競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ホープフルステークス 2018 予想:11ヴァンドギャルド

time 2018/12/27

ホープフルステークス2018への展望

中山11R 芝内2000m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定

展開予想

 馬場は読みにくいが先週の雨開催での影響で多少悪化したとしてややタフ、一応標準ぐらいまで回復する可能性も考えつつ少し幅を持たせる。それと基本的には外差しに移行していると思うのでその辺も補正。多分1秒台半ばぐらいの走破時計になると思う。バランス的に61で入れば平均の範囲になるという感覚かな。

 展開予想だが動画で一応やってますのでそちらを見ていただけたらありがたいです。

<PR>分析note’19…先行販売

 そのうえで、恐らく逃げ馬はキングリスティアになると思うけど出足がそこまで速いわけではないので番手勢から主張する馬がいたらわからないかな。コスモカレンドゥラ辺りは思い切って逃げたら面白いかなと思うんだけど、基本番手。サートゥルナーリアもある程度先行しながら最終的には内に入り込んでくると思う。ミッキーブラックは先行策の予定だったけど、音無師が落ち着いた乗り方をしろって言ってるので多分無理せずって感じになると思う。なので前はもう少し楽な感じになるかな。スローも視野に入れている。一応は61-60.5ぐらいで平均ぐらいだとは思っているが中弛みもあり得るかな。力の要る馬場でトップスピードの質、ポテンシャル、ギアチェンジ面、基礎スピードを総合的に判断したい。

予想

◎11ヴァンドギャルド
○05サートゥルナーリア
▲03キングリスティア
△02ブレイキングドーン
△01ニシノデイジー
×08アドマイヤジャスタ09ジャストアジゴロ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ヴァンドギャルド

 悩んだけど、すべてを総合して軸にふさわしい馬と考えるとこの馬だった。このレースは展開の振れ幅がそこそこ大きいとは思っているけど、その中でペースよりも仕掛けどころの関係かな。中弛みでの再加速で動く形が要求されたときと、向こう正面でアドマイヤが捲ってスイッチが入った時にポテンシャル面を見せられているかどうか。この2点でヴァンドギャルドがいいなと感じた。

 まず決定的な武器は重馬場で現実的に時計が掛かっていた阪神新馬戦の勝ち方。49.6-47.2とかなりのスローからの13.1 – 12.7 – 11.4 – 11.5 – 11.6とL3最速で好位の内目から直線進路確保してしぶとく伸びてきてラストまで長く脚を使ってL1を11.6でまとめているのは高く評価できるし、この馬の地点だと1馬身ちょっとの差があったので11.4ぐらいでまとめているはず。長く脚を使ってメイショウショウブの追撃も寄せ付けなかった。

 次いで前走の東スポ杯。48.5-46.2とかなりのスローではあるが、後半4Fは46.2とかなり速く11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.6と5F勝負、L4からは11秒半ばを連続し続ける競馬となったがこの馬は中団内目から直線半ばで鋭く伸びてきた。L1は少し甘くなったといってもレースラップは11.6なので他が強かったと思う。L2地点で2馬身ちょとの差から半馬身ぐらいに詰めているし恐らくここで11.2は使えていると思う。その点からもポテンシャルで分散しながらもう一段の脚を使えたというのは評価できるかなと。

 ニシノデイジーとの比較で悩んだが、ニシノは内枠で包まれてしまうので展開の幅が限られるというのと、東スポ杯ではニシノは100%ロスなく進めてきて、こちらはニシノの一つ外。中山2000は今の時期だと本仕掛け自体はL2になりやすいので、要所の反応の方を重視したというところかな。パフォーマンス的には現状トップレベルだと思うし、馬場適性も問題なさそう、クリスチャンなので良くも悪くも前半無理にポジションをとらないと思うので基礎スピード面はそこまで気にならないかなと。

○サートゥルナーリア

 今の時点ではまだ底知れないというのは前提にあるが、その中で一番高く評価できるのがギアチェンジ。前走の萩Sは調教みたいな勝ち方で、48.8-48.0とややスローだが最低限流れている状況。そこから12.8 – 12.5 – 12.4 – 11.4 – 11.7と中弛みから12.4-11.4と一気のギアチェンジが問われて2列目からスッと反応して速い段階で勝負を決めてきた。ラストも後続が来なかったしかなり楽な一戦。まあ相手がやや低調だったからこそ楽勝だったが、瞬間のギアチェンジの良さとある程度力の要る馬場でそれを引き出せたのが大きい。

 あとは追い切りが明らかに良化というか、ここに向けての100%の調整という感じであれを見せられると上積みせざるを得ないかな。正直素材的にはここで見極めたいというレベルで、TS持続やポテンシャル、基礎スピードやトップスピードの質といったところはまだ未知数。それでも総合的に良さが出ていてとにかくギアチェンジの性能が高いのでスッと脚を使えるのは良いだろう。ミルコがこの馬でどんな競馬をしてくるか楽しみかな。

▲キングリスティア

 単穴にした。理由としてはやはりまだ1戦目で読めないのと、阪神は内が残りやすい馬場だったが今の中山はそうではない可能性が高い、ということでそのまま評価するのは危険かなと。ただ、やはり新馬戦のパフォーマンスそのものはかなり面白くて、61.2-60.0とややスローだが馬場を考えればある程度流れた。それを作って12.3 – 12.4 – 12.0 – 11.4 – 11.9とL2最速11.4とこれも馬場やペースを考えれば優秀なラップで後続をここでちぎり捨てている。前半から良いペースを作ってこの脚を引き出すというインパクトは結構大きくてクラシック路線でもこれだけやれればある程度通用するだろうとは思っている。

