競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

セントウルステークス 2018 出走予定馬:ラブカンプー&M.デムーロ騎手想定

time 2018/09/04

セントウルステークス 2018 出走予定馬:ラブカンプー&M.デムーロ騎手想定

第32回 セントウルステークス(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月9日()
コース:阪神芝内1200m

予想用・出走予定馬一覧

ラブカンプー(M.デムーロ騎手想定)

3歳馬ながら古馬を相手に健闘、サマースプリント女王の座も射程に入るラブカンプーがセントウルステークスに出走予定だ。今年は年明けから大きな休みなく使い続けてきているが、むしろ上昇の軌道を描いてここまで来た。勝てばサマースプリントチャンピオンが決まるこの一戦、優勝請負人のミルコ・デムーロとともに初秋の仁川で完封できるか。

ダイアナの不安定な感じ、ファインニードルは叩き台、北九州記念組との比較でみても十分逆転でのサマースプリント女王の座が見えてきた。適性はかみ合っていると思うし、あとはポンと出てダイアナより前でレースを支配できれば…というところかな。

アイビスサマーダッシュ(GIII)2着

新潟芝直1000m良 17頭4枠8番
0:54.0(+0.2) 21.8-21.7 M
11.8-10.0-10.3-10.1-11.6

2走前のアイビスSDから見ていきたい。新潟の1000mと今回とは違う条件だがこのレースは個人的にはアイビス組が連動しやすいレースだと思っているので注意してみておきたい。ペースは平均だがかなり高速状態だったので時計的に速く、L3-2で再加速という競馬になっている。超高速で前半のポジショニングとそこから息を入れてもう一度加速する脚を持っていたかどうか?というのが問われたかな。

8番枠からまずまずのスタートを切ったが外枠までの距離が遠く中目を選択。そこから徐々に外目に誘導もラチまでは寄せられず、先頭列で進めていく。L2辺りで抜け出してしぶとく踏ん張るが、そのうちからダイメイプリンセスに交わされての2着。

完敗ではあったがそれでもL2の地点までは良い脚を使って粘っていたし、映像的にはそういう感じだがラップ推移からはL2では加速しているわけでしっかりとそういう競馬ができたというのは良い材料。新潟1000で中目の枠、内外から来られる先頭列の馬、というのは結構難しいんだがそれでもL1で3着以下は寄せていなかったからね。走破時計から考えてもある程度高く評価していいと思う。また超高速馬場ですっとテンの速さで主導、そこから加速する脚を使えたというのも開幕週の阪神1200でプラスになる材料。

北九州記念(GIII)3着

小倉芝1200m良 17頭5枠9番
1:06.9(+0.3) 32.4-34.2 H^2
11.6-10.2-10.6-11.2-11.3-11.7

前走の北九州記念では先行馬の中では一番の踏ん張りを見せた。ペースは1.8、超高速馬場なので32.4で入っても34.2でレースラップをまとめてきた形。ただこういう極端な馬場だと前半に32秒台半ばで入ってというより無理せず11秒前後を維持して33.3-33.3ぐらいの方が時計的には恐らく出やすい状況。小倉1200だとどうしても下りでスピードに乗るのでそこでオーバーペース気味になりやすいが、それでもかなり頑張ったと思う。この一戦は高く評価したい。

9番枠から好発を切ってすっと先頭列、そこから控えて2列目の外で進めていく形をとる。道中はそれでも先頭列の外に近いところで3角でも3頭分外を回しながら並びかけ4角堂々先頭。直線で半馬身ちょっとの差から抜け出してくるが、L1で内からスルスルとアレスバローズ、さらに外のダイメイプリンセスに屈しての3着となった。

内容的にみてもこれだけタフな流れでほぼ先頭に近い位置、3~4角でもロスがあった中で内をすくったアレスバローズが勝った、という状況での踏ん張りは立派といっていい。超高速馬場になるほど前で押し切るのが難しくなるのが1200m戦、というイメージなんだがこの馬はこの馬場で32.4で入っても大きく落とさなかったというのは威張って良いと思う。コントロールしての一足もアイビスで見せていたからね…。

