競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

秋華賞 2018 過去10年ラップデータ:基本はハイペース、極端な脚質だと難しいレース

time 2018/10/09

秋華賞 2018 過去10年ラップデータ:基本はハイペース、極端な脚質だと難しいレース

秋華賞の過去10年ラップデータ

秋華賞の過去10年ラップデータから予想、分析していく。

ペース傾向

過去10年の傾向としては基本的には流れやすいが、スローになることもあるという感じ。過去10年で最も多いのがややハイ、かなりのハイの4度ずつとなり、8/10がハイペースになる。残りはややスロー、かなりのスローがそれぞれ1度ずつ。なので基本的には流れやすい。それと開幕週だった先週を振り返っても時計的には良でも少し掛かっていた。絶対的に58~59秒ぐらいでは流れやすいレースなので、今週極端に回復しない限りはバランス的にハイペースになる可能性は例年よりは高くなるかも?と感じる。

仕掛け・ラップ傾向

仕掛けは結構まちまちで、過去10年でみてもL2最速が一応最多も5度と半数まで。残りはL3最速が3度、L4、L5最速がそれぞれ1度ずつあるので、仕掛けが早くなるケースも多い。このレースに関しては全体の流れが早くなることが多く縦長にもなるので一概には言い切れない面はあるかな。最速ラップでも11.2までなので、トップスピードの質よりは長くTS持続を引き出す、或いはポテンシャル面が問われやすいと思う。もちろん前半の基礎スピードを高いレベルで要求されたうえでの話。

脚質別傾向

とにかく言えるのは極端すぎない位置。過去10年でみても逃げ馬が絡んだのはスローで運んだヴィルシーナだけになる。また、意外にも追い込み馬は届かないケースが多く、過去10年でも明確に後方からの馬で絡んだケースは2度しかない。勝ち馬の6割が好位勢で真ん中よりは前目となるし、2着馬の6割は差しで真ん中よりは後ろだが極端ではない。先行馬もやや苦戦気味なので、真ん中付近で運べる馬がベストかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第23回 秋華賞(G1)>

アーモンドアイを脅かす
激走穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

オークス上位馬ではリリーノーブル(オークス2着)が故障で離脱。アーモンドアイ(オーク ス1着)、ラッキーライラック(オークス3着)はオークスから直行で秋華賞に向かうが不安 材料が全くないワケではない。前哨戦のローズSを制したカンタービレは武豊とのコンビで出走、紫苑Sの上位馬ノームコア、マウレアは回避したが、古馬相手の関屋記念を快勝したプリモシーン、夏の上がり馬で3連勝中のミッキーチャームなどがスタンバイ!

3冠獲りを狙うアーモンドアイに注目が集まるが、実は競馬セブンでは、とある陣営から勝 負情報を極秘入手。人気の盲点となり印薄確実な激走情報馬の秘策とは!?

春のGIでは宝塚記念・9200円的中、ヴィクトリアM・4090円的中、オークス・1190円的中、フェブラリーS・1140円的中、天皇賞(春)・1030円的中、桜花賞・480円的中など、馬連だけで217万9000円獲得!牝馬3冠最終戦となる秋華賞も競馬セブンにお任せください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『秋華賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第23回 秋華賞(G1)>

アーモンドアイを脅かす
激走穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。