競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉記念 2018 出走予定馬:ストロングタイタン&アヴドゥラ確定

time 2018/08/02

小倉記念 2018 出走予定馬:ストロングタイタン&アヴドゥラ確定

第54回 小倉記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:小倉芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ストロングタイタン(アヴドゥラ確定)

今年の鳴尾記念で念願の重賞初制覇を成し遂げたストロングタイタンが小倉記念に出走予定だ。この馬もなかなか重賞を勝つまでに苦労していた印象だが、それでも今年の夏の鳴尾記念で厳しい流れの中で強さを見せてきた。宝塚記念では弾き返されたが、GIの舞台を再度目指すべく力を証明したい。

鳴尾記念では超高速馬場のなかでタイトな競馬をしてきての勝利。個人的には2000より長い距離を走っても面白いと思っているけど、2走前の鳴尾記念の内容なら今回は怖い。昨年の小倉記念では完敗だったけど、今年はハイペースにも対応してきたからね。

鳴尾記念(GIII)1着

阪神芝内2000m良 11頭7枠8番
1:57.2R 58.2-59.0 H^1
12.1-10.5-11.6-12.0-12.0-11.9-11.8-11.7-11.6-12.0

もちろん鳴尾記念勝ちから振り返る。開幕週で超高速馬場状態、これだけ流れればレコードも出るわな、という感じの競馬。ペースは0.8でややハイで収まっているが前半1000でも58.2とかなり流れているし後半をまとめてきたという感じ。前半部分の質の高い基礎スピードを要求された一戦、後半はポテンシャル勝負といっていいだろう。

8番枠から五分のスタートを切ってそこから結構楽に先行しながら最終的に控えて好位列で進めていく。道中も前から少し離れた好位で我慢、ロスなく進めて3~4角では3列目の最内で立ち回って直線。序盤で空いた2列目の内をしっかりと押し上げて先頭に近い位置、L1で抜け出して外からくるトリオンフを競り落としての勝利。

意外だったけど、やっぱり前半そこまで無理せず好位で進めていたのが大きかったかなと思う。また3~4角では最内を通せていて、よどみなく淡々とした流れの中で最短距離を通せたのも大きいかな。この流れでも楽に前に取り付けそうだったけど、そこで無理せず少し離れた位置を取ったのが結果的には良かったと思う。それでも自身で平均で入っていると思うし、3着以下は完封しているからね。超高速馬場が得意というのもあるし、色々かみ合ったとはいえ強い競馬だった。

宝塚記念(GI)11着

阪神芝内2200m稍 16頭3枠5番
2:12.8(+1.2) 59.4-60.2 H^1
12.2-10.8-11.4-12.7-12.3-12.0-11.8-12.1-12.2-11.7-12.4

一方で宝塚記念は完敗を喫した。ペース自体は0.8でややハイだがこれは鳴尾記念と同じバランス。違うのは馬場で、この時は稍重で少し時計が掛かっていた。その中で積極的な先行策をとったことが大きいかなと思う。

5番枠からまずまずのスタート、そこから楽に先行争いに加わっていくがコントロールしながら2列目に下げる。そこからは折り合って進めていたが2列目のポケットと結構前の流れに入ってしまう。そこから3角手前で外に出して2列目の外から仕掛けていくが反応が甘くて一気に外からサトノダイヤモンドに来られて苦しい感じ。4角では2列目の中目から直線に入るがじょばんで苦しくなって3列目に下がる。L1まで良いところなくの完敗だった。

ここでは馬場もあったとは思っているけど、個人的にはやっぱりあの位置で入ってしまったのはちょっとしんどかったかもしれない。鳴尾記念の場合は少し離れた位置にいたからね。単純に前半3Fでみても超高速馬場の鳴尾記念の時の方が標準馬場の宝塚よりもこの馬自身で遅いからね。あれぐらいのバランスで入れればいいけど、ちょっと宝塚記念では前半から前目で流れに巻き込まれてしまった感はあるかな。もちろん馬場もあったと思う。基本的には高速馬場巧者だからね。

小倉記念(GIII)10着

小倉芝2000m良 13頭7枠10番
1:58.6(+1.0) 58.3-59.3 H^1
12.3-10.8-11.3-12.3-11.6-11.5-11.9-11.9-11.8-12.2

昨年の小倉記念での負け方も宝塚記念に近いかなという感じ。この時もペースは1.0でややハイ、そこからの後半のL5最速ポテンシャル戦。もちろん前半の方が速いわけで高い基礎スピードを要求された。

10番枠からまずまずのスタートを切ってそこから先行争いの流れに乗って最終的には好位で控えるが少し掛かっている。1~2角では結局抑えず2列目の外に押し上げる感じで流れに乗っていく。3角辺りでアクションがあってここで先頭列に並びかけて4角だが外から一気にサンマルティンに前に出られて2列目。直線以降は伸びがなくじりじりと下がっての8着完敗だった。

二の足が速いのでどうしても流れに乗れてしまうし、ここでは折り合い面で苦労して結局前目でという選択をとってしまった。この馬は多分明確に自身で平均ペースまでが限界なのかなという感じはある。スローロンスパでは十分やれる馬ではあるが、ペースは平均ぐらいがいいしそのうえでうまく立ち回ってというところがかみ合えばという感じ。

2018小倉記念への展望

この馬が安定しないのは基礎スピード自体があるように見せて実はハイペースで流れに乗ってしまうと難しいという点だと思う。宝塚記念、小倉記念、小倉大賞典と流れたときにはやはりちょっと物足りないパフォーマンス。また力の要る馬場も得意ではなくて4走前でのディセンバーSなんかはそこまでタフではなかったにせよ後ろから伸びあぐねたし、アンドロメダSでも悪くはないがブラックバゴに完敗でメドウラークにかなり際どいところまで来られていた。高速馬場の方がいいのはこれまでの実績からも間違いないと思う。あとは相手関係と展開次第。今回のメンツだと前半そこまで速いペースにはならないかもしれないし、ゲート・二の足ともに速い方なのでコントロールしながら前の様子を見ながら2列目~3列目辺りを意識したいところかな。前が飛ばすならあまり前半ついていかないほうがいいと思う。後半はポテンシャル戦なら長く脚を使えるし、高速馬場なら威力も増すのでそこを意識して乗れれば崩れる心配はあまりないと思う。相手関係としてみたときにトリオンフは強敵で、特にトリオンフは余力を持った時の一足の鋭さはかなり手ごわい。鳴尾記念の内容的にもトリオンフが最大のライバルかな。オーバーペースになると甘くなるのでそこをどう考えるかだが、現時点では連下ぐらいで評価したい。

《小倉記念》
1番人気は現在12連敗中!今年も荒れるぞ!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

知らなきゃ買えない!
小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
夏の小倉といえば毎年絶好の狙いどころ!

●昨 年8月20日小倉 2R 41万0370円的中
●昨 年8月26日小倉 3R 16万4630円的中
●昨 年8月13日小倉12R  5万3420円的中
●一昨年9月 3日小倉 3R  9万6090円的中
●一昨年7月20日小倉 3R馬連2万6220円的中
―――――――――――――――――――――――――

◎◎◎ 毎年万馬券が多発する超ドル箱! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の小倉記念も波乱必至!

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。