競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

武蔵野ステークス 2018 追い切り評価

武蔵野ステークス2018の追い切り・調教評価一覧

追い切り一番馬:サンライズノヴァ

直線に入ってくるまでは力強く走っていて、ラストは少ししんどくなっていたがそれでも全体の時計がかなり速いしなんだかんだ言ってピッチが落ちてからも踏ん張って併走馬との比較でちゃんと先着できたのは立派。今週の坂路を考えるといつも通りに近い時計・ラップでまとめているならいい状態だと思う。

良かった馬

◎マイネルオフィール
…終い重点で四肢の運びが軽く前傾姿勢で力強く叩きつけてきた。最後も軽く促されて見た目はそんなにわからなかったが13.9-12.8と結構加速度の高い走り。今の坂路でこれならいい動きだと思う。

◎ユラノト
…ゆったりとした運び、そこから鞍上の合図があって手前を換えてからスッと伸びて体一つほど抜けた。前肢の伸び、掻き込みの力強さを感じたし、福永騎乗とはいえ坂路でこの馬比較でみれば終いをまとめてきたのは馬場補正で優秀。良いでしょう。

◎ラインシュナイダー
…坂路で時計が出にくい、ラストも甘くなりがちなこの馬が今の坂路でこれなら大幅に上げてきている。L1はしんどくなったがそれでもそこまでは前肢をリズミカルに動かして力強く捌けていたし、ラストも減速しているけど映像的にはそんなに気にならない。良いんじゃないかな。

微妙な馬

△パルトネルラーフ
…コーナー地点で外々、最後まで一杯に追われていたが、正直フットワークの切れは感じなかった。良いとは思わないが、この馬は坂路はいつも遅いので何とも言い難いかな。それでも減速ラップで物足りなさも感じたので。

<PR>分析note’18…競馬をやって何が悪い。

2018年末の東京大賞典・ホープフルSまでのすべての重賞レースの有力出走予定馬展望・追い切り・回顧を載せます。

 今週の武蔵野ステークスの追い切り評価も、分析note’18ではグリーンチャンネルの追い切り番組で映った有力馬全てに短評を書いています

これまでこちらのブログで書いてきた平日のメインコンテンツは、本格的に分析noteに移します。他にもいろいろとコンテンツ強化を図っていきます。

購読価格は年末までで1000円とさせていただいております。来年以降は月額による定期購読を考えていますが、ひとまずは年末まで試験的に移して最終的に判断したいと思っております。宜しくお願い致します。

 

 

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。