競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アメリカジョッキークラブカップ 2019 レース回顧・結果:シャケトラ、しぶとく粘って角居調教師復帰後初の重賞初制覇

time 2019/01/21

アメリカジョッキークラブカップ2019のレース回顧・結果

中山芝外2200m良
2:13.7 62.2-58.7 S^3
12.5 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 11.7 – 11.8 – 10.9 – 11.9

展開分析・総評

 田辺はもう一段階ぐらい評価を下げた方が良いような気がするわ。今日は本当になんの言い訳もできないぐらい酷い。ステイインシアトルに支配されて何もできなかった。北村友一に関してはある程度他人頼みにはなるから仕方ないけど、田辺に関しては向こう正面で番手外の位置を取れたので何らかのアクションができたはず。このラップ推移を見てもわかるようにこれではね…。メートルダールが来ているのが腑に落ちなかったけど納得。展開的には超スローからのトップスピード戦、ギアチェンジも伴っている。

 ただこの展開でフィエールマンがシャケトラに勝ち切れなかったというのはちょっとよくわからんね。L1の坂の上りで減速するのがダメなのか。休み明けだったけど追い切りも良かったと思うし、このメンツでこの展開なら終わってから見ても勝ってくれないと困るんだけど。直線の坂の上りが高いレベルでは合わなかったのか?正直ちょっと物足りなかった。

1着08シャケトラ(石橋脩)

 五分のスタートから馬なりに近い形で楽に先行、最終的には好位の外目で進めていく。道中もドスローだが特に動きがないという中で好位の外で動き出しを待つが、3角で外からじわっと進出、4角でもペースがそこまで上がらない中馬なりで先頭列。直線ですっと切れて一気に先頭に立つ。L1で少し甘くなったところをフィエールマンに食らいつかれるが何とか防いで復活の重賞勝利となった。

 う~ん…追い切りは良く見せたけどいつも良い馬って判断が難しい。ただここまで切れる脚を使えるというイメージは正直なかったかな。もちろん少し恵まれていて3~4角で外から動いてはいるんだがここではペースが上がってなくて外を回すロスがそこまでなかったし、L2の4角出口から直線入りにかけてスムーズにトップスピードに乗せていけた。この辺りは上手く噛み合ったし、上がっていったときに前に抵抗されなかったからL2でここまで速いラップを踏めたという感じかな。

 ただこういうトップスピード戦で強いイメージが全くなかったから、意外な感じではある。トップスピード戦としてはフィエールマンは強敵だったはずだし、メートルダールもトップスピード戦ならある程度強敵。外から理想的に入れたとはいえ勝ち切るところまで持ってこれたというのは今後も侮れないかな。本質的にはポテンシャルタイプだったと思うんだけど。

2着04フィエールマン(ルメール)

 五分のスタートから無理はせずに外に誘導しながら中団と理想に近い入り方で1角へ。道中もドスローの流れで中団の中目で内外両にらみで3角に入っていく。3~4角でシャケトラが動いていくのだが前がそこまでペースを上げない、そんな中でも仕掛けを待って4角で促しながらうまくシャケトラの直後をとる。序盤で進路を確保して2列目からL1で後は捕えるだけ、というところでの伸びがイマイチ、ジリジリと差を詰めるが僅かにアタマ差届かずの2着惜敗。

 う~ん…正直に言えばこの馬にとっては結構理想的な展開だったと思う。ルメールもこの馬の良いところを熟知している感じで、3角で外から動く選択肢もあったけど菊花賞で見せた反応、ギアチェンジを持っていることを意識して極限まで待ったと思う。その結果勝ち馬のシャケトラがいい手応えなのでその後ろをとって直線すっと進路確保(少し狭かったが)できたわけで、お膳立てとしては最高だったんじゃないかな。それでも最後に伸びきれなかった。もちろんここが目標ではない、というのは菊花賞とは違うんだけどそれでもL1で来てほしかったね。

 ただギアチェンジ面は流石で要所で動きたいときにしっかりとシャケトラの後ろをとって11.8-10.9というギアチェンジを問われた直線前半で置かれず対応できていた。この辺は菊花賞と同じく苦しい状況からでも反応できるという強みを見せてきたと思う。ただ、そういうタイプなのでやっぱり仕掛けどころで前目内目を狙える馬になってほしいね。

3着10メートルダール(マーフィー)

