は入っていての4F戦とはいえ59.9-59.3で踏ん張った前走の中山金杯を考えると、成長も考えないといけないかなと。連下で。

△マイスタイル

 多分自分はミスパンテールだけじゃなく昆厩舎と相性が悪いんだと思うわ。このマイスタイルもそうだけど、前走京都金杯でパワー型スピードがマイルでも活きる馬場状態で、47.5-47.4の流れで一足を使ってきた。この感じなら1800でもと思えるんだけど、この馬も意味不明の敗戦が多い。好走と凡走を繰り返しているしあてにしないでおきたい。

×マルターズアポジー

 この時期がいいのと、基礎スピード特化戦でも1800ならやれるというのはある。小倉大賞典を勝った時も46.2-48.2とかなりのハイ、11.4 – 11.7 – 11.7 – 11.9 – 12.9と消耗戦で勝ち切っている。また昨年中山記念3着時も飛ばして粘りこんでいるからね。近走が物足りないけど、この時期でそういう競馬に持ち込んでくれば怖い。

×アメリカズカップ

 内枠ならもうちょっと積極的に狙ってもと思ったけど、現実的には大外枠だとここまでかな。この馬は全体でタイトに流れたほうが良いとは思っていて、道悪巧者なのは言わずと知れたことだと思うが4走前の中京記念が時計勝負の中で案外悪くない。45.7-47.0と流れた中でしっかりと先行できていたし、11.5 – 11.7 – 11.7 – 11.6 – 12.0のラップ推移でそこそこ踏ん張った。マイルは流石に短いと思うが、1800でタイトな流れ、今の馬場ならそろそろ浮上してもいいかなと。

僕の競馬人生に大きくかかわる競馬サイトを発見しました。

そのサイトは「うまとみらいと」です。
「コラボ指数」
「的中率90%の反則技鉄板指数」
「爆発力がある穴馬指数」
の3つのを兼ね備えており競馬予想に必要なコンテンツが揃っています。

今回その中でも私がオススメするのは「コラボ指数」



競馬予想をする際に、調教診断、馬場・コースの適性診断など様々な要素から考察を立てている方もいると思います。むしろこれを熟考してようやく予想が完成すると思います。
かなり時間が掛かりますよね!?そうした時に役立つのが「コラボ指数」です。

コラボ指数は予想に必要な条件をすべてまとめて指数化しています。つまりどの馬が好走期待馬なのかが数字を見るだけで一目瞭然となります!これほど分かりやすいものはないですね。

ただそもそも当たっていないと意味がない!…大丈夫です、的中量産しております!!
今年の直近の重賞成績一覧です。


指数30以下の好走期待馬が90%を占めています。指数30以下の馬を買っておけばまず少なくとも的中が濃厚。これが指数の数字一つでわかるのです!

コラボ指数は前半の1~6R重賞1Rが無料です。
■先週の重賞成績
京都記念(G2)



指数512位決着!3連単17,040円的中!
指数30以下の好走期待馬全入線!これはあっぱれ!!

【共同通信杯・クイーンCも含めた先週成績】


共同通信杯は指数412位で決着!
クイーンCは指数218位で決着!
指数30以下の好走期待馬が3頭全頭入線!
30以下の指数上位馬を買うだけでかなりプラスになりますよね。
これだけでは分かりません。先週の全レースの指数的中率をまとめました。

■コラボ指数の先週の的中率
2月9日(土)

2月10日(日)

2月11日(月)


完全に高い的中率を誇っています!三連単的中率50%を超える日も!!
この50%だと2Rに1Rは三連単当たってる計算になりますからね。
三連単の的中率は一般的には20%あればよい方と言われてますから、かなり良い成績ということが分かります。

今週の無料提供重賞レースは「フェブラリーS(G1)」です。
■フェブラリーSの過去4年の指数成績をご覧ください。
なんと全的中!!30以下の好走期待馬が12頭中12頭入線!
フェブラリーSとの相性も良いわけでございます!
登録はこちらから!
⇒フェブラリーSの指数を無料で見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。