競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

武蔵野ステークス 2018 出走予定馬:サンライズノヴァ&戸崎騎手想定

time 2018/11/05

武蔵野ステークス 2018 出走予定馬:サンライズノヴァ&戸崎騎手想定

第23回 武蔵野ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年11月10日()
コース:東京ダ1600m

予想用・出走予定馬一覧

サンライズノヴァ(戸崎騎手想定)

東京のオープン特別を使い続けてここ2走で連勝とようやく軌道に乗ったサンライズノヴァが武蔵野ステークスに出走予定だ。賞金を積み重ねてきたがまだ足りない、本番に向けて賞金を積むだけでなくしっかりと勝ち切って権利をもぎ取れるかに注目だ。

流れた中で強烈な脚を使ってくる。厳しい流れだったフェブラリーSでも4着しているようにパフォーマンス的にはもちろんトップクラス。ただしゲートが下手で出遅れやすいし、枠次第では勢いに乗せて活きにくく、最後に伸びてくるけど届かない、というケースもある。展開と枠次第で信頼度は変わってくるが、もちろん力は1,2。

グリーンチャンネルC(OP)1着

東京ダ1400m良 16頭4枠7番
1:23.4 34.7-36.9 H^3
12.4-11.0-11.3-11.8-12.0-12.2-12.7

前走のグリーンチャンネルCから振り返る。東京ダ1400m戦で良馬場、ペースは超ハイで流れてラップ推移的にも淀みなく進めていく。

7番枠から出遅れて最後方からの競馬となってしまう。道中も最後方から進めているが空馬が絡んできて外には出せず内で我慢するしかない状況。3~4角でも最内で立ち回って何とかスペースを押し上げて外に出すことに成功、それでもほぼ最後方で直線。そこから序盤でじりじりと伸びてL2で中団から抜け出してくる。ラストでもまだ5馬身ぐらいはあったと思うが最後まで伸び続けた。

まあこれでも勝ててしまうぐらいここでは力が抜けていたと思うんだが、やはりゲートの拙さがネックになる。ここでは3~4角でも緩まず速いラップ、内でスペースを詰めて押し上げてしっかりと外への進路をとれたので出し切ることが出来たが、3~4角で内で包まれてしまっていたらなかなか直線で伸びきるのは難しかったと思う。この馬の場合は多少ロスがあっても出し切るほうがいいぐらいにはポテンシャルを持っているので。もちろんGI級だとそれだけでは足りないが、ここは力が違った。

オアシスS(OP)2着

東京ダ1600m良 16頭2枠3番
1:36.7(+0.0) 48.1-48.6 M
12.3-11.2-12.1-12.5-12.4-12.1-11.5-12.6

4走前のオアシスSでは実際に取りこぼしている。東京マイル戦でペースが上がり切らず平均、中盤で息が入ってL2で最速、全体では平均で流れながらも仕掛けが遅いレースだった。

3番枠からで負けして後方からの競馬となってしまう。道中も後方馬群の中に入り込んで外に出せずに後方馬群の中で3角。3~4角でも前がペースを上げない中で外に誘導、4角で外から仕掛けて直線。序盤で割と早い段階で反応できていたがL2の最速地点で前が加速し決定的に詰め切れない。それでもL1で3馬身近くあった差を最後に詰めてきたが届かなかった。

ここではこの馬自身もしっかりと鋭く脚を使えているんだけど、それでもあの位置から前が直線で加速してとなるとなかなか届ききらない。この馬の場合は基本は出し切った方がいいタイプだし、出負けが響いて3角までに外を取れなかったこともあってあれでもワンテンポ仕掛けが遅くなってしまったのはあると思う。多少ロスがあっても出し切って時計勝負の方がいいぐらいなので、出負けしてもハイペースなら差し込むチャンスはあったと思うが、3角で押し上げるスペースがない状況でコントロールされたのが痛かったかな。

フェブラリーS(GI)4着

東京ダ1600m良 16頭8枠18番
1:36.6(+0.6) 45.8-50.2 H^4
12.2-10.7-11.2-11.7-12.5-12.6-12.3-12.8

5走前のフェブラリーSではトップレベルの戦いの中で正攻法の競馬をしつつの4着。相手もかなり強かったが、この馬自身の素質の高さもしっかりと引き出してきたが、まだGI級相手に勝ちに行く形では足りなかったと思う。

16番枠からここでは好発を切っていて無理はせずに控えて中団外。道中も超々ハイの流れの中で中団外から3角。3~4角でも中団外で押して押して直線。序盤で先に外からゴールドドリームに交わされて後方。それでも徐々に伸び始めるが今度はノンコノユメにも交わされる。最後は粘り込むインカンテーションら上位3頭には見劣ったが4着は確保した。

ゴールドドリームが強すぎたのはあるが、3~4角で外を回して、前半もかなり速い流れの中で中団とある程度追走していた。先に繋がる4着ではあったかな。素材的には良いものを持っているし、実際不器用だがしっかりと出し切れればオープン特別では力が上。

武蔵野ステークス2018への展望

ポイントは展開、そして枠。能力的に噛み合えば勝ち切るだけの素材は持っているし、相手関係を見てもインカンテーションは強敵、ウェスタールンドという新興勢力は出てきたがそれでも他との比較なら素材的には上。インカンはフェブラリーSで厳しい流れでも強いし昨年の武蔵野Sみたいに緩んでも強いので厄介だが、この馬もユニコーンSを勝った時のように中弛みで外から押し上げてトップスピードに乗せれば質的にも通用していい。また根岸Sから軽いダートも合う。

そのポイントとなる展開だけど、厳しい流れだとインカンは強いので、緩む流れの中で3~4角で外からというパターンがベストかな。ゲートはあてにならないので、その点でも早い段階で動いていきやすい外枠の方がいいだろう。外からしっかりと押し上げていく過程で前が息を入れてくれていればチャンスかな。もちろん好勝負はできると思っているけど、内枠を引くと下げ切れずに包まれてとなると難しいし、相応のリスクはある。またインカンテーションがここ数走の内容が悪くないことを考えるといきなりパフォーマンスを落すということも考えにくいかな。現時点では一応対抗~連下ぐらいまでで考えているが枠次第ではガラッと変えるかも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月も予告の天皇賞で3点目的中!
さらに予告の菊花賞10万0590円的中!
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
エリザベス女王杯(GI) 鉄板3点勝負

馬連平均1万3430円(過去10年)の
荒れるGIをプロは絞って勝負!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

10/28 東京9R  1万2120円的中!
10/27 新潟8R  5万3150円的中!
10/21 菊花賞   10万0590円的中!
10/20 富士S     9650円的中!
10/14 新潟11R  5万1980円的中!
10/13 東京12R    7880円的中!
10/7 京都6R  10万5080円的中!
10/6 東京12R  2万6680円的中!

 エリ女王杯を無料で見る方法 

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。