 ただ、敢えて言えばゲートはそこまでうまくなかったし二の足もそこまで速いというほどでもない。2000で先行争いが激化するとテンで脚を使わされる、いけない可能性があると。幸い今回のメンツを考えれば比較的逃げたい馬が少ないのでやりやすいかな。前走はやや高速~標準馬場でのパフォーマンスだし、今の中山でも期待はできると思う。あとはしっかりとレースを作ってほしいかな。スローに落としすぎるとキレ負けのリスクが出てくるし、61秒前後で入ってほしい。強行ローテではあるし初輸送も課題だが、支配できれば適性・能力は通用していい。

△ニシノデイジー

 まあシンプルにこの馬を対抗にしても良かったんだけど、やっぱり内枠は引っかかるかな。前走の東スポ杯の場合はたまたま豊が3角で動いてくれて府中にしては割と仕掛けが早くなったのが大きいし、3~4角でロスなく立ち回って11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.6とラップの変動が小さく最後まで脚を引き出し切れたからね。それでも一つ外を回したヴァンドギャルドと比較して差は大きくはなかった。札幌2歳Sでは48.2-49.7とかなりのハイで消耗戦になった中で後方からナイママの動きに合わせてL2で伸びてきてL1でナイママに食らいつかれたがしぶとくねじ伏せたしパワー型の基礎スピードを持っているのは保険としては大きい。ペースが上がれば面白いと思うが、そういうメンバー構成かは微妙。中弛みが起こってしまうと対応しづらくなるのでその辺も踏まえてこの評価とした。前走みたいに嵌れば普通に勝ち切れちゃうと思うけどね。

△ブレイキングドーン

 前走の京都2歳Sは除外明けから馬体増もあったがそれでもちょっとラストで甘くなったかなと。62.3-59.2と超スローからの12.8 – 12.0 – 11.6 – 11.2 – 11.6とL2最速戦で好位の外から勝負に行ってL2では食らいつけていたがL1で甘くなった。ただ3着以下のワールドプレミアやミッキーブラックはちぎっているし、結構レベルも高かったと思う。あとは全体で流れたときにどうか。ミルコの後ろで中竹厩舎同士のアシストの可能性もあるし、うまく進路をとれれば確実に伸びてくれる、新馬では力の要る馬場で一気に加速し11.1とかなり速いラップでアドマイヤジャスタは子ども扱い。力の要る馬場は合うはず。

×アドマイヤジャスタ

 悩んだけど追い切りを評価したのとルメールの中弛みでの動きを警戒しての押さえ。新馬戦ではスローからの12.9 – 12.6 – 11.5 – 11.1 – 11.8とL2最速戦でブレイキングドーンに完全に抜け出されて勝負になってなかった。前走の紫菊賞では60.9-59.9とややスローからのポテンシャル戦で押し上げながらねじ伏せてきてそういう競馬で良さが出てもとは思うが当時はやや高速。力の要る馬場でルメールの腕でもってどこまでかな。

×ジャストアジゴロ

 コスモカレンドゥラとちょっと悩んだ一枠。この馬の良いところは一瞬の切れ味だとは思う。前走の未勝利も府中の2000で61.5-59.4とかなりのスローからの12.4 – 12.4 – 11.4 – 11.4 – 11.8とL3最速タイだがL2地点で鋭く伸びてきてここで10秒台を意識できる伸びだったとみている。逆にL1は減速していてある程度の流れでも鋭く一足は使ってくるがそこまで維持はできない、というイメージかな。新馬も悪くはないしコスモには先着しているというのもある。あとは田辺が上手くロスなく立ち回って展開に乗じての3着ぐらいはあっても良いかなと。ヒモ穴で。


■■■■■■■■■■■■■■■

【【2歳GIも絶好調!】】
―――――――――――――――――――――――――
▼先日の朝日杯FS(GI)も!
馬連9710円的中!3連複3340円的中
―――――――――――――――――――――――――
▼その前の阪神JF(GI)も!
馬連1点目640円・3連単5020円含む完全的中
―――――――――――――――――――――――――
▼さらに!昨年のホープフルSも!
3連複1万920円・3連単5万2380円完全的中

■■■■■■■■■■■■■■■

≪ホープフルも任せてください≫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『サートゥルナーリアは中山でも勝てるのか!?』
―――――――――――――――――――――――――

【ホープフルS】の絞りに絞った3頭を教えます!

―――――――――――――――――――――――――


★★★★★★★★★★★★★★★★

≪2018年秋GIも絶好調!≫

★★★★★★★★★★★★★★★★

■JBCレディスC  5万3720円的中!
■チャンピオンズC  2万7310円的中!
■朝日杯FS       9710円的中!
■秋華賞         5600円的中!
■マイルCS       5480円的中!
■阪神JF        5020円的中!
■JBCクラシック    4890円的中!
■菊花賞         2380円的中!


【ホープフルS】の絞りに絞った3頭も見逃せない!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

昨年のホープフルSは3連単5万2380円完全的中!
―――――――――――――――――――――――――
【1着】タイムフライヤー
【2着】ジャンダルム(4番人気)
【3着】ステイフーリッシュ(8番人気の注目穴馬)
―――――――――――――――――――――――――

今年も必見の情報入手済み!

『サートゥルナーリアは中山でも勝てるのか!?』

本当に狙える【絞った3頭】を教えます!

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。