競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

北九州記念 2018 出走予定馬:アレスバローズ&菱田想定

time 2018/08/16

北九州記念 2018 出走予定馬:アレスバローズ&菱田想定

第53回 北九州記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:小倉芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

アレスバローズ(菱田想定)

前走のCBC賞では中団からしぶとく脚を引き出してうれしい重賞初制覇を成し遂げたアレスバローズが北九州記念に出走予定だ。今年も末脚を発揮しつつもなかなか届かない競馬が続いていたが、ハイペースでようやく炸裂しきった。この勢いで小倉も制し、サマースプリントチャンピオンに王手となるか。

超高速馬場のハイペースで末脚を出し切れたというのは小倉の1200、北九州記念という舞台を考えれば当然好材料になる。小倉1200でも流れに乗れればというところはあるかな。ただ不安定な馬なので、多少ロスがあっても前走みたいに出し切れれば。菱田に替わるのは正直プラスとはいいがたいが…。

CBC賞(GIII)1着

中京芝1200m良 18頭4枠8番
1:07.0 32.7-34.3 H^2
11.9-10.3-10.5-10.9-11.5-11.9

まずは前走のCBC賞から振り返る。超高速馬場の中京でペースは御覧の通り1.6と超ハイペース。ラップ推移的にも10秒台を4角まで刻んで直線ではL2-1と11.5-11.9と減速ラップ。

8番枠から五分のスタートを切って積極的に追走して流れに乗って中団の外につける。3~4角でも中団馬群の中目から直線で外に持ち出す。序盤で外から追い出されてじりじりと伸びて2列目に、L1で前2頭を楽にとらえてしぶとく抜け出しての完勝。

基礎スピードが高いレベルで問われた中で五分のスタートから意識的に追走して脚を使った。それでも最後までしっかりと長くトップスピードを維持してきたし、時計的にも大幅に詰められたのはかなりの収穫だったと思う。もちろんいいスタートを切れたことと、前のスペースをしっかりと押し上げることができたのは恵まれた面もあるし、枠次第では包まれて動けないケースもあるのでその辺りは注意したい。

鞍馬ステークス(OP)5着

京都芝内1200m良 15頭4枠7番
1:08.3(+0.3) 34.4-33.6 S^1
12.4-10.9-11.1-11.0-11.2-11.4

2走前の鞍馬Sでは京都1200でよくあるペースが上がらず後半のトップスピードの質勝負になってしまった。ペースは0.8でややスロー、ラップ推移的にもL3最速戦でL1が11.4とあまり落ちていないので、もちろん前半のポジショニングが一番だが後半はトップスピードの質を高いレベルで問われているのは間違いないだろうと。

7番枠から出負けして最後方からの競馬となってしまう。道中も最後方のうちで進めて3角。3角ではまだ内目を通して徐々に遠心力で外に誘導して出口で大外。序盤で最後方列に取り付いてそこからL1で中団を切り裂き一気に伸びてくるがさすがに届かず5着まで。

ここではゲートの拙さを露呈させてしまって、流石にあの位置から差すのはよほどのトップスピードの質・持続力の両面を持ち合わせてないと難しい。L1まで伸びてきたし、L2の地点でもそれなりに脚を使っている、また3角はともかく4角ではロスがあったしここが最速地点なので、まあ絶対量的には流石というものを見せていたといえるかなと。この辺から少しパフォーマンスを上げてきていたかもしれない。この時点ではわからなかったけど。

春雷ステークス(OP)4着

中山芝外1200m良 16頭1枠2番
1:07.7(+0.3) 32.9-34.5 H^2
11.8-10.2-10.9-11.3-11.4-11.8

3走前の春雷Sでは内枠の中でハイペースでもポジションを取れずに少し苦労した感じになった。一応中団だが後方グループに近いところまで下げてコントロールしてという感じだったし3~4角でもワンテンポ仕掛けが遅れた感じになってしまったかな。

2番枠からやや出負け、内枠でスペースがなく後方に下げてからの競馬になる。そこから掛かり気味になってポジションを下げる競馬で3角。3~4角でも後方に近いところで中目を追走して直線。序盤で外に出してからの伸びは流石も、L1まで決定的には伸びきれずの4着完敗だった。

これは流石にもうちょっと前をとるチャンスはあったと思うけど、内枠だと出が悪い中でポジションをとるというのがなかなか難しくて、脚は使うけど…という典型的な例になる。基本ゲートに依存するところはあるし、そのうえで押し上げてスピードに乗っていけるかどうか、というところかな。

2018北九州記念への展望

ハイペース自体は問題ないし、時計的にも前走ぐらいやれればここでは問題ない。ただし、やはりスピードに乗っていくだけのスペースを前半に持てるかどうかだと思う。後傾型の競馬になると悪くはないが3~4角で外からとなるとL1で突っ込み切るだけの競馬はできてないし、このメンツだとやはり3角までの段階で良い位置まで押し上げていけるかどうかはカギ。北九州記念の場合はペース自体は上がりやすいし、縦長になりやすいので本来ならこの馬としてはレースがしやすい。ただやっぱりゲートを出てみないと流れや隊列は読めない部分はあるので、ゲートが不安定というのはマイナスだし、仕掛けを待って我慢してという感じになりがちな菱田でとなると?というのはあるかな。前走ぐらいの積極性は欲しい。出し切れれば1番の馬なので詰まったりスペースがなく極端に後ろからとかにならなければ…とは思うけど、個人的に菱田というのは良い材料とは言えないので悩んでいるところ。

―――――――――――――――――――――――――
【北九州記念】この3頭で高配当を掴め!
―――――――――――――――――――――――――

昨年は14番人気をスクープして馬連万馬券的中!

第52回北九州記念(G3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ダイアナヘイロー (3人気)
穴ナリタスターワン(14人気)

【馬 連】1万5940円【的 中】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪≪3連単は想定500倍!≫≫

北九州記念の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎年人気通りにはまず決まらない!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年も波乱必至のハンデ重賞=北九州記念(G3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■最近5年だけでも毎年のように超伏兵が激走!■■
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・2017年 ナリタスターワン (14番人気2着)
・2017年 ラインスピリット (15番人気3着)
・2016年 バクシンテイオー (8番人気1着)
・2014年 メイショウイザヨイ(13番人気2着)
・2014年 カイシュウコロンボ(17番人気3着)
・2013年 ツルマルレオン  (6番人気1着)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年も激走する超穴馬がいるぞ!

北九州記念の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。