競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉記念 2018 出走予定馬:サトノクロニクル&M.デムーロ確定

time 2018/08/03

小倉記念 2018 出走予定馬:サトノクロニクル&M.デムーロ確定

第54回 小倉記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:小倉芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

サトノクロニクル(M.デムーロ確定)

昨年のチャレンジカップで重賞初制覇、今年は阪神大賞典でも2着と結果を残したサトノクロニクルが小倉記念に出走予定だ。前走の天皇賞春では勝負に行って甘くなっての12着、そこからの休み明け初戦でどこまでやれるかが一つのカギ。ここで結果を残して秋のGI戦線につなげたい。

チャレンジCの内容からは比較的ロンスパ適性が高いとは思っているし、阪神大賞典でも結果が出ているように多分ステイヤー型だろうと思う。2000の時計勝負、前半から速くなるとちょっと不安はあるんだが、それでも今回のメンツならそこまで厳しい流れになるか?というのはあるし、そんなに気にしなくてもいいか。あとはシンプルに力関係がどうか。

チャレンジカップ(GIII)1着

阪神芝内2000m良 12頭3枠3番
1:58.6 59.9-58.7 S^1
12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1

まずは4走前のチャレンジCから振り返る。ペースは1.2でややスロー、かなりの高速馬場状態で後半の6Fロンスパという流れで結果を出してきた。

3番枠から五分のスタート、そこからある程度追走しつつ好位の中目でまずは入っていく。道中も無理なく好位を進め、向こう正面でのペースアップで促しながらついていって3角。3~4角では2列目の内から4角で進路をうまくマイネルミラノの後ろをとってロスなく先頭列に近い位置。序盤でしぶとく抜け出し外から食い込んでくるデニムアンドルビーらの追撃は振り切った。

この一戦は強かったけど、結局はロンスパでコーナーでもある程度早い流れを踏んでいた中、開幕週で内有利の中で内を立ち回って粘り込んだ、というのは一つある。それとレースレベル的にみても衰えていたデニムアンドルビーやモンドインテロレベルに苦戦したともいえるし、ブレスジャーニーのその後も物足りない。あまり高く評価するのは危険かな?という感じはしている。

天皇賞春(GI)12着

京都芝外3200m良 17頭5枠10番
3:17.5 60.1-75.5(FA12.58)-60.6 M
13.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.4

阪神大賞典ではやれたけど天皇賞春では甘くなった。全体のペースが平均で流れていたが、それは阪神大賞典も同じでどちらかというと3~4角でペースがそこまで上がらずL2で11.4と結構な加速を問われたことが大きいかもしれない。

10番枠から出負けして後方からのスタートとなる。道中も特に無理はせずに後方で進めて動かず。前のヤマカツライデンが単騎逃げの流れで、向こう正面の地点で外から他よりワンテンポ先にじわっと促して仕掛け、押し上げていく。3~4角ではまだそこまでペースが上がっていないがここで好位列の中目に入って手が激しく動く。4角で鞭も入って必死に食らいつこうとするが前が加速していく流れに置かれながら直線。序盤で挟まれて3列目に下がって、そこから抵抗できずの完敗だった。

この馬はもともとコーナーで動くのが苦手な馬で、阪神大賞典の場合は後半での加速がほとんど要求されなかったのもあったと思う。この天皇賞春ではL2で最速ラップを踏んでいてコーナー地点では12秒台。向こう正面で押し上げたけど3角では前に壁を置いてロスなくの意識を持っていたがペース自体が上がらず、加速させるのに苦労していた感じはするかな。距離自体は3200まで行くとどうか?というのはあるけど3000では強かったのも確かでレースレベル的にみてどちらがいいのかは微妙に長距離かなという感じはする。

ラジオNIKKEI賞(GIII)6着

福島芝1800m良 12頭5枠6番
1:47.3(+0.7) 47.5-47.1 M
12.6 – 10.9 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.9 – 11.6 – 11.9

中距離の基礎スピード戦としてはラジニケ賞がちょうどいいかな。1800で少し短かったのもあるかもだが、ペースは平均からの4F戦。さほど淀みもなくL3-2で少し加速があったのも響いたかもだが、それでも速いラップは問われず後半はポテンシャル戦には違いない。

6番枠から五分のスタート、促しながら先行争いに加わりつつ好位。道中も好位の中目で進めながら3角で手が動いて追走。3~4角で手が動いているが反応で少し苦労し鞭が入るも3列目で直線。序盤での進路取りでも下がりながらなので苦労、L1ではそこから追われて地味に頑張ったがそれでも6着まで。

基礎スピード面で苦労したのもあると思う。L3-2で加速するところでの反応の鈍さを見せたのは事実だけど、ここまで平均的に流れて前半で脚を使ってしまうと、後半要素が甘くなってしまったかなと。その点からも阪神大賞典でパフォーマンスを上げた点からも本質的には2400以上で合いそうな感じはするんだけどね。使える脚自体はポテンシャル戦でいいものを見せているしね。

2018小倉記念への展望

相手が手ごわいので正直に言えば安泰とは言えないと思う。はっきりとした不安はやはり基礎スピード面。平均まで流れてしまうと?というのはあるかな。特に今回はストロングタイタン、トリオンフはややハイペースまでクリアできている馬だし、サンマルティンは昨年小倉記念での実績が示す通り。また穴馬候補でもマウントゴールドやキョウヘイ、ストーンウェア辺りも良さが出そうな馬が多い。仮に平均~ややハイで流れてしまうと馬券的に微妙なラインになると思う。スローロンスパの方がいいと思うが、そうなってもストロングタイタンは手ごわいと思うし、個人的にはストーンウェアが厄介。休み明けはノーザンの馬で気にしていないが、やはり今回はシンプルに相手が手ごわいと思っているので評価は控えめにしたいかな。3~4角で動くのが下手な馬なのでその辺りで意識的に動こうとしてくれるミルコとの相性はいいかもしれないが…。

《小倉記念》
1番人気は現在12連敗中!今年も荒れるぞ!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

知らなきゃ買えない!
小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
夏の小倉といえば毎年絶好の狙いどころ!

●昨 年8月20日小倉 2R 41万0370円的中
●昨 年8月26日小倉 3R 16万4630円的中
●昨 年8月13日小倉12R  5万3420円的中
●一昨年9月 3日小倉 3R  9万6090円的中
●一昨年7月20日小倉 3R馬連2万6220円的中
―――――――――――――――――――――――――

◎◎◎ 毎年万馬券が多発する超ドル箱! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の小倉記念も波乱必至!

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。