競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉記念 2018 出走予定馬:キョウヘイ&高倉想定

time 2018/08/01

小倉記念 2018 出走予定馬:キョウヘイ&高倉想定

第54回 小倉記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:小倉芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

キョウヘイ(高倉想定)

前走の垂水ステークスでは久々の勝利の美酒を味わった道悪巧者のキョウヘイが小倉記念に出走予定だ。2000mとなると昨年のアンドロメダステークス5着以来となるが決して悪くない内容。夏は格よりも勢いが重要、前走を勝った勢いに乗せてこの距離でも末脚炸裂となるか。

重馬場巧者なのは間違いないけど、マイルでは良では基礎スピード的に足りないという感じ。とはいえ意外とある程度の速いラップには対応できている馬なので2000なら高速馬場でもやれるんじゃないか?とは感じている。馬券的に怖さのある馬といえるかな。

垂水ステークス(16下)1着

阪神芝外1800m重 9頭4枠4番
1:49.9 49.5-47.6 S^2
12.9-12.2-11.9-12.5-12.8-12.3-11.9-10.9-12.5

前走の垂水Sは重馬場での決め手勝負の中で強い競馬をしてきたと思う。ペースは1.9でかなりのスロー、そこからのL2最速10.9と道悪としてはかなり速いラップを踏んでいるし、4角地点のL3で11.9とそこまで上がっていないので直線勝負の割合が大きい。つまり3~4角での立ち回りはそこまで影響がなかったとみている。

4番枠から五分のスタートを切っていて、無理はせずに後方に下げてから軽く促して追走していくという感じ。道中もスローなので一団の中で内内を立ち回って徐々に押し上げる。3角では中団、3列目の最内で追走、4角で前のスズカルパンが外に行ったのでそのスペースを拾いながら直線入りで楽に先頭列。しかしここでは外のレッドアンシェルに一気に切れられて前に出られる。ここからL1の踏ん張りでしぶとく伸びてエンヴァールとのたたき合いを制しての勝利だった。

エンヴァールが思ったよりも強かったなというのはあるし判断が難しいが、道悪で適性を示していたレッドアンシェルをTS持続で破ってきたというのは結構評価できるポイント。もちろんロスなく最短距離で押し上げていけたのはあるにせよ、コーナーではそこまで速くないし外の馬のロスが大きかったというわけではないのでL1でしぶとき伸びることができた、末脚の絶対量で良さが出たというのはあると思う。4着以下はさらに問題としていないからね…。これは地味ながらも高く評価していい一戦なんだと思う。またゆったり入って長く脚を使ってというパターンなので、道悪巧者なのもあるけど距離自体はもっとあっても良いかなという感じの競馬をしていると思う。

都大路ステークス(OP)5着

京都芝外1800m良 14頭7枠11番
1:45.2(+0.6) 46.8-45.9 S^1
12.4-10.9-11.5-12.0-11.9-11.5-11.5-11.3-11.6

2走前の都大路Sは悪くはなかったが結局はそこからのもう一段の切れで見劣った感はある。ペースは0.9でややスロー、そこからの4F戦ではあるがL2でもう一段の脚を要求されたしL1が11.6とあまり落ちていない。

11番枠から五分のスタート、無理せずに控えて後方でまずは進めていく。すぐに内に進路を取ってそこからはうまく押し上げながら中団に近い位置で3角へ。3角ではちょうど前にエアアンセムを見ながらという理想的な位置で進めて中団で直線。序盤でそこから最内に進路をとるがこれは前のグァンチャーレに入られてここで一瞬置かれる。L1ではそこからもしぶとくじりじりと伸びていたものの5着までだった。

高速馬場で4F戦とある程度分散していたこともあったので対応はしてきたが、高いレベルでとなるとL2でもう一段の決め手を要求されている。ここで内を通しながら少し置かれていたように、質的にちょっと足りなかったかなという感じはあるかな。基本はバテ差しがこの馬の持ち味だからね。ただ基礎スピード面ではある程度流れた1800で対応してきたしこれは収穫といっていい。

アンドロメダS(OP)5着

京都芝内2000m重 15頭6枠10番
2:01.8(+0.4) 60.9-60.5 M
12.5-11.3-12.2-12.4-12.5-12.7-12.0-11.7-11.9-12.2

アンドロメダSではストロングタイタン、メドウラークに先着される5着ではあるが、悪くはない。ペースは平均で後半のポテンシャル戦という流れ。後方で最後まで伸びてきたので一定の評価は必要。

10番枠からやや出負けして無理せず後方からの競馬となる。道中も最後方に近い位置で中目で我慢しながら。3~4角でも最後方列の中目から4角で大外に誘導しつつだが勢いがつききらないので再び中目に進路を取って直線。そこから馬群を割ってそれなりに伸びてきてラストまでじりじりと脚を使っての5着なだれ込み。

悪くはないが突き詰めれば動きたいときに外から動ききれなかったこと、L1まで来ているけど前がそこまで落とさない中でメドウラークほどの脚を使えたわけではないという点はある。このレースでの比較だけならメドウラークの方が強い競馬をしているといえるし、最後方近くから差し切るほどのレベルのポテンシャルは持っていなかった。力の要る馬場適性はこの馬も高いが、2000でとなるとメドウラークが手ごわいというのはある。そしてストロングタイタンにもこの条件で先着されているからね。ただし、近走はある程度押し上げていける意識を鞍上が持つようになってきているので、その辺でのカバーができれば。

2018小倉記念への展望

個人的には道悪の2000だと強敵が多いと思う。この馬は本質的にマイルはちょっと短い印象で高速馬場だと前が落ちてこないのでリゲルSみたいな感じになる。ただし、メドウラークと比べると軽いマイルへの対応力は2段階ぐらい上だし、2000でも逆に高速馬場なら対応してくる可能性は十分にあるんじゃないかなと。特にアンドロメダSは内容的にみても2000は問題ない、ということを示せていると思う。重馬場で前後半フラットの状況から後半のL3最速で4角地点最速、外から動こうとして動けなかったがそれでもロスがあったし長く脚を使ってL1までじりじりと来ていたからね。末脚の絶対量そのものは足りる。また小倉の2000なら瞬間的なトップスピードの質はまず問われないので、この馬としては出し切ってL1でのバテ差しを活かしやすい条件だといえそう。個人的には小倉記念で良馬場なら向こう正面でのロスんパカラのバテ差し穴馬要因はメドウラークではなくこちらだと思っている。道悪実績といってもマイルでのものだし、良馬場でもある程度対応してきて都大路Sの感じからも近走ポジションを上げてきてやれている点からも含めて今の小倉2000がかみ合いそう。相手が強敵なので勝ち切るところまではともかくとしても馬券的には穴目で拾いたい一頭かな。道悪でも怖さはあるが、優先順位としてはメドウラークが上がってくる。

《小倉記念》
1番人気は現在12連敗中!今年も荒れるぞ!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

知らなきゃ買えない!
小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
夏の小倉といえば毎年絶好の狙いどころ!

●昨 年8月20日小倉 2R 41万0370円的中
●昨 年8月26日小倉 3R 16万4630円的中
●昨 年8月13日小倉12R  5万3420円的中
●一昨年9月 3日小倉 3R  9万6090円的中
●一昨年7月20日小倉 3R馬連2万6220円的中
―――――――――――――――――――――――――

◎◎◎ 毎年万馬券が多発する超ドル箱! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の小倉記念も波乱必至!

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。