競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ローズステークス 2018 過去10年ラップデータ:平均ペースがベースも極端な展開になることも…良だとL2最速率高く

time 2018/09/09

ローズステークス2018の過去10年ラップデータ

ローズステークスの過去10年ラップデータから予想、分析していく。

ペース傾向

全体のペース傾向としてはひとまず平均ペースが一番多い、という結果にはなる。過去10年で最多が平均で5度。次点でかなりのスロー以上が2度、後はややスロー、ややハイ、かなりのハイ以上が1度ずつある。なので基本的には平均ペースを軸に考えつつかな。ただし、極端なハイ・スローになることもあるので決めつけず、その時のメンバー構成でしっかりと判断したい。

仕掛け傾向

仕掛けの傾向も基本的にはL2最速が多い。過去10年でL2最速が7度と最も多く過半数を超える。次点でL4最速が2度、L3最速も1度ある。ただし、L4最速はいずれも重馬場だったし、良馬場のケースに限ればL2最速率が非常に高いレースといえる。阪神外回りは4角から下り坂になるのでそこから一気にというケースも多いんだが、このレースに限れば前哨戦らしく仕掛けのタイミングがワンテンポ遅れることが多いイメージだ。

脚質傾向

したがって、意外と逃げ馬が残りやすいレースである。ここ5年で見れば特に逃げ馬の複勝率が上がってきているので注意。ただし、基本は逃げ先行・好位勢までと差し・追い込み勢とのシェアはイーブンぐらいなので、そこまで脚質そのものにこだわる必要はないかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 ローズS(G3)>

2冠馬不在で浮上する
激走穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.1.3]、2人気[1.1.1.7]、3人気[0.0.2.8]と、1人気が好成績を残しており信頼できる軸馬。平均配当は馬連9610円、3連複3万5760円、3連単20万7360円と波乱傾向。二桁人気馬では、16年クロコスミア(11人気2着)、14年タガノエトワール(15人気2着)、13年ウリウリ(10人気3着)、11年マイネイザベル(10人気2着)、09年クーデグレイス(10人気3着)などが馬券圏に入り波乱を演出している。3連単では10万馬券を超える特大万馬券が7度も出ているように人気薄の好走が目立つ。

過去10年、前走、レース別の成績ではオークス組(8勝)、500万組(2勝)と夏馬を全休に充て始動戦として出走したオークスからの直行組が圧倒的な成績を残している。また、500万を勝ち上がったばかりだが夏に調子を上げた馬が勢いで勝ち上がっている。ローズS好走馬の秋華賞の成績を見てもローズS上位馬が本番でも結果を残しているように、本番に直結しているのが分かる。

オークス組からは、レッドサクヤ、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ、カンタービレなどが参戦するが、2冠馬アーモンドアイやラッキーライラック、リリーノーブルといった有力馬は秋華賞直行のため不在となる秋華賞のトライアルレース。オークス組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ローズS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 ローズS(G3)>

2冠馬不在で浮上する
激走穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。