競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アルテミスステークス 2018 追い切り・調教評価:エールヴォア、かなり長く脚を使ったが、最後までゆったりと余力ある走りで好印象!

time 2018/10/25

アルテミスステークス 2018 追い切り・調教評価:エールヴォア、かなり長く脚を使ったが、最後までゆったりと余力ある走りで好印象!

アルテミスステークス2018の追い切り・調教評価

追い切り一番馬:エールヴォア

全体で出しつつ、コーナーでもかなり速いラップを連続しながら最後まで。結構ゆったりとした走りでスピード感の割に速度が出ているイメージ。長く脚を使ってきたのはかなり面白い材料。府中マイルの適性はともかく出来は良い。

良かった馬

◎ウインゼノビア
…全体でかなり出してきたし、中目を通したとは言えコーナーでの迫力もよく直線でも四肢の回転が速く。最後は馬なりで落とした感じだけど動きそのものは良かったと思う。

◎グレイシア
…まあ特に目立たない時計・ラップではあるんだが、楽に淡々と力強いフットワークで走り続けて気配は良かったと思う。20日の坂路でしっかりと時計を出されているし問題ないでしょう。

微妙な馬

△アズマヘリテージ
…ソラを使って左に寄れ加減だし、鞍上があまりまともに追えていない感じ。動き自体は前肢の掻き込みも悪くない迫力だけど、気性面が。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第158回 天皇賞秋(G1)>

混戦ではない!断然1強!
【鉄板◎】の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

キタサンブラック引退後、GI戦線で主役を張る王者が不在。春の古馬GIでは大阪杯スワーヴリチャード、天皇賞春レインボーライン、宝塚記念ミッキーロケットなど、レースごとに優勝馬が異なり不動の軸馬はいない現状だ。

秋の王道GI3戦、天皇賞秋、ジャパンC、有馬記念と続くが、どのレースに照準を合わせているか、陣営の思惑が的中へのカギとなる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。危険な人気馬、人気薄情報馬の大駆け情報など出走各馬の陣営の本音話も入手済!

ここ3年はキタサンブラック、モーリス、ラブリーデイが1人気で優勝したが、昨年は13人気レインボーラインが3着、15年には10人気ステファノスが2着し波乱となっている。実は今年も人気にならない激走情報馬の存在が!公にはならないごく一部の関係者しか知り得ない勝負ネタ!

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第158回 天皇賞秋(G1)>

混戦ではない!断然1強!
【鉄板◎】の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。