競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京成杯オータムハンデ 2018 出走予定馬:ワントゥワン&戸崎騎手確定

time 2018/09/06

京成杯オータムハンデ 2018 出走予定馬:ワントゥワン&戸崎騎手確定

第32回 京成杯オータムハンデ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年9月9日()
コース:中山芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

ワントゥワン(戸崎騎手確定)

期待を背負いながらもなかなかオープン入りができなかったワントゥワンが京成杯オータムハンデに出走予定だ。今年は準OPを勝ち上がり、前走関屋記念では重賞2着と結果を残して賞金を積み上げた。鋭さを増した末脚を武器に、ここで完全に脱皮できるか。

前走の関屋記念はかなり意外だったが、超高速馬場の中で後半特化の競馬に自信では持ち込んで強烈な末脚を引き出してきた。プリモシーンには完敗も、これだけの決め手を引き出してきたのは正直意外ではあったかなと。なので今は充実度も含めて侮れない。

関屋記念(GIII)2着

新潟芝外1600m良 15頭6枠10番
1:31.6(+0.0) 45.7-45.9 M
12.4-10.6-11.2-11.5-11.5-11.2-11.0-12.2

超高速馬場だった新潟マイルの前走関屋記念から振り返る。ペース馬平均で流れていてラップ推移的にみてもわかるように淀みなく流れていた。その中で一頭だけ32秒台という強烈な決め手を引き出してきた。

10番枠からやや出負け、無理はせずに後方に下げて脚を残す選択をとる。道中もペースが速い中で最後方。3~4角でも最後方で3~4角はロスなく立ち回って出口で遠心力を使って外目に持って行く。序盤でしっかりと伸び始めてL2ではもう中団に、L1でそこからしぶとく伸びて2列目を切り裂きプリモシーンとの差も詰めるが2着まで。

ここでは厳しい流れの中で最後方で3~4角までロスを最小限に進めて直線でどこまではじけるか?という競馬をしてきた。ミルコはトップスピードまで持って行く入り方が上手いし、それを維持するのが上手いというイメージはあるが、それにしたってこの爆発的な伸びは想定外だった。自身のバランスでは36.8-32.8と極端なスローバランス。そういう競馬ができるというのがこの馬の怖さで、バランスから逆算すれば後半4Fでみても43秒台を視野に入れてきているんじゃないかな。かなり強烈な末脚を引き出してきたと思う。ただし、ミルコの良いところは前半捨てても後半しっかりと出し切る意識を持って入ってくること。これが戸崎に替わってどうなるか。

中京記念(GIII)5着

中京芝1600m良 16頭6枠11番
1:32.7(+0.4) 45.3-47.0 H^2
12.1-10.7-11.0-11.5-11.7-11.7-11.6-12.0

2走前の中京記念では時計は出ていて高速馬場ではあるもののそこまで極端ではなかった。ペースは1.7でかなりのハイ、ラップ推移的にも前半がかなり速く3Fで33.8。中盤以降は速いラップを踏むことなく11秒半ばを維持しつつL1で12.0と失速している。高い基礎スピードを要求されている。

11番枠から出負けして後方からの競馬だがこれはいつも通り。道中も後方外目から追走していたが3角で外目を追走していたがワンテンポ待って下げて内に潜り込み、4角では最内を通して押し上げつつ直線。序盤で中目から内を裁いて好位列に押し上げる。L1でそのまま伸びたかったがなだれ込むだけの5着に終わった。

ミルコも悩んだと思うんだけど、あの位置から外々をというのは難しかったし、馬場が悪い内をとってリスクを背負ったが最後の伸びはその辺の影響もあるかもしれない。流石に流れすぎたかなというのと、高速決着にはなったが当週を見ても極端に軽い馬場ではなかったからね。関屋記念を見ても流れた中で前半無理をせずに後半出し切って良さが出てきている感はある。コース取りの面もあるけど、この馬は高速馬場の方がいいのと、ミルコが合っている感もするんだけどね。

