競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

天皇賞秋 2018 スワーヴリチャードの敗因分析:武豊マカヒキとの接触で出遅れたのが致命傷だった

time 2018/10/28

天皇賞秋2018スワーヴリチャードの敗因分析・回顧

東京芝2000m良

1:56.8 59.4-57.4 S^2
12.9-11.5-11.8-11.5-11.7-11.6-11.3-10.9-11.6-12.0

スワーヴリチャードの敗因分析

1番人気に指示されながらも10着と沈んだスワーヴリチャードの敗因を分析していく。

10着05スワーヴリチャード(M.デムーロ)

出負け気味でもあったが外のマカヒキにもろにぶつけられる形となって最後方での競馬となってしまう。道中もスローの流れだがそれでも中盤以降は11秒台と流れているので押し上げるタイミングがないまま、後方馬群の内目で3角に入っていく。3~4角でも一つ外を回しつつ直線。序盤で後方2番手から追い出されるがここが最速地点なのでなかなか詰まってこない。L2では鞍上もあきらめて流していたので大敗もやむなし。

まず、出遅れるとどうにもならない展開だったといえる。区間で分けると前中後半で3-4-3F。そうすると、

前36.2(FA12.06)
中46.1(FA11.53)
後34.5(FA11.50)

つまり最序盤だけ遅く中盤以降は同じようにハロン11.5を刻んでいるという感じ。もちろん平均で取っていて、実際はハロンごとにばらつきがあるしL3最速のTS持続ではあるが、中盤までの流れとして自然に前との差を詰めるということが不可能なレースだった。

ミルコが動かなかったのはなぜか?という問いには、そもそも動かなくて正解、となってしまう。それぐらい中盤はそこそこ流れていた。出負けして勢いを取れなかったのが顕著にスローだった前半。そこで後手を踏むと、あとは中盤以降の1400mで緩まず、1:20.6を前が刻む形で届くはずもないと。恐らく馬のスピードを保ちつつどこかで前が緩めば外からというのも考えたと思うが、前との差が詰まってこないなら前も落としていない、ということだからね。その辺りのアンテナはミルコも高いレベルで持っているから、ラップが示す通りミルコの判断は正しかったと思う。

直線まで脚を残す選択は正しかったが、こちらが余力を残していても前もペースを落とさないので差がつまらない。直線の段階で追った時の手ごたえで恐らくミルコも色々考えたと思うんだが、L3の直線序盤で前が最速ラップ、ここで追っても差があまり詰まらなかったのを確認して諦めたんだと思う。なので最後まで必死に追っていればもうちょっと伸びたとは思うが、それでも全然勝負とは関係の無いところでのものだった、と。なので、普通に出遅れが全て。

その出遅れの内容は不運だった。はっきりとマカヒキが外からぶつかる形になっていて、それでスペースの無いところに入って前半でリカバーが許されなかったからね。出負け自体はそこまで目立ったものではないけど、不利を受けてしまったのが決定的だったと思う。前半スローの段階でリカバーができていたら全く違ったとは思うので、この一戦は仕方がないかなあ…。ミルコの出負けではなくマカヒキが不利を与えたことが全て、という感じ。競馬の怖いところだけど、こうなるとね。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

 

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。

 

因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、

 

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

 

どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!

 

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋


重賞予想解説者:北条直人

 

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

 

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 

 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。