競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京成杯オータムハンデ 2018 出走予定馬:ストーミーシー&大野騎手確定

time 2018/09/06

京成杯オータムハンデ 2018 出走予定馬:ストーミーシー&大野騎手確定

第32回 京成杯オータムハンデ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年9月9日()
コース:中山芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

ストーミーシー(大野騎手確定)

強烈な末脚を武器にダービー卿チャレンジトロフィーでも3着に食い込んだストーミーシーが京成杯オータムハンデに出走予定だ。たまに不発することもあるが、それでもここ最近は比較的安定してきたし、強敵相手にもあわやの場面を作ってきた。この舞台でもその強烈な末脚を引き出せるか。

結構不謹慎なんだけど、サイン的にはタイムリーな馬ではある。ストーミーシー(荒ぶる海)…だからね。北海道安平の地震も心配だけど、大阪方面の復旧もできるだけ早く完了することを祈りつつ…。条件的には噛み合う可能性が高いと思っている一頭。超高速馬場の単調な流れで良さを引き出すことが多いアドマイヤムーンの仔だし、この馬自身力の要る馬場でもやれる馬だが高速馬場で流れた中で相対的に鋭さを増してくるイメージ。前走のダービー卿も結構難しい競馬の中での3着。怖いね。

奥多摩ステークス(16下)1着

東京芝1400m良 18頭4枠8番
1:20.6 34.4-34.7 M
12.6-10.6-11.2-11.5-11.5-11.3-11.9

4走前の奥多摩Sから振り返る。東京1400だがそこそこ流れているのはラップ推移やバランスからも見て取れると思う。その中で中団から鋭く差し切ってきた。

8番枠から出負けして後方からの競馬、そこから促しつつ中団までリカバーしていく。3~4角でも中団馬群の中目で進めて直線。序盤で前に壁を置きつつL2で外に出して追い出されてからしぶとく伸びて2列目。L1までしぶとく伸びてスターオブペルシャを競り落としての勝利。

3着以下は2馬身ほど離していたし、上位勢を見ても結構強敵だった。その中で平均ペースを出負けからリカバーで脚を使いつつも直線でしっかりと末脚を引き出してきた。前半流れた中で、他と比べて相対的に決め手で優位に立ててとみていいだろうと。

東京新聞杯(GIII)10着

東京芝1600m良 16頭7枠14番
1:34.6(+0.5) 47.6-46.5 S^1
12.4-11.4-11.6-12.2-12.4-11.1-11.0-12.0

逆に東京新聞杯ではペースが落ち着いたし中弛みでもあったので割と後半の直線勝負のウエイトが大きくなった。ここで出し切る形で甘くなったのをどう考えるかだろう。L3で11.1と最速に近いラップ、L1は落ち込んでいるのでギアチェンジを問われたといっても出し切りやすい展開ではあったはず。

14番枠から五分のスタート、ある程度追走しつつ中団の外目で進めていく。向こう正面でも中団の外目で進め、3~4角でも中団馬群の外目で追走して直線。序盤で前が壁ではあるが加速で少し置かれる。L2でもジリジリとした伸び、L1でもこれといって伸びきれず、なだれ込むだけに終わった。

特化戦ではないにせよスローでトップスピードに乗ってからのTS持続戦という割合が高いレース。絶対的な決め手が必要だったがそこでは物足りない伸びだった。以前は超スローの東京新聞杯でL1にそこそこ来ていた印象だったが、あのレースのレベルもドスローとしてはそうでもない(エアスピネルなんかは流れた中で良さが出ていたからね)と思うし、現状スローでの決め手勝負では難しいと思う。

ダービー卿CT(GIII)3着

中山芝外1600m良 16頭8枠15番
1:32.4(+0.2) 46.2-46.0 M
12.5-10.9-11.6-11.2-11.2-11.3-11.9-11.6

前走のダービー卿ではマイルで流れた中での競馬となったが、そこで良さを見せてきたといっていいだろうと。結構強かったと思う。ペースは平均で流れているが中盤が緩むどころか速くなっているので3~4角地点でのロスは直結している。

15番枠から出負けして後方からの競馬。道中も後方で進めて外から3角に入っていく。3~4角でも後方外から押し上げ、そのまま大外をぶん回して直線。序盤でそこからしぶとく伸びてきて好位列に並びかける。L1でも甘くなりそうでならず、しぶとくなだれ込むが前2頭が手ごわく3着まで。

ただかなり強かったのは間違いない。3~4角で11秒前半と速いラップ。3角は緩やかといっても4角で急になっていくスパイラルカーブ状態になるのでスピードに乗った状態でロスの多い状況となった。それでも最後まで伸びてきたように末脚の絶対量を見せたことになる。ただし、もちろんだが全体でこれだけ流れた中でも脚を削がれなかったことで相対的に高めてきたとみるべきだとは思う。その点を踏まえてもマイルまでで流れて良さが出るタイプだとみたほうがいいだろうと。前半の基礎スピードを問われても後半の末脚が削がれないのが最大の魅力だと思う。

京成杯オータムハンデ2018への展望

イメージ的には去年のグランシルクに近い感じではあるんだよね。グランシルクも1400では厳しい流れの中で鋭く伸びてきたし、マイルでスローの決め手勝負になると他が末脚を高めてくるのでちょっと物足りない競馬になっていた。この馬もその感覚で、1400で流れても長くトップスピードを維持できるけど、スローになったからといって質量を絶対的に上げてくるわけではないと。流れた中でこそ良さが出やすいタイプだと思う。そういうタイプは流れやすい中山マイルは合うと思うし、しかも高速馬場適性も本来高い馬なので楽しみの方が多いかな。この馬の場合は馬場にかかわらずある程度流れれば京都金杯も悪くなかったからね。ただ京都金杯は中弛みからの加速出もあったし、この馬はあまり中盤緩まずに入った方がよさそうな、より1400タイプだとは思うのでその点を踏まえても高速中山マイルで淡々と、というのは面白いと思う。逆に下手に雨が降って道悪で仕掛けやペースの意識が下がった方がこの馬にとっては良くないだろう。大野なので本来は内で我慢して進路をとっていくのが得意な騎手のイメージ。噛み合い切れば詰めの甘さを一気に克服、というところまであると思う。内枠で淡々と流れるような展開になれば普通に勝ち負けできると思っているので、重い印候補にいれてもいい。休み明け初戦が気になるし、この馬は使い詰めてここまで来た馬。その辺で半年ぶりの休み明けは不安としてはそこそこあるので一応単穴候補としておくが、条件としてはかなりかみ合いそう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は11人気ガリバルディ(2着)、15年には13人気フランジェリコ(1着)、11人気エキストラエンド(2着)、09年は14人気アップドラフト(2着)、08年は10人気レッツゴーキリシマなどの二桁人気馬が馬券圏に好走しておりように波乱の多いハンデ重賞。3連単では222万馬券が出ている。

マイルCSを目標に秋緒戦の始動戦として出走する馬、賞金加算が最大目標で勝負を懸けて来る陣営の隠し玉、サマーマイルシリーズ優勝を目指す勝負馬など、各陣営では使い方がそれぞれだが、陣営の本気度が分かれば荒れるハンデ重賞も狙って獲れる!競馬セブンでは各陣営の本音話を独占スクープ!お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『京成杯AH・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。