競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

新潟記念 2018 出走予定馬:グリュイエール&戸崎騎手確定

time 2018/08/31

新潟記念 2018 出走予定馬:グリュイエール&戸崎騎手確定

第54回 新潟記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年9月2日()
コース:新潟芝外2000m

予想用・出走予定馬一覧

グリュイエール(戸崎騎手確定)

今年の府中ステークスでは2列目から抜け出しての勝利で屈腱炎を克服したグリュイエールが新潟記念に出走予定だ。素質は高いものを見せていながらも屈腱炎を発症し実に2年ほどの休養を余儀なくされた。それでもまだまだ戦えることを証明、新潟の舞台で苦節を力に変えて全てぶつけろ。

府中Sは少しかみ合った面はあるが、重馬場だったエプソムCの3着は頑張ったといえる。あとはこのメンバー構成で基礎スピード面が問われてどうか。2200の名古屋城Sではある程度流れた中でやれているから対応はしてきそうだし、前走より良い位置を取れればかな。エンジニアとの比較だと平均ペースでもやれるという点ではこちらの方がいい材料は多いが、絶対的なパフォーマンスだとそんなに差はないのでその点をどう考えるか。

府中ステークス(16下)1着

東京芝2000m良 12頭2枠2番
1:58.8 61.2-57.6 S^4
13.0-12.3-11.7-11.8-12.4-11.9-11.7-11.3-11.2-11.5

まずは2走前、屈腱炎からの復帰初戦となった府中S勝ちを振り返る。この時は超高速に近い馬場でペースは遅く3.6と超超スロー、そこからの5F戦で57.6と後半5Fはかなり速い。L1も11.5でまとめているが、瞬間的には最速11.2とそこまででもない。ロンスパ気味でポテンシャル+TS持続の両面を求められた感じ。

2番枠から好発を切って最内に寄せ、外の逃げ馬を行かせて離れた2列目の内、という感じ。少し掛かりながら進めるがドスローなのである程度仕方がない。それでも途中からは前にスペースを保ちながらにはコントロール。3~4角でもまだ手綱を引っ張るぐらいの感じで楽な手ごたえ、脚を温存しつつ直線。序盤でもまだ進路がなく壁、L2で外に出してからじわっと追い出されて半馬身差、L1で抜け出したところに外から各馬も食らいつくがこれをしっかりと退けての半馬身差の勝利。

まあ終始かかり気味だったのは気になるけど、それでも3~4角で最内ロスなく立ち回れたし枠もよくスタートである程度勝負を決められたというのはあるかな。後半のロンスパ的な競馬の中で良い位置から最後まで粘り切れたというのは大きいし、瞬間的な切れ味はそこまででもなかったがポテンシャル・TS持続の両面で底をみせずに後続の追撃を封じ切れたのは評価したい。このレース自体は結構ステイヤー色が強い競馬だとは思う。

エプソムC(GIII)3着

東京芝1800m重 16頭3枠5番
1:47.6(+0.2) 47.7-47.8 M
12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5

前走のエプソムCでは重馬場の平均ペース、という条件の中で中団からしぶとく脚を使っての3着。道中も比較的よどみなく進んでのL3最速戦。パワー型基礎スピードとポテンシャルの両面を問われた。

5番枠からまずまずのスタート、先行集団から最終的には狭くなったのもあって控えて中団。道中も平均でな流れていてその中で外に出して少し掛かり気味になりつつも3角へ。3~4角でも中団外から追走して直線。序盤で前を行くサトノアーサーを目標にしつつL2で外に出し一気に2番手まで上がってくる。L1で少し甘くなったところにハクサンルドルフの強襲を受けて3着。

ラストはサトノアーサーとの比較でも少し差が開いてしまったし、最後はしんどかったかなと。ただ力の要る馬場とはいえ1800の平均ペースの流れでしっかりと脚を引き出せたのは大きいかな。あれでも少し掛かり気味ではあったからね。むしろコントロールする意識が強くなりすぎないかどうか、という感じ。結局決め手ではハクサンルドルフに見劣ったわけだし、あまり位置取りが後ろ過ぎると難しくなるかも。このあたりが騎手にとっては課題になる。

名古屋城S(16下)1着

中京芝2200m良 10頭7枠8番
2:09.9R 59.0-59.2 M
12.8-11.1-11.2-11.9-12.0-11.7-11.9-12.6-11.4-11.4-11.9

