競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

キーンランドカップ 2018 出走予定馬:ムーンクエイク&ルメール想定

time 2018/08/22

キーンランドカップ 2018 出走予定馬:ムーンクエイク&ルメール想定

第13回 キーンランドカップ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月26日()
コース:札幌芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ムーンクエイク(ルメール想定)

距離短縮となった京王杯スプリングカップで鮮やかに末脚を爆発させたムーンクエイクがキーンランドカップに出走予定だ。前走からさらに200mの短縮となるが、距離そのものよりも洋芝のタフな馬場でのスプリント戦がどう出るか。強敵も揃ったが、勢いはこの馬も見劣らない。夏の札幌から秋の中山を目指せるかに注目だ。

タイプ的にアドマイヤムーンの仔は高速馬場で後傾型、それもTS持続力を最大限に高めてくるタイプが多い印象。この馬も結局京王杯スプリングCではそういう流れになったことでインパクトのある末脚を引き出してきた。このあたりを考えると今の時計がかかる洋芝札幌で1200m、ハイペースで流れて末脚を削がれるリスクは考えないといけない。ただ、京王杯自体はそこそこ流れているのも事実だし、距離短縮で良さが出てきた面もある。使ってきているレースも少ないので決めつけないほうがいいかもしれない。

京王杯スプリングC(GII)1着

東京芝1400m良 18頭3枠5番
1:19.5R 34.2-34.1 M
12.3-10.9-11.0-11.2-11.2-11.2-11.7

まずは前走レコード勝ちを収めた京王杯スプリングCから振り返る。ペースは平均だが超高速馬場でラップ推移的にみてもわかるようによどみなく11秒前後を踏み続けてのL1の11.7。この馬としてはもちろん35.0-33.2と明確にスローバランスで走破しているが、ある程度前半の基礎スピードがないと難しかったのも事実かな。

5番枠から五分には出てそこから促されて追走、ある程度しっかりと流れに乗って中団ぐらいにつけてからコントロール、抑えつつも3角までに外目に出す。3~4角ではスピードに乗った状態でロスを作りつつもキャンベルジュニアの後ろから中団で直線。序盤で外からしぶとく伸びてはいるがまだ中団、L2で好位列から徐々に伸びて先に伸びていたキャンベルジュニアを追いすがる。L1で外から来たサトノアレスと共に前のキャンベルに襲い掛かり何とかとらえきった。

確かに強かったけど、直線での反応では先にキャンベルジュニアの方が伸びていたのは間違いない。直後で進めて流れも単調だったしスピードに乗った状態で直線に入ってきて、という流れでキャンベルが先に切れてL1のバテ差しで差し切ったという感じ。

ここからもアドマイヤムーン産駒っぽい感じはしていたかなと。高速馬場でトップスピードに乗ってからの持続力を超高速馬場で脚を温存して高めてきた。これまではマイル戦でもある程度出し切って良さが出ていたがスパッと切れてという感じではなかったし、それが11秒前後を連続する競馬でも維持することができたのがこの馬にとっては収穫だったかな。1400で流れた中でやれたのは事実だけど、超高速馬場なのでスローバランスで入れたというのはあると思う。これが力の要る馬場で消耗したときにどうか?というのはアドマイヤムーン産駒の不安材料にはなりかねないところ。

洛陽ステークス(OP)5着

京都芝外1600m稍 12頭7枠9番
1:36.4(+0.2) 47.3-48.9 H^2
12.5-11.4-11.7-11.7-11.8-12.3-11.8-13.0

2走前の落葉Sでは稍重で力の要るタフな馬場状態。ペースも1.6とかなりのハイだが、ラップ推移的にみても再加速はあるもののL1が13.0と落ちていて消耗戦。パワー型の基礎スピード勝負というところだろう。

9番枠から五分のスタート、そこからある程度ついていって前半は先行策、そこから掛かり気味になったので抑えて2列目外という感じ。3~4角でも仕掛けを待ちつつ、4角で先頭列の外からだが窮屈になって1列下げて直線。序盤の再加速の地点で置かれてしまって3列目ぐらいまで下がる。L1でジリジリとは食らいつくも、という感じで5着完敗。

