競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関屋記念 2018 出走予定馬:エイシンティンクル&和田竜想定

time 2018/08/07

関屋記念 2018 出走予定馬:エイシンティンクル&和田竜想定

第53回 関屋記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月12日()
コース:新潟芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

エイシンティンクル(和田竜想定)

ここ2走が1000万下、準OPと連勝、エイシンヒカリの全妹エイシンティンクルが関屋記念に出走予定だ。前走の豊明ステークスでは重馬場の中京1400mで消耗戦になりながらもこれまでにない好位からの競馬で結果を出してきた。兄も大器晩成、遅れてきた大器が夏の新潟で開花となるか。

2走前の小豆島特別勝ちの内容が良かったし、インディチャンプは結構強い馬だと思っているのでその点でも何とか踏ん張り切った点は評価したいかな。

小豆島特別(10下)1着

阪神芝外1600m良 9頭6枠6番
1:32.0 46.5-45.5 S^1
12.9-10.9-11.3-11.4-11.5-10.9-11.0-12.1

2走前の小豆島特別ではこの馬らしい競馬でインディチャンプをねじ伏せた。超高速馬場でペースはややスローだがそれでも800通過で46.5とそこそこの流れに持ち込んでしっかりと後半4Fを45.5でまとめていた。

6番枠から好発を切って楽にハナを主張する。そこからもペースを大きく落とさずにある程度の流れに持ち込んで3角へ。3角では3馬身ほどのリードを保ちながら、4角で仕掛けを待たずに馬なりでペースを引き上げて差を広げて直線。序盤で3馬身半差あった差が流石に少し詰まって1馬身半差ぐらいに。L1で外からしぶとく伸びてくるインディチャンプに対してしぶとく踏ん張り、何とかしのぎ切っての勝利。

3着以下は完封しているし、L3で10.9と最速ラップを踏んで仕掛けの早い展開に持ち込みながらも粘り切ったというのはやはり評価したい。前半を46.5、後半を45.5というラップを自ら踏んで1:32.0と好時計を逃げてたたき出してきたというのはなかなか難しいことで、こういう競馬ができたのは新潟1600m戦に向けてはかなりいい材料だと思う。ただし、この時点では基本的に逃げて自分の競馬に持ち込めないともろい面があった。

豊明ステークス(16下)1着

中京芝1400m重 15頭7枠13番
1:20.8 33.4-35.8 H^3
12.0-10.4-11.0-11.6-11.8-11.7-12.3

前走の豊明Sでは1400で重馬場、消耗戦と特殊な流れではあったにせよこれまでの逃げ一辺倒の競馬からの脱却を見せることはできた。ペースは2.4で超ハイ、ラップ推移的にも後半は11秒台半ば~12.3まで落とす形で消耗度合いはきつい。パワー型の基礎スピードを要求されたといっていいだろう。

13番枠からまずまずのスタート、内の各馬が速い中で最初は好位の外で進めていく。3~4角でも好位の外から徐々に2列目の外まで押し上げながら直線に入っていく。序盤で馬場の良い大外に持ち出して先頭列から半馬身ほど抜け出し先頭。L1で内から伸びてきたレインボーフラッグが手ごわいがこれをしっかりと競り落とした。

兄も結果的に力の要る本場の洋芝で結果を出したが、この馬も重馬場でパワーがある程度要求された中での消耗戦で結果を出してきたのかなと。1400の基礎スピード戦でやれたのは重馬場の影響があるかなとは思うし、そこで各馬消耗する中でしぶとく伸びきれた感じ。個人的には高速馬場の1400だったら流石にあのままポジションで苦労していたかなという感じはしている。

糺の森特別(10下)3着

京都芝外1800m良 10頭8枠10番
1:46.7(+0.1) 47.7-47.2 M
12.8-11.1-11.6-12.2-11.7-11.5-11.6-11.7-12.4

