競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ローズステークス 2018 出走予定馬:サラキア&池添騎手想定

time 2018/09/10

ローズステークス 2018 出走予定馬:サラキア&池添騎手想定

第36回 ローズステークス(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月16日()
コース:阪神芝外1800m

予想用・出走予定馬一覧

サラキア(池添騎手想定)

春は善戦どまりでクラシックへの道は断たれたものの前走青島特別をレコード勝ちで秋の逆襲を狙うサラキアがローズステークスに出走予定だ。白百合ステークスでも2着に入って力は示しているが、今回は内容ではなく結果が全て。春の雪辱を果たすためにも権利確保は至上命題、秋華賞へ向け前進なるか。

流れた中でも脚を使えることから1800の基礎スピード面はほとんど心配しなくても良いかなと思う。フローラSは後ろ過ぎたのも響いたが、直線捌きながらになったのも勢いをつけきれなかった要因かも。

青島特別(5下)1着

小倉芝1700m良 10頭7枠7番
1:39.5R 47.4-46.3 S^1
7.1-11.1-11.8-11.6-11.6-11.6-11.7-11.4-11.6

前走の青島特別勝ちから。小倉の1700というかなりトリッキーなコースで、1角までの距離が非常に短い難しいコース。外枠だとどうしてもポジショニングで苦労するし、ペースも1.1と現実的なスローという程度。中盤以降もよどみなく進んでのL2最速11.4。ただ単騎逃げでのものだし、この馬は向こう正面から動いてワンテンポ早く仕掛けてきた。実質はスローロンスパ的な競馬だったかなとも。

7番枠から出負けして最後方からの競馬となってしまう。向こう正面でも前が単騎逃げで引っ張る中で後方外から動いて好位の外目から3角に入っていく。3~4角でも好位集団の外目からロスの多い競馬、4角では少し外に振れながらも2列目で直線。序盤で一気に先頭に立ってしまい、あとは後続を突き放し流しての完勝だった。

ここでは超高速馬場ではあったが、それでも後半でかなり長く脚を使ってきたといえる。後半4Fで46.3と速いし3~4角でも逃げ馬がラップを大きく落とさない中で詰めている。その流れで外から動いているのでL1から逆算しても22.4、つまりL3-2区間の平均は11.2となる。恐らくTS持続をかなり高いレベルで要求されていて、その中でL1を11.6でまとめてきたとみて良いんじゃないかなと。コーナー地点で速い脚を要求されていると思うし、外から動いてTS持続を引き出す形がこれまでの競馬を見てもパフォーマンス的には一番高いかな。

白百合ステークス(OP)2着

京都芝外1800m良 9頭7枠7番
1:46.4(+0.5) 46.8-46.9 M
12.7-10.7-11.2-12.2-12.2-12.3-11.6-11.4-11.6

白百合Sでも2着していてこの時は結構流れていた。ペースも平均、中弛みがあっての再加速でL2最速11.4。L1を落とさずメイショウテッコンが逃げ切る形になったが一頭だけ良い脚を使って2着を確保。

7番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も前が引っ張る流れの中で自身は無理なくリカバーしつつ中団で3角へ。3~4角で単独の5番手、前の4頭を見ながら3~4角ではまだ内目を通して直線。序盤で3列目から追い出されるが反応がいまいち。しかしエンジンがかかったL1ではグンと伸びて前との差を一気に詰めて2着を拾った。

L2最速の地点で外に出して追い出されてさほど伸びなかったが、L1で前のメイショウテッコンが11.6とほとんど落としていないところで5馬身はあった差を3馬身差まで詰めてきた。ちょっとエンジンのかかりが悪いな、という感じはしたかな。3~4角でロスなく運びたいという意識が働いたのもあったがL4の3角地点ではまだペースも上がってなかったし、下り終えてからの加速の流れで促したもののどうも反応の鈍さがネックだった。もちろんそれは後半要素での話だし、前半のゲートの拙さもネックになっている。このあたりがなかなか勝ち切れない要因ではあると思う。ただ流れた中で押し上げながら長く脚を使えているし、時計面という点では十分最上位のパフォーマンスができていると思う。

チューリップ賞(GIII)4着

阪神芝外1600m良 10頭8枠10番
1:34.1(+0.7) 47.5-45.9 S^2
12.6-11.2-11.6-12.1-12.0-11.7-10.7-11.5

4走前のチューリップ賞では上位3頭には完敗を喫したものの決め手の差、という点ではそこそこ頑張ってきたと思う。ペースは1.6でかなりのスロー、ラップ推移的にも中盤が緩くL2最速で10.7とかなり速いラップを問われている。トップスピードの質がかなり問われた一戦。

10番枠から出遅れて最後方から進めていく。道中も前がペースをコントロールする流れの中で最後方から少し押し上げて、外から3角に入っていく。3~4角でも後方で進めて直線。序盤でそこからじりじりと伸びるがまだ後方列。L1でそのままじりじりと伸びて前3頭との差はつまらないが最後まで着順を上げて4着となった。

どうしてもこの出遅れが難しくさせているが、前が仕掛けを待つ形でL2最速10.7と相当速いラップを要求される競馬になった。ただここでもジリジリと伸びてはいたし、トップスピードの質・持続力という観点だけで見れば悪くない競馬。やはりあの位置になってしまっているのが一番痛かったと思う。

ローズステークス2018への展望

ゲート難が課題になるがペースが速くて時計勝負になったとしても対応できているように素材はいいものを持っている。もちろんこれだけの弱点があるとクラシック上位勢相手にどうこうは難しかったが、今回のメンバー構成は同じく素材は高いが弱点があるサトノワルキューレ、クラシック上位組からは少し差があるトーセンブレスといったところ。面白い馬も何頭かいるのはいるが、レベル的にはそこまで高いとは思わない。サトノワルキューレにはフローラSで完敗も、あの時は超スローで後方内から馬群を捌きながらになったのもある。加速性能があまり高くない馬だし、今回は4角下り坂の阪神外回りなのでその辺をフォローしやすいのも良いだろう。ゲートは出ないものとして考えないといけないが、仮に47-47ぐらいで平均ペースで流れたとしても末脚自体は引き出せるしそこはそんなに心配しなくていい。後は相手関係だろう。トーセンブレスやサトノワルキューレレベルなら1800である程度流れればチャンスも出てくると思う。サトノはスローだと手ごわいと思うので展開次第かな。まあそれでも連下をベースに考えつつ、これより面白い馬を探していく必要はある。サトノワルキューレもそうだが、素材は一歩リードも信頼できるといえるほどの差はない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ローズS(G2) 鉄板3点勝負

馬連平均8760円(過去10年)の
荒れる重賞をプロは絞って買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/2  札幌12R  3万0390円的中!
9/1  札幌6R  1万4670円的中!
8/26 新潟2歳S  1万5950円的中!
8/25 新潟6R  7万7730円的中!
8/19 札幌記念  1万6590円的中!
8/18 小倉11R   1万6850円的中!
8/12 小倉8R  1万6880円的中!
8/11 小倉11R   8320円的中!

ローズSの3点を無料で見る方法

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。