競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

札幌記念 2018 出走予定馬:ミッキースワロー&横山典想定

time 2018/08/14

札幌記念 2018 出走予定馬:ミッキースワロー&横山典想定

第54回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ミッキースワロー(横山典想定)

強烈な末脚を武器にセントライト記念では皐月賞馬アルアインを撃破したミッキースワローが札幌記念に出走予定だ。それ以降はまだ勝ち切れていないもののアメリカジョッキークラブカップでは2着と存在感は見せている。札幌2000mの舞台でもしっかりと鋭さを発揮できるか?

タイプ的にはペースに依存する可能性が高いね。基本は緩い流れで高速馬場の中で切れる脚を最大限に引き出したい馬。分散してしまうとそこで脚を削がれて爆発的なキレを引き出せないし、TS持続、ポテンシャルはともに物足りないからその辺をどう考えるかだろう。

セントライト記念(GII)1着

中山芝外2200m良 15頭3枠5番
2:12.7 61.8-58.1 S^4
12.3-11.1-12.4-13.1-12.9-12.8-12.1-12.0-11.7-11.3-11.0

やはり4走前のセントライト記念からかな。ペースは3.7で超超スロー、ラップ推移的にみても特異なのはL1最速で坂の上り地点での11.0という点だろう。超高速馬場で一応段階的に加速しているが上がり切ってないのでL1最速という特殊な競馬になったと思う。いずれにせよ直線で切れないと勝つのは難しいレースだったと。

5番枠から五分のスタート、そこからある程度促されるが中団馬群の中でまずは進めていく。ただ1~2角でもある程度促して入って2角過ぎには好位の中目までポジションを上げていく。3角で外からクリンチャーが動いていったのでアルアインらもある程度進出もここでは3列目の内目で我慢、4角出口で促してアルアインの後ろから直線。序盤でそこから外目に進路をとってL1でアルアインの後ろからスパッと切れて突き抜けた。

この馬の良さが凝縮した一戦だったと思う。このレースはL1の坂の上り地点が最速ラップになっているが、ここでレースラップ的に11.0となる。ただこの馬はL1に入った段階ではまだ前との差が2馬身近くはあったわけで、それを差し切ってきたのだから10秒台は確定。恐らく10.7~10.8ぐらいの脚をラストで使ってきている。この馬は軽い馬場の中で余力を残してそれをトップスピードの質につなげてくるタイプだと思う。高速馬場適性が高いというのは馬場が軽い方が最大限に切れ味を引き出すことができるから、という感じ。

AJCC(GII)2着

中山芝外2200m良 11頭3枠3番
2:13.6(+0.3) 61.3-60.0 S^1
12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1

一方である程度全体で流れたうえでの4Fのポテンシャル戦となったAJCCでは悪くはないもののダンビュライトに完敗だった。ペースは1.3でスローも現実的なライン。ラップ推移的にはL4最速タイで11.8とトップスピードを要求されないロンスパ気味のポテンシャル戦。

3番枠からやや出負けして後方からの競馬となる。そのまま外に出して1~2角を回していく。向こう正面で前2頭がかなり離した状態なので流石に動かざるを得ない感じで3角手前で外から動いて好位列。そのまま3~4角で前がペースをじわっと引き上げる中で外々からロスがありながらも差を詰めていく。4角では単独の3番手に上がって内に切り込んでロスは少ない状態で3番手、3馬身半ほどで直線。序盤で外に出して追い出されるが地味。L1でもじりじりとは来るがそれでもマイネルミラノを捕え切って2着確保まで。

まあ流れを考えたときに前も3角以降ペースを引き揚げている中で3角で外から動いているのでロスは少なくはない。ただ4角地点では最内を通せていたし、それでもL1で伸びきれなかったとなるとやはりポテンシャル面はそこまででもないのかなという感じはある。分散する形は好ましくないと思うし、時計がかかる中でこのペースで3角から動いてしまうとなかなか瞬間的な切れ味を引き出すというのは難しい。

大阪杯(GII)5着

阪神芝内2000m良 16頭1枠1番
1:58.7(+0.5) 61.1-57.1 S^4
12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