内容的にはこの馬でやるべきではない乗り方だったかなとは思う。前半にあまり下手なことをさせたくないイメージで、ポジションをとっていって掛かってコントロールしながら3~4角で仕掛けを待つ形になったので要所で置かれるのが顕著だった。ラップ推移的にみてもそこまでの加速は問われていないのだが、3~4角でスピードに乗せていきたいところを外から動かれたり窮屈になったりで、あまりよい入り方ではなかったのも影響して直線入りで勝負を決められてしまったからね。前半はそこまでこだわらないけどエンジンがかかってからの良さを活かすためにも3~4角、仕掛けの前段階の要所地点でじわっとスピードに乗せていくイメージが欲しい。京王杯SCは流れた中ででもそれをやってL1バテ差しだったからね。

甲東特別(10下)1着

阪神芝外1600m良 9頭1枠1番
1:32.9 47.5-45.4 S^2
12.9-10.9-11.8-11.9-11.6-11.2-11.1-11.5

4走前の甲東特別の勝ちっぷりもこの馬のイメージ通りというところ。高速馬場でペースは2.1とかなりのスローからの4F勝負でL2最速。ただしL3でも11.2と速いラップを踏んでいるのと、阪神外回りはL3の4角地点から下り坂になるのでエンジンがかかりやすいのもある。このレースではL4から加速していて3角下りで勢いをつけて直線に入りやすいラップ推移といえるし、質的なものよりもTS持続を高いレベルで問われた。

1番枠から五分には出てそこから押して先行策、最終的には外のカイザーバルを行かせて番手でコントロールでペースはスローと理想的な展開。3~4角でも前のカイザーバルを泳がせながらスペースを保ちつつ仕掛けを待つ。4角下りで勢いに乗せていきながら前のスペースをじわっと詰めつつカイザーを追いかけて最短距離で直線。序盤でもまだ前にカイザーを置いて風よけ、途中で外に出してL1でしぶとく伸びきっての完勝。

TS持続が高い馬が3~4角で加速していく流れで最短距離を立ち回りながらも前にスペースがあり、直線までしっかりとエンジンをかけていけたからこそ置かれず伸びてきたし、L1で突き抜けるTS持続を引き出しての圧勝だった。こういう競馬ができれば理想だと思うし、マイル戦線ではこうやって前半は余力を残し、後半は出し切れる形で結果を出してきた。

2018キーンランドカップへの展望

やっぱり洋芝の1200ってのは気になるのは確か。京王杯SCにしても甲南特別、長岡京Sも含めて基本は前半ゆったりと進めての後半のTS持続で、というパターンで結果を出してきている。また高いパフォーマンスは高速馬場でTS持続を最大限に高めてきて、という展開でのもの。高速馬場の方がいいと思うし、1200でタフな馬場で33秒台の前半で、となるとリスクは小さくないだろう。ただし、やはり侮れない面があるのも事実。前走の京王杯SCは1400とはいえ終始11秒前後のラップを踏んでよどみない中でも脚を使えたからね。それでも力の要る馬場よりは少なくとも1400~マイルでは高速馬場の方がいい。パワー型でペースが上がって強いスプリンターが多い中で、後ろからばて差したとしてどこまで来れるか?という感覚かな。現状では最低限の押さえまでにとどめたいところ。

―――――――――――――――――――――――――
【キーンランドC】◎-穴の馬連1点【無料公開】
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年のキーンランドCも◎-穴で仕留めた!

[1着]エポワス(12番人気)[2着]ソルヴェイグ

【馬 連】4570円【【的 中】】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年も勝つ馬はすでに見えている!

さらに相手も『ほぼ1点』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≪波乱必至のキーンランドC≫

キーンランドC『◎-穴の馬連1点』無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――
先週も馬連2万馬券など高配当連発!
まだまだ『儲かる夏競馬』は終わらない!
―――――――――――――――――――――――――
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

先週日曜【新潟8R】
馬連《2万0800円》3連複《2万0540円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【新潟6R】 3連単《1万5580円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【札幌9R】 3連単《3万9820円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週土曜【札幌11R】3連単《1万3160円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【新潟10R】3連単《1万1990円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週土曜【小倉8R】 3連複《1万0430円》的中
―――――――――――――――――――――――――
その他にも的中多数!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
―――――――――――――――――――――――――

▼今週末のキーンランドCも絶対に見逃せない!▼

1番人気は現在6連敗中!
レッツゴードンキで本当に大丈夫?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◎◎◎昨年以上の大回収も十分あるぞ!!◎◎◎
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

キーンランドC『◎-穴の馬連1点』無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。