競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンステークス 2018 出走予定馬:フロンテアクイーン&蛯名想定

time 2018/07/25

クイーンステークス 2018 出走予定馬:フロンテアクイーン&蛯名想定

第66回 クイーンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:札幌芝1800m

予想用・出走予定馬一覧

フロンテアクイーン(蛯名想定)

よく言えば抜群の安定感、悪く言えば勝てるイメージがわかないフロンテアクイーンがクイーンステークスに出走予定だ。昨年冬の初音ステークスを制して以来、実に8戦勝てずながら2着5度という2着病を患っている。この安定感からの脱却、もちろん勝利という形を狙う。

弱点が少ないタイプではあるが、決定的な武器もないというわかりやすい総合力タイプ。こうなれば勝てる、崩れるというようなケースがあまりないので判断が難しい一頭。ただ今は本当に何でもできるし1周コースの札幌1800も不安はない。休み明けも走るしね。

ターコイズS(GIII)2着

中山芝外1600m良 16頭4枠7番
1:34.2(+0.0) 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

ベストバウトといわれたら悩むけどターコイズSかなと思う。中山マイルながらも1.2とスローの流れ、11秒代後半で勝負所を迎えてのL2最速、ギアチェンジを結構問われた一戦。

7番枠から五分のスタート、そこから好位馬群の中目で窮屈になりつつもポジションをキープする。そのままペースも特に変わらない中で好位の中目でじっと我慢、直線まで進路がない状況。序盤で進路がなく3列目で待たされる形。しかしL1の坂の手前で狭いところを突くと一気に伸び、勝ったかというところを一気にミスパンテールに差し切られての2着。

これで勝てないか、という感じはある。ただこの馬の武器の一つであるギアチェンジの性能の高さはしっかりと見せている。好位列で包まれてL2最速の流れで進路がない、それでも置かれずにポジションをキープしてL1で坂の上り、勢いをつけきれない中でもしっかりと反応して伸びてきていた。これはなかなか大したもんで、器用さに関してはかなり高いレベルにあると思う。それでもそういう競馬でもミスパンテールに見劣ってしまったと。ミスパンテールも要所の反応やトップスピードの質、持続力のバランスがいい馬で、これに対して後ろから差されたというのがこの馬の難しいところなのかなと。

中山牝馬S(GIII)2着

中山芝内1800m稍 14頭4枠6番
1:49.1(+0.1) 49.2-47.7 S^1
12.5-12.1-12.3-12.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9

前走の中山牝馬Sも決して悪くはない。ただ逃げるカワキタエンカに支配された中で届かなかった。ペースは1.5でスロー、ラップ推移的にみてもL2最速で11.5と馬場が重めだったことを考えてもやや仕掛けが遅めの2F戦に近い競馬ではあった。

6番枠からまずまずのスタートを切って促しながら先行策、最終的にはカワキタエンカらを行かせて少し離れた2列目の内で進めていく。3~4角でも仕掛けを待って内ポケットでスペースを保ってじっと我慢。そのまま4角でじわっと促しスペースを詰めながら2列目ポケットで直線。序盤で進路はないものの前のカワキタエンカが延びてくれたのでトーセンが下がり進路ができる。L1でそこからしぶとく食らいつくがなかなか差が詰まらず半馬身差の2着。

要所の反応は良いんだけど、TS持続が甘いから前が落ちてもなかなか差し込めないというのはある。ターコイズSでもそうだがL1の減速地点で差されたり伸びあぐねたりというケースが多いというのはあるかな。詰めの甘さの原因が何かといわれると、結局加速していくまでは良くても減速基調になってから他より甘くなるのが早い、というのが大きいんじゃないかなと。

福島牝馬S(GIII)2着

福島芝1800m良 16頭4枠8番
1:46.8(+0.0) 46.9-47.9 H^1
12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2