前走の大阪杯はドスローのトップスピード戦…ではあるのだが、セントライト記念との決定的な違いはL3最速で11.1、L4でも11.2と非常に仕掛けが早かったという点にある。

1番枠からまずまずのスタート、そこからの二の足がいまいちで包まれて後方からの競馬になってしまう。道中もどこかで外に出したかったがペースが上がらないのでそのスペースがなく我慢。向こう正面で外からようやくトリオンフやスワーヴリチャードが上がっていったので外に出して進出。3~4角では既にペースが上がり切ってしまった中で外から脚を使ってサトノダイヤモンドの後ろから中団に取り付いて直線。序盤ですっと伸びてこの地点での脚色は悪くないがL1の手前から徐々に甘くなり最後はなだれ込むまでの5着完敗。

まあ思ったよりは長く脚を使ってきたとは思うが、それでも出し切ってしまうと難しいなというのは感じた。3角でスワーヴらが押し上げてここで一気にペースが上がったし、そこからの外からの押し上げとなるとかなりロスがあるのでそれを考えると同じような競馬のサトノダイヤモンド辺りとは決定的な差を見せた。3~4角でロスがあった中では一番の競馬をしているのでそこは評価したいが、それで決定的にL1で食い込めるほどのTS持続はないし、やはり基本的にはもう少し分散せず集中して速いラップを要求されたほうがいいだろう。

2018札幌記念への展望

ここはいろいろな成長が求められる一戦となる。まずベストバウトはやはりセントライト記念で、超高速馬場でスローの中、全体的な仕掛けが遅いという流れでのL1の鋭さ、10秒台の切れ味である。直線でのトップスピードの質を問われたケースで強いのはこれまで見せている通り。一方で、トップスピード戦でも仕掛けが早くコーナーで速いラップを踏んだ大阪杯では悪くはないもののやはりL1で食い込むほどのTS持続は見せられなかった。またある程度ペースが上がっていたAJCCではこれも直線で前との差を決定的に詰めるほどのポテンシャルをみせられたとはいいがたい。トップスピード戦向きの競馬を続けているのはあるので、札幌の2000が合うのか?といわれると微妙。それに大阪杯は強かった5着にせよ超高速馬場、セントライト記念も超高速馬場に依るところで、今の段階ではこの時期の時計が標準には掛かる札幌の2000が合うのか?も不安材料となる。先週の段階ではまだそこまで重いとは思わない、標準ぐらいの馬場だとは思っているけど、トップスピードが要求されることはあまり考えにくい。そもそもゲートが下手な馬で流れに乗れない馬だし、個人的にはここでは狙いを下げて入るべきかなと感じている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 札幌記念(G2)>

自信のペナルティ付き!もし、この
札幌記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏競馬期間中において唯一のG2競走(JRA)となる札幌記念。GI戦線に向けての始動戦としてトップホースが出走するケースも多く、一昨年はGI馬モーリスが参戦し札幌のファンを沸かせた札幌の名物重賞。

今年は一昨年昨年の覇者ネオリアリズムがモレイラ騎手とのコンビで参戦。他にもマカヒキ、モズカッチャンといったGIホースや、ミッキースワロー、サングレーザー、ゴーフォザサミットなどが出走するなど豪華メンバーが揃う。競馬セブンでは現地情報班から、とある陣営の勝負駆け情報を独占入手!あの騎手と厩舎サイドから勝利宣言が出されている確勝使いの勝負情報!紙面上には絶対に載らない裏ネタを競馬セブンは入手済!

競馬セブンでは、真夏の重賞競走も函館SS【3090円的中】、プロキオンS【馬連2750的中】、中京記念【2万5980円的中】、アイビスSD【1020円的中】、クイーンS【1610円的中】、小倉記念【1万0700円的中】や、春のGIグランプリレース宝塚記念【馬連9200円的中】などをお届け!今週の札幌記念にも強力情報馬が出走致しますので大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『札幌記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 札幌記念(G2)>

自信のペナルティ付き!もし、この
札幌記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。