葵ステークス(重賞)2着

京都芝内1200m良 16頭1枠1番
1:08.0 33.9-34.1 M
12.1-10.8-11.0-11.0-11.2-11.9

重賞となった葵Sでも2着しているが、平均ペースで11秒前後を連続する競馬でもめどを立ててきている。大体同日の1000万下御池特別と互角レベルの内容だ。

1番枠からまずまずのスタート、押して押しての先行争いだがゴールドクイーンが速いので行かせて2列目の内ポケットで進めていく。3~4角でも2列目ポケットで進めて上手くついていって2番手で直線。序盤で単独の2番手からゴールドクイーンに追いすがるが少し離され1馬身半。L1まで食らいついて2着は同着も確保した。

ここでは4角出口から直線入りでうまくゴールドクイーンの後ろをとって最短距離で2列目から抜け出していたが、そこからの反応ではゴールドの方が良く、やや出し抜かれ気味。それでもL1では若干ではあるが差を詰めているし、外から来たトゥラヴェスーラを何とか同着に持ち込んでいるからね。うまく立ち回れたことと、フラットな流れでコーナーで11秒前後をという競馬でも大丈夫だったというのは良い材料。ダイアナヘイローと比較してもTS持続で優位に立てそうな感覚かな。どういう競馬でも対応できてしまっているのが強み。

2018セントウルステークスへの展望

今のところ充実期を迎えていると判断すべきかなと。アイビスや葵S、北九州記念と全て微妙に違った展開・コースの中で全て高いレベルで対応できている。息を入れてからL2で10.1とかなり速いラップを要求されたアイビスでも速度負けしなかった、加速もできていた。また前走の北九州記念では超高速で32.4で入っても35秒台まで落とさず、しっかりと後半も維持して34.5でまとめてきたのはかなり優秀な競馬だと思う。阪神1200でここまで速いペースというのはまずないし、主導権を取りやすいメンバー構成。ネロなんかは今は芝では行き脚がそこまで速くないし、ダイアナヘイローも休み明け以降はスタートも含めて良くない。多少ハイペースでも開幕週の阪神1200なら押し切れるだけの競馬をしてきているし、途中でコントロールしても要所で加速して抜け出す脚を持っている。下手に逆らえないな、という感じかな。あとはできれば少し外目の枠が望ましい。ダイアナやネロよりは少し外から3角手前で被せていく、或いは速ければ無理せず2列目で、という判断がしやすいからね。枠の並びは結構重要だと思う。ただ、2列目で包まれても3角で窮屈になって下げ切らなければ対応可能、現時点では信頼度が一番高い馬だとみている。アイビス組が2,3着だった北九州記念、アレスバローズがいない、叩き台のファインニードルということを考えてもここは中心としていいのかなと。本命候補の一頭。

【先週】9万9970円・5万2400円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
新潟2歳S(G3)も自信の◎○から絞って的中!
◎→○→穴で3連単1万5950円ズバリ!!
―――――――――――――――――――――――――

\\\\\\\\\\\\V////////////

京成杯AHの絞りに絞った3頭を教えます!!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

前走から一変必至の超穴馬もいるぞ!
―――――――――――――――――――――――
≪情報通りに決まれば3連単なら想定300倍!≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週≫夏競馬ラストも怒濤の万券ラッシュで締めた!
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌11R ◎コルコバード
3連単⇒9万9970円【的 中】
3連複⇒2万1050円【的 中】

―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]新潟1R ◎ガトン
3連単⇒5万2400円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌12R ◎ヴォカツィオーネ
3連単⇒3万0390円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月1日]小倉1R ◎ブルベアイリーデ
3連単⇒2万4920円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月1日]新潟2R ◎マイネルエキサイト
3連単⇒1万6640円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]小倉1R ◎ヴァニラアイス
3連単⇒1万1350円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌10R ◎ハッピーアワー
3連単⇒1万0090円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

情報通りに決まれば3連単なら想定300倍!

京成杯AHの『絞りに絞った3頭』を今すぐ無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。