3走前の糺の森特別では平均ペースに持ち込んだがラストで甘くなっての3着惜敗。結構強敵が揃っていたと思うが、ペースはこれでよかったにせよ5F戦でL4最速という仕掛け、ポテンシャル戦となったことも多少影響したかもしれないし、馬体減を立て直しての休み明け初戦というのも多少はあったかも。

10番枠からやや出負けしたが外枠でもありそこから立て直してしっかりと二の足で主張、ハナを取り切る。道中も稍短期気味に進めながら、3角の坂の上りでペースを上げるぐらいの感じで3角に入る。そのまま3角下り地点のL4で最速ラップを踏んでリードも大きく広げて5~6馬身差、4角では流石に後続も仕掛けてきて少し差が詰まって直線。序盤で3馬身ちょっとの差があったがこれがL1の地点で2馬身差に詰まる。L1でも踏ん張っていたが最後はエマノンらに差されて大勢不利の3着。

ここでは平均ペースでレースを作っていたんだが、流石にこの馬にとって後半にポテンシャル戦に持ち込んだのが良かったのかは正直今となっては疑問がある。もちろん結構際どいところまで踏ん張れているし、個人的には馬の能力が楽しみな時にこうやって馬の力の限界を試すというような乗り方は好き。だけど、結果としてみたときに、ベストといっていい小豆島特別でもL3最速で4角10.9と速いラップを踏んで踏ん張り切ったこと、前走1400の重馬場とはいえハイペースで強かったことを考えると、1800であのペースは悪くなかったと思う。仕掛けのタイミングが流石に3画の上りからでは早くて、この感じだとエイシンヒカリよりもどちらかというとマイル色が強いかもしれないなと。

2018関屋記念への展望

まず前提として関屋記念で問われるのは前半46秒から後半46秒ぐらいで、トータルで32秒前後でまとめる能力があるかどうかが重要になる。この馬の場合超高速馬場だったとはいえ2走前の小豆島特別で46.5で入って後半しっかりと45.5、45秒台半ばまで入れてきている。31秒台へのめどは立てているといえる。逃げて32秒の壁を破るのは超高速馬場といっても難しいし、それをややスローで走れていれば少なくともウインガニオンやヤングマンパワー、ショウナンアンセムといった先行勢と比べても引けを全くとらないといえる。また1400では重馬場とはいえハイペースでやれているので、流れが多少早くなったとしてもそう心配はないし、関屋記念の傾向的にもよほど雨でも降らなければ顕著にハイということはないだろう。1秒程度ならこなせると思う。加えてこの馬自身前走でしっかりと逃げなくてもいい、ということを証明できた。実際逃げたほうがいいかもしれないが、陣営側としてそういう結果が出たことで序盤の選択肢の幅が広がったのは大きい。もちろん逃げ馬候補の中で一番前半ある程度作りたいタイプの馬はこの馬だと思うし、楽に行ければ言うことはない。上昇度は侮れないし時計的にもラップ的にも詰めてきている。軽視は禁物かな。出来れば少し外目の枠の方がいい。二の足が速く行き切れる可能性が高くなるからね。ウインガニオンより外からスーッとカットするように入ってしまえば主導権を取りやすい。そういう条件がかみ合えば重い印も。

『儲かる夏競馬』真っ最中!
―――――――――――――――――――――――――
【先 週】8人気の衝撃◎から⇒7万4650円的中!
【先々週】6番人気を大本線に⇒6万0150円的中!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の関屋記念(G3)も一獲千金の大チャンス!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

10万円馬券以上もありえる
関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関屋記念といえば真夏の超ドル箱重賞】

《2015年》10万9570円・2万5190円的中
《16年》5340円的中 《13年》2620円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

昨年も1番人気がメートルダールが敗れて
3連単は13万馬券の波乱決着!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

情報通りなら3連単は10万馬券以上も!
―――――――――――――――――――――――――

今年波乱の主役はアノ馬だ!

関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。