競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

チャンピオンズカップ 2018 予想:本命03パヴェル

time 2018/12/01

チャンピオンズカップ 2018 予想:本命03パヴェル

チャンピオンズカップ2018の予想

中京11R ダ1800m
馬場想定:良、標準ダート想定

展開予想

馬場想定だが年末中京は基本的に裏開催になるのでレベルが低いケースがある。昨年と大体同じぐらいの感じなので、ハイレベルなメンバー構成なら49秒台も視野に入れたいかな。標準~やや高速の可能性もある。最終も1400m戦で1:24.9、500万下としては水準ぐらいだがL2最速で12.8-12.0-12.9と加速度も高かったからね。昨年ぐらいをイメージしておくのがベターかな。

展開予想に関しては動画でアップロードしましたのでそちらの方で基本的にはそちらをよろしくお願いします。

<PR>分析note’18の価格変更…~競馬をやって何が悪い。~

おかげさまで軌道に乗ってきました。とりあえず年内は分析note一本で頑張ろうと思います。とりあえず年末まで1000円で、という価格でしたがエリザベス女王杯から始めてのものですので、ジャパンカップも終わりましたし一段階値下げさせていただきます。来年以降の1か月の購読料(仮)としている800円とします。よろしくお願いいたします。

 

ひとまず展開予想はしにくいので決めつけず考えたい。一応サンライズソアが行く姿勢を見せるとは思うしそれが一番可能性が高い。ゲートが良く二の足も速いアメリカのパヴェルが内枠から外に出したいと思うのでどの程度主張してくるかもポイントだし、ノリのアンジュデジールがゲート次第で思い切って行き切る可能性もある。馬場もまだ読みにくいところはあるし、サンライズソアはペースをコントロールしたい意識が強そうなので逃げに拘らない可能性も高い。ケイティも今はペースが上がらなくても無理せずという福永の意識。基本は緩めをイメージしている。48.5-49ぐらいかな。あとは途中で少し息が入るのかどうかという感じで、幅広く総合的に判断したい。

予想

◎03パヴェル
○08ケイティブレイブ
▲09サンライズソア
△02ルヴァンスレーヴ
△11オメガパフューム
×01アンジュデジール15インカンテーション
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎パヴェル

思い切る。まず個人的にこの馬の映像を見てラップとかと見比べながら考えたときに、はっきりといえるのは基礎スピード特化戦は向いていないということ。つまりアメリカンな基礎スピードゴリゴリの勝負は不向きだろうと。実際前走のBCクラシックでは58.54-64.40とアメリカのダートチャンピオンを決めるにふさわしいアメリカンな基礎スピード特化戦。ここで少し進路取りで苦労したにせよ甘くなるのが非常に早かった。スムーズさを欠いただけでは納得できないほどに崩れている。この負け方は基礎スピードで篩にかかって落ちてしまったパターンだろうと。

一方で、これは展望でも触れていないが面白かったのが6走前のサンパスカルS。これがサンタアニタの1800m戦、ペースは48.94-49.69、日本式でもせいぜい47.9-49.7で2秒には至らないハイペース。ハイはハイでも現実的だし、ここではアクセラレイトとは0.8しか離されていない。しかもこのレースは最内枠から好発を切って控えて好位列。3~4角で内目を立ち回りつつも直線で2列目が壁になって進路を作れずブレーキして大外に誘導という極めてロスがあった。そこからのL1での伸びは結構目立ったし、4着だが内容的にもかなり面白い競馬。ラップ推移的には12.69(FA)-12.35という感じでL3-2区間よりもL1の方が速い、という中で不利があって伸びてきた。余力があった時の反応が良かったのは日本的な競馬でも対応できるという一面だと思う。

これは3走前のスティーヴンフォスターSでも見せていて現実的なハイペースの中でスッと反応して直線入りで抜け出し切っている。この辺はアメリカンっぽくない。あまり極端なハイではなく、ある程度の流れから要所の反応の良さを引き出したい。それと二の足自体は速いので坂スタートさえ克服してくれば違うんじゃないかなと。前走の敗因は日本ではまずありえない極端な基礎スピード特化戦なので問題ないし、ドバイで極端なスローからTS持続戦で外々を回してもそれなりにやれていたということを考えれば輸送の心配もあまりない。この人気で有力馬にそれなりの不安があるならここから行っても良いだろうと。一発狙い。

○ケイティブレイブ

相手はこの馬にした。ちょっと悩んだのはあるが、昨年の福永と違って今年はケイティブレイブの良さをしっかりと理解したうえで進めているので中京でも対応してくるかなと。昨年のチャンピオンズカップの場合はペースは48.9-48.5からの12.7-12.3-12.0-11.8-12.4とL2最速という中で2列目のポジションから仕掛けを待って直線。坂の上りで最速という中でいまいち切れずに最後までジリジリ。

この馬の場合は前走のJBCクラシックを見てもわかるように多少早めに仕掛けてもしっかりとロングスパートに持ち込んで長く脚を使うのが理想。前走は11.5-11.8-12.2-12.7-13.2とL5最速の流れで中団外から押し上げながら最後までしぶとく伸びて突き抜けた。ロンスパの流れに正攻法で乗って出し切って良さ。これは帝王賞を勝った時に見せた出負けからのポテンシャルでの突き抜けの証明といっていいと思う。福永のコメントからも帝王賞をイメージして乗りたいようなことを言っていながらもこれまでの逃げ馬としてのイメージが強く、陣営の方からの指示も恐らくあったんだろうと。それが転厩して乗りやすいように乗れているのがプラスに転じている感は強い。今回も福永がしっかり前半無理せず、後半長く脚を使うイメージで入ってくれれば。

