競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

レパードステークス 2018 出走予定馬:ドンフォルティス&石橋脩想定

time 2018/07/31

レパードステークス 2018 出走予定馬:ドンフォルティス&石橋脩想定

第10回 レパードステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:新潟ダ1800m

予想用・出走予定馬一覧

ドンフォルティス(石橋脩想定)

今年は伏竜ステークスでルヴァンスレーヴを撃破したドンフォルティスがレパードステークスに出走予定だ。前走のジャパンダートダービーではライバルのルヴァンスレーヴとは水をあけられる結果となったが、伏竜ステークスを勝った時の相棒石橋脩に戻して完全復活となるか。

前走のJDDは驚くほどダメだった…というのが率直な感想。2000が長かったのかも?とも思うしここで何とか巻き返してほしいが。タイプ的には問題ない馬だと思うしゲートをしっかりと出て先行~好位をとってくれれば。

伏竜ステークス(OP)1着

中山ダ1800m良 9頭6枠6番
1:54.7 52.2-49.4 S^3
13.3-12.3-12.9-13.7-13.1-12.9-12.3-12.1-12.1

2走前の伏竜Sでは強敵ルヴァンスレーヴを撃破したが確かに特殊な流れだったのは確かかな。ペースは2.8で超スロー、ラップ推移的にみても仕掛けが遅めで3F戦でL1が12.1と落ちずに済んでいる。前半は位置取り、後半は力の要る馬場だがトップスピード面も問われる勝負になった。

6番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながらの2列目外で進めていく。道中も我慢しながら折り合わせつつ特に変わらず3角。3角手前で外からルヴァンスレーヴが絡んできたのでここで先頭列に並びかける。4角ではルヴァンスレーヴを置き去りにして2番手で直線。序盤で堂々先頭に立ち、L1でルヴァンスレーヴの追撃をしっかりと封じての完勝だった。

コーナーでの動きで明らかにルヴァンスレーヴより上だったし、そこからしっかりと早い段階で勝負を決めた。ルヴァンスレーヴは器用さという点で見劣って出し切れなかった面もあるかもしれないが、それでもこれだけコーナーで良い脚を使えたというのはインパクトがあったし、不利が大きかった全日本2歳優駿のリベンジを果たしたといえる内容だったと思う。ただ小頭数でドスローだったからこそいい位置を取れたというのもある。そこは冷静に判断すべきか。

ジャパンダートダービー(JpnI)6着

大井ダ2000m良 14頭5枠8番
2:06.4(+0.6) 62.6-63.2 M
12.5-11.8-12.8-12.9-12.6-13.1-12.6-12.5-12.2-12.8

前走のJDDは個人的には意外といっていいほど負けたと思う。運び方自体は悪くなかったと思うし展開も決して。ただ敢えて言えば思ったよりも長く脚を使えないタイプなのかもしれない。ペースは平均で向こう正面でもペースが遅い状況で3~4角で加速していく流れになったが、そこで動いていって甘くなったかなと。前半の位置取りが痛かったとは思うがそれでもこの馬の力なら…というところで完敗。

8番枠から五分には出たかなという程度、無理せずに外に出して好位と悪くない入り方。向こう正面で前が少し離す形になり、向こう正面でじわっと外から前を向いて3画に入る。3~4角でも中団の外から促しながら押し上げ、4角で鞭が入って好位列に取り付く。しかし直線で一気にルヴァンスレーヴに交わされて伸びあぐねる。ラストは激しい2着争いに加われず、完敗の6着だった。

ペースは平均だがこの馬は少し離れていたしそこは問題なかったと思う。ただし、3~4角で加速していく過程での反応自体は悪くなかったがそれでも直線入りでの伸びで明らかにルヴァンスレーヴに見劣ったのは確かだろう。休み明けの影響もあるかもしれないが、伏竜Sでも休み明けで問題なかったし、ちょっと不満が残る競馬になった。ただヘニーヒューズの仔でもあり2000が長い可能性も考えないといけない。

全日本2歳優駿(JpnI)2着

川崎ダ1600m良 13頭5枠8番
1:41.8(+0.2) 50.3-51.3 H^1
12.5-11.4-12.5-13.9-11.8-12.7-13.9-12.9

マイルの全日本2歳優駿では内容的にはルヴァンスレーヴと互角以上の競馬といってよかったと思う。1周コースで急コーナーの川崎、コーナーごとの減速からの直線での加速、というような繰り返しでL2-1では再加速。L4の向こう正面地点が最速、ペースもややハイなのでバランス的には難しいところだが上位2頭はL4からの仕掛けでもL2-1で再加速ができる余力があった。

8番枠から出負けして後方からの競馬となるが外目に誘導しようとする。ただ最終的には中団馬群の中で包まれる形で進めて3角に。3~4角では動きたいところで先にルヴァンスレーヴが捲っていく形、そこで不利を受けて後方のまま直線。そこからの伸びは流石で加速ラップの中でも差を詰めてくるが及ばずの2着までだった。

ここでは要所で動きたいタイミングで不利を受けてしまったし、後ろにいたルヴァンスレーヴに先に動かれてしまったのが勝ち負けとしては致命傷となっている。ただし、不利がありながらも直線で再加速というラップ推移の中で外からしっかりと伸びてきていたことを考えるとここでは十分勝負になっていたと思う。少なくともJDDまでは力関係的に互角以上だったと思うし、JDDでの完敗は単純にルヴァンスレーヴに負けたというだけではなく他に対してもパフォーマンスを落としているのは確かだろうと。となるとやっぱり距離だったのかなあ。

2018レパードステークスへの展望

距離なのか、それとも早熟だったのか、答えはここで出す必要がある。1800は実績的にも問題ないし、実力的にはグレートタイムは手ごわいがルヴァンスレーヴとの比較でみればやはり中心となるべき一頭だろう。課題はゲートが安定しないので内枠で包まれたときというのはグレートタイムと同様。出来れば2走前の伏竜Sのように2列目外を確保したい。要所の反応は本来は良いはずで、伏竜Sなんかではスローだったとはいえコーナーで動く過程でルヴァンスレーヴを出し抜けているし、全日本2歳優駿の感じからもある程度基礎スピード面で対応もできていると思う。JDDが負けすぎなので、これが状態面での問題なのか距離なのか。今回は頭数も多いし先行勢も多いので信頼は置きづらいところ。タイプ的にはグレートタイムとの比較で印を考えたいところだが、今の段階ではグレートの方を若干上に取りたいかなと思っている。グレートの方が近走の上昇度が高いと感じるので。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍の渾身予想
9月2日まで(5週間)無料公開!

しかも今週限定でレパードSの
重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1日1鞍の渾身予想は前開催で7戦6勝、
85%的中(6/30~7/22)のプロを束ねる
能勢俊介(TV・ラジオ解説を歴任)!

↓↓直近で公開した下記6勝の↓↓
↓↓ 平均配当は何と29760円! ↓↓

7/22 中京12R 1万5210円的中!
7/21 中京10R   1万4210円的中!
7/15 中京12R   3万7360円的中!
7/14 中京6R   4万9460円的中!
7/8 函館6R   6万6660円的中!
6/30 中京8R   1万7860円的中!

1日1鞍の渾身予想を無料で見る

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。