競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

札幌記念 2018 出走予定馬:ネオリアリズム&モレイラ確定

time 2018/08/17

札幌記念 2018 出走予定馬:ネオリアリズム&モレイラ確定

第54回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ネオリアリズム(モレイラ確定)

一昨年の札幌記念ではモーリス・レインボーラインというGI級の馬を撃破したネオリアリズムが札幌記念に出走予定だ。近走は少し物足りない結果が続いてしまっているが、昨年のクイーンエリザベスカップ、中山記念を制すなど実力は折り紙付き。日本への移籍を目指す世界の名手ジョアン・モレイラとのコンビで札幌を席巻せよ。

力は確かだと思うけど、確かに近走は少し物足りない面もあるので良いころの出来にあるのかどうか?というのが第一に来る。前走のドバイに関しては展開が合わなかったし、力の要る札幌はプラス。全盛期にあればここはトップレベルの馬なのは間違いない。

札幌記念(GII)1着

札幌芝2000m稍 16頭7枠13番
2:01.7 59.9-61.8 H^2
12.7-10.9-12.0-12.2-12.1-12.2-12.7-12.5-12.1-12.3

敢えて一昨年の札幌記念から振り返る。この時は稍重でも結構時計が掛かっていて、力の要る馬場状態。ペースが速く1.9でかなりのハイ、そこからのL4-3-2と加速していく形。パワー型の基礎スピードで厳しい流れに持ち込んでの一足勝負となっている。

13番枠から五分には出たという感じ。そこから促して思い切ってハナを主張し取り切る。そこからもペースを落ち着けずにハイペースで支配して縦長に持ち込んでいく。3角辺りで少しペースダウンしてここで後続が差を詰めてくる。しかしここから徐々に加速、4角出口で一気に2列目を出し抜いて3馬身差ぐらいで直線。序盤で勝負を決め、L1でモーリス、レインボーラインが食い込んでくるがしっかりと2馬身差を保っての完勝。

この札幌記念で良かったところは力の要る馬場でもしっかりとペースを引き上げて後続に脚を使わせることができたという点。つまり前半のパワー型基礎スピード面で高いレベルのものを見せることができたと。そこで少し息を入れてから加速する余力を持っていたわけで、やはり基本的には前半からタイトにというのが基本ではあると思う。

香港カップ(GI)3着

シャティン芝2000m良 12頭1番枠
2:02.23 64.17-58.06 S^5
26.27-25.12-24.37-23.79-22.08

昨年の香港カップでは3着に敗れた。この時はペースが極端に遅く5秒近いドスロー。ラップ推移的にもL4-3区間ですらFAで11.9なので相当遅く、そこからの2F戦、つまり直線2F戦といってしまっていいと思う。

1番枠から好発を切って先行争いに加わっていくが、先行争いで中途半端になって2角過ぎで下げる形になる。そこからは折り合いでかなり苦労し首を上げながら3角へ。3~4角でもペースが上がらずじっと我慢を強いられて2列目ポケットで直線。序盤で追い出されるがスマートレイアーに蓋をされて外に出せないうちに前のタイムワープに抜け出される。L1ではスペースがあったもののそこからの伸びがなく3着を死守するのがやっと。

パフォーマンスを落としていると思うが、ひとまずタイムワープにこういう形で支配されては難しかったと思う。正直に言えば昨年のモレイラはモレイラ比較であまり乗れていない印象だったし、ここでハナを取らない…迷いがあったというのが結果的に響いてしまった感じはある。内枠だと向こう正面までに前に入られては動けないからね。そこまで結構長い期間があったが決断できなかったのは鞍上のミスだと思う。まあ陣営から逃げないでくれという指示があった可能性はあるが。ここまでドスローで直線勝負になるとタイムワープのギアチェンジ・トップスピードの質の両面で見劣ったし、こちらも掛かりながらになったのが要所の反応で影響した可能性が高い。

ドバイターフ(GI)8着

メイダン芝1800m良 15頭2番枠
1:47.90 47.55-47.12 M
14.02-11.20-11.11-11.22-11.35-11.63-11.91-11.67-11.91

前走のドバイターフは恐らくシンプルに1800の基礎スピード戦で前半~中盤で脚を使い果たしてしまった感じかなと思う。ペースは平均だが日本式なら46.5-47.1ぐらいなのでかなり流れているし、中盤で11秒台前半を連続しているのは大きかったかも。

2番枠からまずまずのスタートを切って先行争いに加わっていく。ハナを狙うかというところで下げようとコントロールしようといたが難しく、2列目のポケットで前に壁を作る形で折合重視。ただしそれでも掛かりながらの競馬となって3角。3~4角で3列目の内内に下がって直線。序盤でそこから追い出されるが反応できずに徐々に後退。そのまま完敗だった。

正直ここまでペースも流れている中で掛かって前目となってしまうと難しい。モレイラはちょっとかみ合ってないなというところがあったし、正直に言えば逃げられないから抑え込むしかないのか?という感じの競馬の仕方だったようにも思える。もちろんペース次第だし、今回は速かったので下げる選択もありだったがコントロールの難しさを露呈させてしまったかな。

2018札幌記念への展望

札幌記念を勝った時の感じからも力の要る馬場の2000でペースを引き上げて良さが出たのはある。また別にスローでも要所で動けるし、そのままL1まで良い脚を維持できる馬で中山記念を勝った時はサクラアンプルールの一足に対してしっかりとL1で優位性をとっての勝利。この辺からも別にスローでもロンスパから2段階加速ということ自体は問題ない。極端なトップスピード戦は合わないが、力の要る馬場なら末脚を引き出せる条件が広い、という感じで良いかな。また今回はマイスタイルやマルターズアポジーがいるので、恐らくある程度は流れる可能性が高いし、ハイペースまであり得るメンツ。それならハナを取らなくても折り合い面で苦しむこの馬にとっては楽かなと。またそれだけの逃げ馬が揃っているので序盤から積極的にポジションをとっていけるのは良い。材料は揃ってきたが、不安としてはやはりド不良だったとはいえ天皇賞秋がいまいちだった。あの時は64.2-64.1で平均なのでそこまで悪くない流れだったが直線でイマイチだった。この辺が引っかかるポイントではあるかな。モレイラ人気しそうだけど、流れとしてはこの馬にとっては良い条件となりそう。怖い馬で枠も中目と結構いいところ。押さえは欲しいかな。場合によっては単穴まで考えたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
札幌記念(G2) 鉄板3点勝負

プロ集団がこう宣言!
「8月の重賞で一番の自信度」
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

8/5 アイビスSD 10万2870円的中!
8/4 小倉12R   2万3950円的中!
7/29 新潟10R 8万5980円的中!
7/28 新潟11R   4万1200円的中!
7/22 中京12R 1万5210円的中!
7/21 中京10R   1万4210円的中!
7/15 中京12R   3万7360円的中!
7/14 中京6R   4万9460円的中!
7/8 函館6R   6万6660円的中!

札幌記念の3点を無料で見る方法

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。