競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

きさらぎ賞 2019 予想:本命03ヴァンドギャルド

time 2019/02/02

きさらぎ賞2019の予想

京都11R 芝外1800m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定

展開予想

 馬場はある程度速いラップも出るが、エルフィンS以外は標準よりは時計がかかっている感じのラップ推移。雨の影響もあったと思うが、一応ややタフ~標準ぐらいとしておく。

 展開予想だが、結構前目でペースを作る馬自体はいる。ただコパノマーティンやランスオブプラーナはどこまでいくか読めない。ダノンチェイサーが先行策をとってくるが誰もいかなかった場合にどういうスタンスをとるか?逃げるところまで意識できているかどうかと、まあいろいろある。エングレーバー陣営が前走の競馬をイメージしたコメントをしているし先行争い激化のパターンもあるので展開は決めつけずに。

予想

◎03ヴァンドギャルド
○04ダノンチェイサー
▲02エングレーバー
△07アガラス
△08メイショウテンゲン
3連複◎-○軸▲△×流し
3連単F◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ヴァンドギャルド

 このメンバー構成の中で平均~スローという前提でどう転んでもいい、という馬はヴァンドギャルドになると思う。まあ、さすがに前走のホープフルSみたいに進路がなくなったらどうしようもないが…唯一ハイペース適性が不安ではあるが、後ろからいく馬なのでそこまで巻き込まれないだろうと。

 そのうえでやはり印象的なのは新馬戦になる。阪神1600mで重馬場とそこまで重くはなかったがそれでも現実的な馬場状態。そこで49.6-47.2とかなりのスローからの13.1 – 12.7 – 11.4 – 11.5 – 11.6と3F勝負で好位の内目を立ち回りながら直線でしっかりと反応して抜け出してきた。3F勝負で12.7-11.4とギアチェンジも問われた中、下り坂だったとはいえいい反応だったと思う。

 2走前の東スポ杯ではアガラスには差されたんだが48.5-46.2とかなりのスローからの11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.6と論スパ気味の中で中団のうち目からうまくさばいて直線L2地点で鋭く伸びてきた。L1はちょっと甘くなって4党大接戦の3着だったが、上位勢の中で伸び始めが一番早かったと思う。加速性能が優秀で、そのうえでTS持続も高いほう。アガラスと比べても反応がいいと思うので、京都1800でL2最速戦ならこの馬かなと。最後にかなり外差し馬場だと思うし、後ろから勢いをつけて馬場のいいところに持っていける馬がいいというのもある。鞍上ミルコも踏まえて総合的にこの馬を本命視。

○ダノンチェイサー

 前目の馬で粘りこむならペースを引き上げた中で前目からポジション差を活かしてのダノンチェイサーかな。新馬戦が重馬場で65.5-60.4と極端なスローからの13.2 – 12.9 – 11.9 – 11.1 – 11.5とL2最速で坂ののぼりでのギアチェンジが問われていまいち対応できなかった。なのでスローでの決めて勝負では微妙。こうやまき賞で対応してきたからそれでも一定レベルやれるとは思っているが。

 それよりも2走前のきんもくせい特別がいい。47.3-46.9と超高速馬場ではあったが平均ペースを先行策で流れに乗って入って早めに先頭に立ってL1で甘くなった。ただ12.0 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 11.7と4F戦でしぶとく粘れていたし、トップスピード戦にも前走のこうやまき賞で対応。この感じならペースを引き上げて後続に足を使わせての一足はありえそうかな。

▲エングレーバー

 悩ましいところだけど、前走の500万下戦の勝ちっぷりは印象的だった。ペースが62.6-59.8と超スローではあるものの12.4 – 12.2 – 11.9 – 11.4 – 11.9とL2最速で2列目から外目じわっと押し上げ直線入りですっと抜け出す競馬ができていた。新馬戦は正直平凡だったが2走目で結構上げてきたと思う。ペースが上がって対応できるかどうかだが、前を見ながら3~4角で外からという競馬ができれば。

△アガラス

 戸崎なので恐らく仕掛けは遅らせてくると思う。今回はヴァンドギャルドがいるのでそれを目標にしながら先に動くということはないんじゃないかなと。この馬のいいところは前走の東スポ杯でも見せていたがTS持続力にある。48.5-46.2とかなりのスローからの11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.6と5F戦で緩やかな加速でL2最速でも11.4。ただこれでも後方から内目を通しつつ直線入りでスペースを拾いながらヴァンドギャルドの後ろをとるがL2の地点ではヴァンドギャルドのほうが切れていて、L1で出し切った。素材的にはいいんだけど、きさらぎ賞は仕掛けどころが遅れやすいので踏み遅れが致命傷になる可能性はある。馬自体はこちらのほうが素材で上回ってくると思うけど、ミルコと戸崎でどっちが勝つか?となると仕掛けの意識が強いミルコを上位に取りたいという感じ。騎手を優先した。

△メイショウテンゲン

 新馬戦ではワールドプレミア相手に外からじわじわと伸びてはきた。47.9-47.6と平均からの12.5 – 12.1 – 12.6 – 11.2 – 11.7 と中弛みの競馬で後方外からL2地点でもそれなりに伸びつつL1まで。ただ全体のペースが上がって良さが出ている感覚ではあり、純粋な決め手勝負では分が悪い。前走勝ち切ったのも47.2-48.5とハイペースで流れて前半の基礎スピード面が問われた面が大きいだろうと。流れたときの警戒+外差し馬場で。ゲートは安定して下手なので後ろからの想定で入っていくべきかな。


―――――――――――――――――――――――――
7年連続のドル箱重賞『きさらぎ賞』はこの1点!
―――――――――――――――――――――――――

\\\\\\\\\\ //////////

今年のきさらぎ賞は絞って狙え!

////////// \\\\\\\\\\

≪情報通りに決まれば馬連でも想定30倍以上!≫

┌───────────────────────┐

『きさらぎ賞』の1点を特別無料で教えます!

└───────────────────────┘

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

\\2019年もとにかく当たってます!//

■1月20日京都 8R 3万5970円【的中】
■1月 6日中山10R 3万1390円【的中】
■1月26日東京11R 2万9950円【的中】
■1月12日中山 3R 2万4060円【的中】
■1月13日京都 4R 2万2150円【的中】
■1月 6日中山 1R 2万0710円【的中】
■1月27日中京12R 2万0410円【的中】
■1月19日京都 2R 2万0300円【的中】
■1月12日京都11R 1万9900円【的中】
■1月20日京都 9R 1万9660円【的中】
■1月26日東京 4R 1万6710円【的中】
■1月19日中山 1R 1万5430円【的中】
■1月12日中山 6R 1万1790円【的中】
■1月 5日京都 5R 1万0530円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≪≪今週も絶対に見逃せない!≫≫
┌───────────────────────┐
日曜京都11R 第59回きさらぎ賞(G3)
└───────────────────────┘

『◎-穴』の1点を無料で教えます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。