違うパターン、特に1周コースで流れた福島牝馬S2着も見ておきたい。ウキヨノカゼが勝ち切ったことや全体的なレースレベルも含めてこれがベストかどうかはともかく、1秒のハイペースに対応してきた一戦、という点での評価は必要か。

8番枠から五分には出てそこから中団外目で進めていくという形。道中も中団の外目で追走、先に外からデンコウアンジュが捲って動いたことでロンスパの流れ、それを3~4角で中目を追走して3列目で直線。序盤でしぶとく伸び、L1で抜け出したかというところに大外からウキヨノカゼにまとめて差し切られての2着惜敗。

ここでもL1で甘くなってしまった。ただ前半の基礎スピード面に関してはここでしっかりと見せてきたし、この感じならペースが落ち着きそうならもうちょっと前を取る意識を持った方がいいのかなという感じはする。いずれにせよL1の甘さが最後の勝ち切れなさではあると思うし、これをどうフォローするのかが全て、のような感じはするんだけどね。

2018クイーンステークスへの展望

基本的には本仕掛けが遅い方がいいタイプなのは間違いないのと、内内で包まれても要所で一気に加速できるギアチェンジが武器。なのでまず大前提として勝つなら内枠が欲しい、というのはある。内枠で2列目ポケットを確保出来れば好勝負できる可能性はぐっと高くなる。同タイプのエテルナミノルよりは前半の基礎スピード、ゲート、二の足含めて総合的に有利に立てると思うので1800ならエテルナよりもこちらを上位に取るべきだと思っている。ただしL1は2F戦でも甘くなることが多い。ポテンシャル戦でもやれる馬なのでどちらかというと瞬間的、トップスピードは一瞬しか使えないという感じの馬かな。大きく崩れる要素があまりない馬、ペースもややハイまでなら問題ないし、1周コースの1800なら平均ペースで前目を取っても問題ないと思っている。このメンツならポジションにこだわってほしいし、理想を言えば2列目ポケットで我慢、ソウルスターリング辺りが外からじわっと動く中で内で脚を溜めて直線ですっと出し抜くイメージ。重い印を打ちたいし嵌りそうな感じもするんだけどね。あとは状態面で、福島牝馬Sを目標にしていながらも心房細動で回避、そこからの立て直しという点は留意しておくべき点か。陣営も今回は無事に使えることを優先したいといっているので、この辺を踏まえると少し評価を下げたほうがいいのかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第18回 アイビスSD(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
アイビスSDを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006年にサマースプリントシリーズに創設以降、アイビスサマーダッシュの勝ち馬12頭中9頭がサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いており、スプリントシリーズの中でも最も重要なレースと言える。

過去10年の人気別の成績では、[5.1.0.4]、[1.1.1.7]、[1.2.2.5]と1人気が5勝を上げ上位人気馬では安定した成績を残している。平均配当では馬連3260円、3連複2万3260円、3連単13万1140円。二桁人気馬では2011年アポロフェニックス(11人気3着)、2010年マルブツイースター(16人気3着)、2008年シンボリグラン(10人気2着)の3頭が馬券圏に好走している。直近5年では1人気が連対しており波乱は少ないが昨年は8人気ラインミーティア(1着)、2015年は9人気シンボリディスコ(2着)しておりヒモ荒れもある。

また、過去10年で6勝を挙げ活躍している牝馬に注目。14頭が馬券圏に入っているように「夏は牝馬」の格言通り、真夏に強い牝馬の好走が目立つ。

スピードの持続力が要求されるのが芝直の特徴で、好位から粘り込む脚質が有利だ。差し追い込みタイプは厳しい条件となる。

今年も新潟名物の芝千直重賞にスピード自慢が勢揃い。競馬セブンでは早くからココ目標に万全の態勢で出走するとある陣営の勝負情報を入手。さらに、人気にはならない激走情報馬のヤリ話を極秘入手。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アイビスSD・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第18回 アイビスSD(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
アイビスSDを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。