 やや出負け、無理はせずに最序盤は中団やや後ろで進めてフィエールマンを意識するような感じで進めていく。ドスローの流れの中でフィエールマンの後ろで我慢しながら3角。3角で先に仕掛けて外々から促しながら2列目まで押し上げて直線。序盤でフィエールマンに蓋をしようとしていたがそれはできず、それでも食らいつく。L1では流石に甘くなって前2頭にはジリッと離されたがそれでも単独の3番手を楽に確保した。

 3~4角で早めに外から動いていったけどラップ推移的にはそれで正解だったとは思う。まだ11秒台に入ったところだったからね。ただ結果としてそれで外から勝ちに行ってL2ではよくてもL1で甘くなったとなるとTS持続力で限界があった形にはなるのかなと。この馬としてはトップスピード戦の方がパフォーマンスが高いのは間違いないし、今回の3着好走要因もペースが遅いだけでなく本仕掛けが遅くなってL2最速10.9という状況になったことが大きいんじゃないかな。フィエールマン相手にある程度やれるめどは立てたし、トップスピード戦なら質的には通用していい。GIで圏内までくるチャンスがあるなら秋の天皇賞でスローのトップスピード戦になった時に良い位置をとれていたらという感じかな。

4着01ジェネラーレウーノ(田辺)

 好発を切って促しながら先行争い、外を見てステイインシアトルがいきそうだったので控えて2列目。1角で番手外に出してそこまでの持って行き方は悪くはない。道中もドスローの流れで折り合い重視、前を突かず何もしない。3~4角でも仕掛けを待つような感じから流石に少し促して行くがそれでもペースを引き上げるところまではいかず、4角で追い出して先頭列に並びかけて直線。序盤でキレ負けしてジリジリと後退、L1はで2列目争いから脱落して4着完敗。

 ん~…。まあ田辺があほなだけ説が強くなってしまうひどいレースメイクだったね。中山2200でこれは正直ないな、という騎乗だった。田辺が阿呆なだけやな。馬自体はロンスパで戦っていくか全体のペースを引き上げるか。どちらかで良さが出る馬だからこの騎乗ではどうしようもないし、即行で鞍上を替えた方が良いね。馬の良さを全く出せなかったどうしようもない糞であほ騎乗です。田辺に期待しすぎただけやね。

5着11サクラアンプルール(蛯名)

 やや出負け、無理はせずに中団の外目ぐらいでは入っていくが、結局フィエールマンを見る形でやや後方より。道中もフィエールマンを意識しつつ後方外で3角。3~4角でワンテンポ仕掛けを待ってフィエールマンの後ろのスペースを拾いながら中目から出口で外目に出す。序盤で追い出されてそれなりに脚を使ってくるがジリジリ。L1でのバテ差しもいまいちで5着完敗。

 ワンテンポ待っての仕掛けだったけど、直線入りで10秒台の切れ味を要求されて動けなかったしL1も前のジェネラーレウーノとの差もさほど詰まってこなかった。こう考えると完敗といっていいのかなと。超スローからの後半特化になったのもある。今はもう少し前半の基礎スピード面が問われたほうが安定するかもしれんね。有馬もそうだったし。

6着05ダンビュライト(北村友)

 まずまずのスタートから促しながら先行争いをする意識は持っていたが、外のステイインシアトルが行き切ってからは控えて好位。道中も好位の内内で我慢する北村スタイル。3~4角でも2列目の内のスペースを拾いながら直線で狭いところを突こうとする加速する流れに置かれて最後は良いところなく下がった。

 やっぱり北村だよね。前に行けって言われたのでとりあえず行く意識は見せたけど結局好位で内内でジッとしていたい。ダンビュライトでL2最速10.9というトップスピードとギアチェンジが問われる競馬になったらどうしようもないけど、悪く言えば北村の他力本願なところが全力で出てしまった。もちろんジェネラーレウーノが流石にある程度作るだろうという意識もあったと思うし内目で我慢したくなる気持ちはわかるんだけどね。ただ前半からやっぱりビビッて入ってたし、結局この殻を破れない限りは北村友一が中長距離の重賞戦線で結果を出すのは嵌った時以外にはないってことだろうね。レースは作れないという認識で良いと思うし、ペースとかではなく絶対的なポジションだけで競馬を認識している騎手だと思ったほうがいいかもしれない。まあ田辺の方が酷かったけど。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。