▲サンライズソア

モレイラをちょっと信じられなかったかな。逃げてくれればいいが、逃げられなかったうえで外からケイティブレイブに並びかけられてロンスパとなるとやはり難しくなる。理想は逃げてペースをしっかりとコントロールしたい。前走のJBCクラシックは49.2-49.9とペースは平均だが11.5-11.8-12.2-12.7-13.2とL5の3角手前の上り坂でしかけざるを得なかった。L1が13.2と非常に遅かったように、消耗しきっていたという感じで仕掛けが早かった。

この馬の場合平安Sみたいに50.5-48.7とかなりのスローで支配して11.9-11.7-12.1-12.3-12.6とL4最速の流れでしぶとく粘り切っての勝利もある。ただ、それだけじゃなく12.2-12.7-12.0-11.6-11.9と緩んでの再加速でしっかりと坂の上りで2列目から置かれず食らいついてL1でもインカンに迫った。ポジション取りでインカンより後ろになっていたけど、前半で下げた面もあるからね。今回は基本は逃げ、逃げないにせよ番手外、2列目外辺りまで。緩い流れからの一足勝負でも対応できるし、スローロンスパでもいい、多少ならハイペースも問題ない。あとはモレイラがダートでもちゃんとレースを作る意識を持てるかどうか。

△ルヴァンスレーヴ

抜けた1番人気だけど、基本は東京や軽いダートでトップスピードの質を問われた、という中でのものではあると思う。JDDが強かったのでそこをどう考えるかだけど、62.6-63.2と平均からの13.1-12.6-12.5-12.2-12.8と向こう正面ではペースが上がらず、3~4角でじわっと上がってのL2最速戦と本仕掛けは遅め。中団外目から押し上げながらだが直線前半で明確に切れていたという感じ。L1ではそこまで離していないので、個人的には瞬間的な切れ味タイプだと思う。スローロンスパでコーナーで脚を使わされたときにどうかというのと、ここ3走は全て外からの競馬になっているので内枠で包まれて3角までに外に誘導できなかったときにどうか?という面も踏まえてかな。

△オメガパフューム

前走のJBCクラシックは強かったのは確かだが、49.2-49.9と平均、11.5-11.8-12.2-12.7-13.2とL5最速のラップ推移でケイティブレイブをしっかりと目標にしながら外を回したとはいえケイティとほぼ同じところ、L1での伸びもケイティを脅かすところまではいかなかった。なのでそれ以上の評価は難しい、ということで連下。ただ後半のポテンシャル戦なら当然高いレベルにあることを証明できたし、押さえておきたい。

×アンジュデジール

ここはハナを切る可能性があるのと、前走のJBCレディスクラシックは走破時計だけでみればJBCクラシックと比較しても良いレベル。48.0-50.0と基礎スピードを要求された中で前からは少し離れた好位でうまく立ち回れたのはあるにせよ、12.4-12.2-12.5-12.3-13.0とL4最速の流れで上手く好位内目から押し上げながら4角先頭でラビットランとの接戦をL1で競り落とす形。厳しい流れで良さが出たので、あとはこの馬が主体的に逃げてペースを平均~ややハイぐらいで進めてうまく進められれば粘り込みを警戒かな。

×インカンテーション

前走は乗り方としては最悪に近い。46.7-48.0と稍重の東京マイルで基礎スピード戦。しかも11.9-11.9-11.8-12.1-12.2と淀みなくコーナーで11秒台という中で大外も大外を回して脚を使ったからね。今回はポジション取りで大外枠だとかなり難しいのでそこは割引だが、好位外目から無理なく入っていければ。昨年の武蔵野SのようにL2最速で11秒台半ばの脚を要求されても戦えているように一足は使えるタイプ。距離は問題ない馬で前走で人気を大きく落とすなら。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★今週日曜【チャンピオンズC当日】
2鞍のコロガシで『資金100倍』を狙え!!
―――――――――――――――――――――――――
JBCデーはたった2鞍で100円から75万円獲得!
―――――――――――――――――――――――――
1.福島12R【3連単6万2710円】的中
↓↓↓↓↓↓↓
2.京都12R【3連単5万3720円】的中
↓↓↓↓↓↓↓100円スタートで払い戻し75万2080円獲得!!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週末はこの2鞍で大量払い戻しを狙う!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
┌────────────────┐
第19回チャンピオンズC(GI)
└────────────────┘
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
┌────────────────┐
12月2日(日)※※12R
└────────────────┘
全て指示通りに買うだけでOK!

【チャンピオンズC】資金100倍を狙うコロガシ馬券を無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――
≪先週も万券的中ラッシュ≫
―――――――――――――――――――――――――
■11月24日東京 6R 2万5640円的中!
■11月25日東京 8R 2万5300円的中!
■11月24日東京 2R 2万0200円的中!
■11月24日京都 1R 1万7120円的中!
■11月24日東京 8R 1万3230円的中!
■11月25日京都 2R 1万1750円的中!

≪11月だけで厳選鞍から万馬券23レース的中≫
―――――――――――――――――――――――――
■11月 4日福島12R 6万2710円的中!
■11月11日京都 2R 5万4800円的中!
■11月 4日京都12R 5万3720円的中!
■11月10日東京 8R 4万3790円的中!
■11月11日東京 8R 3万2440円的中!
■11月11日東京 7R 3万0090円的中!
■11月11日京都 2R 2万9220円的中!
■11月 4日京都 4R 2万9030円的中!
■11月 4日東京 3R 2万2590円的中!

≪≪その他的中多数!≫≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週末はこの2鞍で大量払い戻しを狙う!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
┌────────────────┐
第19回チャンピオンズC(GI)
└────────────────┘
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
┌────────────────┐
12月2日(日)※※12R
└────────────────┘

情報通りに決まれば⇒たった2鞍で資金100倍まで!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。