屈腱炎発症前最後のレースとなった名古屋城Sを振り返る。このときはレコード勝ちを収めているように、馬場自体もかなり軽い状況。そのうえでペースも平均なのだがこれは単騎逃げ。離れた3番手の位置だと大体目視推定で60秒半ばぐらいで、実質的には明確にスローとみていいと思っている。後半がもっと早いはずなので、イメージ的には高速馬場でのポテンシャル戦という感じ。

8番枠から五分のスタート、そこからは様子を見ながら4番手の好位で進めていく。道中も前が飛ばしていく中で実質的な集団の先頭となっているキングストーンを見ながらの4番手で折り合って進めて3角。3~4角でも仕掛けを待ちつつ好位の外目から先に動いたキングストーンの後ろをとって4角で仕掛けて2番手で直線。序盤の段階で先頭に立ち、L1で外から強襲してくるザトゥルーエアーとの差もさほど詰めさせずの完勝だった。

高速馬場でロンスパという競馬で良さが出たという点では2走前の府中Sと同じだし、長く脚を使えるから前半ある程度ゆったり入っても後半で時計を詰めてくるのでレコードも出せちゃう、という感じ。新潟2000mでも後半で57秒ぐらいを出せれば60秒で入っても良いわけで、そういう競馬が名古屋城Sではある程度できていると思う。

2018新潟記念への展望

新潟記念の場合重要なのはある程度ポジションを取れるかどうかと、後半の末脚の絶対量のバランス、というイメージ。この馬はどちらも持っているので適性としてはかなり高いんじゃないかなと思っている。エンジニアとの比較だとスローでは府中Sの内容ならそこまで差はないんだけど、この馬の場合はエプソムCは重馬場とはいえ平均の流れで一定の脚を引き出せていること、3走前の名古屋城Sでは平均ペースを離れた好位で進めて自身はスローも、そこから長く脚を使ってレコード、というのはかなりいい材料だと思う。新潟2000は流れるとかなり時計が出やすいからね。外枠を引けたのも良いと思うんだが、これで折り合い面で怖がって必要以上に壁を求めて下げすぎると…というのはあるかな。それでもある程度末脚の絶対量はあるので対応してくるとは思うけど、瞬間的な切れ味で勝負するタイプではないのでそのうえでスローの流れになると苦しくなるかも。理想は全体的にもある程度流れてほしい。その点ではスローになった時にリスクが小さくない馬といえそう。今年は特にメンバー構成というよりはそこまで強気のレースメイクを騎手が多い印象。スローで折り合いを意識しすぎないかどうかだけ注意したい。59秒の流れに前目で乗っていければいいんだけどね。能力的には勝ち負けしていい馬で、もちろんブラストワンピースは手ごわいけど全体で流れた中でポジションをとって進められれば互角以上に戦えると思う。高速馬場巧者だとは思うので、金曜の雨がどこまで影響するか(馬場というより騎手の意識の面で)。勝ち負けできる絵は浮かぶが人気を裏切る絵も浮かぶので、色々な要素を絡めて最終的に判断したい馬。

【万券】先週の新潟2歳S(G3)も完全的中!
◎→○→穴で1万5950円ズバリ!!

―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■新潟記念も任せてください!■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

過去10年で1番人気は1勝のみ!
【新潟記念】今年も人気通りにはまず決まらない!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブラストワンピースを脅かす【超穴馬】今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪夏競馬も独占の超穴馬でヒット連発!≫
―――――――――――――――――――――――――
8月5日小倉2R【穴】アンティグラビティ(8人気)
3連単⇒7万4650円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
8月29日新潟4R【穴】ココスタイル(6人気)
3連単⇒6万1450円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
7月21日小倉2R【穴】クリーンファンキー(7人気)
3連単⇒5万5700円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜:新潟3R【穴】ヤマニンフォルツァ(9人気)
3連単⇒3万8310円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜:札幌8R【穴】ウインラナキラ(5人気)
3連単⇒2万3080円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜:小倉8R【穴】ファステンバーグ(6人気)
3連単⇒1万1990円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【新潟記念】は過去10年で1番人気は1勝のみ!
今年も人気通りにはまず決まらない!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪今すぐ無料で教えます≫

ブラストワンピースを脅かす【超穴馬】はこれだ!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。