阪神牝馬S(GII)12着

阪神芝外1600m良 13頭8枠12番
1:35.6(+0.8) 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

4走前の阪神牝馬Sでは藤岡佑介で結果が出ず。ただ騎手というよりペースと馬場かなと。良ではあるが雨が残っていて標準ぐらいの馬場。ペースは3.4と極端に遅くL3最速でTS持続特化戦となっている。

12番枠から五分のスタート、そこから控えて後方にという形。ただ序盤のペースが遅い中で後方外で競馬をせざるを得なくなる。3~4角ではペースが上がっていく中で中目で我慢、最後方近くで動けないまま直線。序盤で追い出されるが切れないし、L1でも特に変わらず惨敗。

まあ後ろ過ぎたというのもあるし、ドスローであの位置では難しいにせよ、やっぱりインパクト皆無だったというのはね。流れた中で良さが出ていることもあるんだけど、力の要る馬場が高いレベルでは合わないのかな…というのもある。ヴィクトリアマイルはもうちょっとましだったけど、それでも高いレベルでの戦いとしては勝負に加われていないからね。

京成杯オータムハンデ2018への展望

高速馬場で前半を殺して後半特化に持ち込む中でトップスピードの質・持続力を高めてきた。ただしどちらも前半から流れている中でのものなので、実際時計的にも後半特化とは思えないほど速い。中京記念では距離ロスを優先して馬場の悪いところを通したのもあるかもしれないが、関屋記念では外からしっかりと出し切る形をとってきた。それでもコーナー地点ではロスなく立ち回ってという競馬で、そこからミルコが出し切る意識をもって入ったのとペース自体も速かったのはあるだろうと。今回は戸崎に代わるのがね…。この馬は戸崎どうこうというよりもミルコ以外では高いパフォーマンスを引き出せていないんだよね。そこが一つ気がかりではある。高速馬場でトップスピードに乗せていく上手さとそこから維持させる上手さはミルコの右に立つ騎手は日本にいないと思う。レッドファルクスなんかもそうだけどミルコ以外では馬が違ってしまう感じだしね。この馬もその可能性があるので、そこが引っかかる面ではある。ここ2走をシンプルに評価すれば中山マイルで超高速、流れても後半で速いラップを維持し続けることができるので合うと思うんだけどね。状態面はここ2走をキープできていると思うし、同タイプのストーミーシーと比べるとここまでの過程は良い。ただし、ストーミーのダービー卿もかなり強い競馬だったからね。この辺の取捨がかなり悩ましいところ。重い印を打つかどうかは難しいけど連下では押さえたいかな。

【先週】9万9970円・5万2400円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
新潟2歳S(G3)も自信の◎○から絞って的中!
◎→○→穴で3連単1万5950円ズバリ!!
―――――――――――――――――――――――――

\\\\\\\\\\\\V////////////

京成杯AHの絞りに絞った3頭を教えます!!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

前走から一変必至の超穴馬もいるぞ!
―――――――――――――――――――――――
≪情報通りに決まれば3連単なら想定300倍!≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週≫夏競馬ラストも怒濤の万券ラッシュで締めた!
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌11R ◎コルコバード
3連単⇒9万9970円【的 中】
3連複⇒2万1050円【的 中】

―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]新潟1R ◎ガトン
3連単⇒5万2400円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌12R ◎ヴォカツィオーネ
3連単⇒3万0390円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月1日]小倉1R ◎ブルベアイリーデ
3連単⇒2万4920円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月1日]新潟2R ◎マイネルエキサイト
3連単⇒1万6640円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]小倉1R ◎ヴァニラアイス
3連単⇒1万1350円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌10R ◎ハッピーアワー
3連単⇒1万0090円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

情報通りに決まれば3連単なら想定300倍!

京成杯AHの『絞りに絞った3頭』を今すぐ無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。