競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エリザベス女王杯 2018 出走予定馬:リスグラシュー&モレイラ騎手想定

time 2018/11/05

エリザベス女王杯 2018 出走予定馬:リスグラシュー&モレイラ騎手想定

第43回 エリザベス女王杯(GI)出走予定馬展望

日程:2018年11月11日()
コース:京都芝外2200m

予想用・出走予定馬一覧

リスグラシュー(モレイラ騎手想定)

GIでは2着どまりとなってしまうが、それでも牡馬相手に東京新聞杯を制しているリスグラシューがエリザベス女王杯に出走予定だ。前哨戦の府中牝馬ステークスでは抜け出したところを最後にディアドラに捕えられてしまったがここでは最先着。この淀の舞台でモレイラを背に、何としても悲願を成就させたい。

左回りでは良い反応を見せるけど、右回りではワンテンポ遅れるイメージ。阪神牝馬Sはそこまで悪くなかったけど外回りで下り坂もあった。京都で直線勝負になった場合は自力での加速が問われるからね。4F戦ぐらいになればいいけど、淀はBコース替わりで少し時計が出やすい状況になっていると思う。その点を踏まえるとあまりいい材料ではないかな。馬群の中から直線すっと加速、となると→m割ではちょっと不安がある。

府中牝馬S(GII)2着

東京芝1800m良 11頭8枠10番
1:44.7(+0.0) 46.4-46.5 M
12.5-11.0-11.4-11.5-11.8-11.7-11.4-11.6-11.8

前走の府中牝馬Sから振り返りたい。ペースは平均で流れたが、これはカワキタエンカの大逃げ。実質的にみると離れた番手で800通過ははっきりとは見えないが47秒後半ぐらいだと思う。スローからのTS持続特化かなという感じ。

10番枠からで負けして後方からの競馬となる。道中も前は飛ばすが2番手以降はスロー、という中で少し外から押し上げつつも後方外。3~4角で2列目以降が流石にじわっと引き上げていくという中で中団外まで取りついて押し上げて直線。序盤でじゅるポレールを目標にしつつもしっかりと伸び始め、L2ではジュールに並びかけて3列目。L1で前が下がったところですっと伸びてきたが、その外からディアドラにまとめて差されての2着惜敗。

このレースではかなり早い段階で仕掛ける形になっていると思う(ラップからは読みにくいが2番手以降は4角辺りから動く意識を各馬持っていただろうと。)。なので結構出し切りやすくTS持続型が上位に来たというのは結構わかりやすい展開だったかなと。ディアドラには末脚の絶対量で見劣ったのは確かだが、3着以下と比較してもTS持続力の高さは非凡なところを見せてくれたと思う。ヴィクトリアマイルで負けたジュールポレールをあっさりと差し切れたのは展開的にもこちらにとって出し切れた、という点がおおきいかな。

阪神牝馬S(GII)3着

阪神芝外1600m良 13頭3枠3番
1:34.8(+0.0) 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

4走前の阪神牝馬Sでは最後に伸びてきたが届かずの3着。ここではL3最速戦でTS持続特化戦といっていい展開。

3番枠からやや出負け、そこから促しつつ中団馬群のうち目では進めていく。3~4角でも中団でアドマイヤリードを目標にしながら進路がない状況で直線。序盤でスペースを作りながら追い出されるが前2頭が抜け出すところで伸びはジリジリでまで3列目ぐらい。L1の坂の上りでようやく伸び始めると最後はしぶとく3着まで上がってきた。

ここではL3最速戦というのはあったにせよそこまでL2の直線前半地点で置かれなかったがそれでも府中と比べて伸び始めが遅かったとは思う。L1では前が落ちてきたところをしぶとく差し込めたけど、ドスローとはいえある程度出し切れる展開で届ききらなかった、というのは多少右回りが影響しているかも。

エリザベス女王杯(GI)8着

京都芝外2200m 18頭3枠6番
2:14.7(+0.4) 62.0-59.5 S^2
12.5-11.3-12.7-12.8-12.7-12.8-12.9-12.2-11.6-11.2-11.6

昨年のエリザベス女王杯を振り返ってきたい。このパターンがリスグラシューにとっては一番難しい展開になると思う。ペースは遅い、それ自体は問題ないんだがL2最速で本仕掛けが遅い。緩い流れからギアチェンジが問われた。

6番枠からやや出負けして後方からのスタートとなる。そこからある程度リカバーしつつ最終的には中団馬群の中目で進めていくが、道中のペースが遅く動けないままクイーンズリングの後ろ辺りで3角。3~4角でも中団の最内で我慢しながら直線。序盤で加速していく過程でやはり伸びがなく鞭が打たれて食らいつくという程度。L1で中団から徐々に伸び始めてL1では流石になだれ込んできたが勝負は決まっていた。

8着となったけど、結局エンジンのかかりの遅さとポジショニングの拙さが響いてしまっていると。それと左回りだと仮に仕掛けが遅い展開になってもそこまで伸び始めが遅い、ということは感じないのだが、右回りだとこうやって仕掛けが遅いパターンだと明確に要所で足りない。出し切りやすい展開だった阪神牝馬Sでも本当に来たのはL1からだった。府中ではヴィクトリアマイルでも要所でしっかりと動けていることを考えると、右と左で少し違うのかな。

エリザベス女王杯2018への展望

エリザベス女王杯は過去の傾向から見ても要所の反応、ギアチェンジが問われることが多い。実際昨年もそんな感じで本仕掛けが遅くなって前目ですっと動ける馬でないとなかなか勝つのは難しい、という展開だったと。今年もそうなる保証があるわけではないが、傾向としてやはりいい材料ではないだろう。今年の馬場ならもうちょっとポテンシャル寄りになるかなとも思っていたが、先週のBコース替わりで少なくとも一段階は軽くなっていたと思う。騎手の意識としては力の要る馬場でペースをコントロールしてきた中、少し軽くなってもそこを補正したレースメイクができるかは疑問がある。今年も個人的には緩い流れになるのかなと。

そのうえで、要所での動きが鈍いというのはやはり不安材料。京都の場合仕掛けが遅いとなかなか前が止まりにくい。出し抜いてからの粘り込みというところで、L2で動けず中団となると難しい。ギアチェンジだけでなくゲートが甘いというのも良い材料とは言えないかな。昨年も福永で出負けして中団からという感じになった。中団で前に支配されてしまう可能性が高いので、そうなると動けないしエンジンがかかったところでレースが終わるリスクがある。もちろん早めの仕掛けになってくれればチャンス出てくるけど、それでもここで積極的に狙いたい馬ではないかな。今の時点では消すところまで視野に入れておきたい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない!

第43回 エリザベス女王杯(GI)
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

▼最近も万馬券ハンターが
驚きの的中率を達成!▼

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『エリザベス女王杯(GI)』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

第43回 エリザベス女王杯(GI)
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

【買うべき本命x対抗はコレ】

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。