競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:レッドラウダ&石川裕想定

time 2018/07/25

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:レッドラウダ&石川裕想定

第18回 アイビスサマーダッシュ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:新潟芝直1000m

予想用・出走予定馬一覧

レッドラウダ(石川裕想定)

新潟1000の経験で言えば抜群、これが11戦目の挑戦となるレッドラウダがアイビスサマーダッシュに出走予定だ。ここ2走も新潟1000に絞って邁進特別2着、韋駄天ステークスでも3着とまだまだ安定感を見せてきている。夏の大一番は当然ここ、新潟直1000で狙いすました一撃を決め込め。

ここ2走は着順以上に評価しないといけない。その理由としてはやはりどちらも不利な最内枠の競馬になったこと。特に前走の韋駄天Sなんかは良い位置を取れなかった要因の一つにもなるので。もちろんいい枠を引けば戦えるし、個人的にはこの馬は時計が出る状態の方がいいと思っているので、開幕週の高速馬場なら警戒したい。

韋駄天S(OP)3着

新潟芝直1000m稍 16頭1枠1番
0:55.2(+0.3) 22.1-22.3 M
12.0-10.1-10.5-10.9-11.4

まずは前走の韋駄天Sから見ていきたい。稍重で時計も標準馬場ぐらいには掛かっていたと思う。その条件でペースは平均だがL3-2で加速ラップではなく終始減速となっているのが特徴としてはある。それと最終週での開催で内外の馬場差があったことも考えないといけない。

1番枠から好発を切っていたんだが無理に前にはいかずに好位列で進めていく。ただ外ラチ沿いまでは遠く結局馬場の中目を通す形でL3。このあたりから仕掛けられて伸び始めるんだがここで一気にダイメイプリンセスに突き抜けられてしまう。最後は甘くなってノットフォーマルにも差されての3着だった。

映像的にみるとダイメイプリンセスに完敗といえるんだが、かみ合わなかったのはやはり枠。あれだけいいスタートを切れていたら外枠ならまず楽に先頭列~2列目は確保できたと思うがどうしても外ラチまで斜めに切っていかないといけないのでそうなると枠の不利はどうしても出てくる。また少し渋っていて時計も54秒代後半までしか出なかった。こういう馬場だとちょっと甘くなる傾向でもあるので。ただオープンで条件が揃わなくても最低限3着に来る辺りは流石というところ。

稲妻ステークス(16下)1着

新潟芝直1000m良 12頭1枠1番
0:54.3 22.2-21.6 S^1
11.9-10.3-10.5-10.1-11.5

ベストバウトは2年前になるが稲妻S勝ち。この時が高速馬場で時計が出やすい中でのL3-2加速戦。L2で最速10.1とかなり速いラップを要求されているし加速しないといけない状況だったのが前走の韋駄天Sとは決定的に違うところ。

1番枠から好発を切って好位列の中目でまずは進めていく。道中も楽に進めて2列目に取り付いてL2で仕掛けるとここでグンと伸びて先頭列、L1でハッシュとのたたき合いをしっかりと競り落とした。

レベル的には楽だったかもだが時計的には結構出ているし3着以下は離している。ハッシュのその後があまり走っていないので評価が難しいところだが…。このレースで評価するとしたらやはりL2地点での伸び。ここでしかけられてしっかりと加速ができている。9秒台には流石に入っていないと思うけどそれでもメンバー中一番の切れ味を引き出してきた。また前後半でみてもスローバランスなように、恐らくこの馬は高速馬場で前半物理的に上がり切りにくい状況下で後半の鋭さを引き出せるほうがいいだろうと。なので高速馬場の方がいいと思っている。

邁進特別(10下)2着

新潟芝直1000m良 16頭1枠1番
0:55.5(+0.1) 22.2-22.6 M
11.9-10.3-10.6-10.5-12.1

今年の春の邁進特別では1000万下で取りこぼした、という表現の方がいいだろう。個人的にはこの馬のバランスの難しさを表した一戦にはなっていると思う。ペースは平均だがL1が12.1とかなり落ちている。L3-2の加速も誤差程度でL1の減速度合いを考えるとほとんど意味がないレベルかなと。時計は遅いが当日を見ても標準馬場ぐらい。休み明けで叩き台というのはあったかもしれないが。

1番枠から好発を切っているがやはり内枠なのでなかなかいき切るのが難しく、それでも先頭列にはつけてくる。中盤では先頭列3頭の一番内からL3で仕掛けて外ラチ沿いに持って行きたかったがスペチアーレが手ごわく最後は抜け出されての2着。

前述の通り休み明けで韋駄天Sのたたき台、という側面はあったかもしれないが1000万下ということを考えると賞金を積めないとというのもある。そのなかで甘くなったのは個人的には内枠から外まで持って行くという過程が必要な中で前半少し無理をしすぎたかもしれないと。後傾で良さが出る傾向ではあるので、このペースで前半の流れに乗っていったことが甘くなった要因にはなりえそうかなと。

2018アイビスサマーダッシュへの展望

端的に言えば馬場が軽くて外枠ならば押さえは必要、という考え方。理由としてはこの馬自身ベストは少し後傾ぐらいでL3-2での加速が要求される方がいいタイプ。アイビスサマーダッシュは傾向的にはそうなりやすい、理由としては野芝オンリーの夏場の開幕週で顕著に高速馬場になりやすいというのがある。そうなると新潟1000は上り坂スタートなのでテンのペースアップが制限されやすく、高速馬場だと結果的に後半に相当速いラップを踏める余裕を持ちやすい。稲妻Sがそういう感じで要所での加速で鋭く脚を使っていたし、外目の枠で前に壁を置いて風よけをしながら、かつゲートは上手いので楽に2列目を取って脚を温存出来れば全然違ってくると思う。実質的なハンデ差があったので別定の今回それがどうかというのは何ともだが、韋駄天Sの内容を見ても枠順の問題さえ克服できればダイメイプリンセスを逆転しても?という感覚はある。混戦模様なので1着までという可能性も考えるが、それでもうまくかみ合ったとしてハッシュに食らいつかれるレベルにL1は甘くなる。その辺を総合的に考えてかな。現状では外枠ならまず連下候補には入れたい。

《直近5年で4勝のドル箱》アイビスサマーダッシュ
―――――――――――――――――――――――――昨年も超穴馬ラインミーティア(8人気)激走で
4300円・7210円的中

―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

現役時代にアイビスSD2勝の千直マイスター
元JRA騎手・大西直宏が

今年注目する超穴馬を無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アイビスサマーダッシュは最近5年で
―――――――――――――――――――――――――
2014年 2万1450円【的中】
2013年 1万0140円【的中】
2017年   7210円【的中】
2016年    480円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

\\\万馬券2本を含む5戦4勝のドル箱重賞!///

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年のアイビスSDもお任せください!

◎◎◎ 馬券を買う前に必見! ◎◎◎

『千直マイスター』元JRA騎手の大西直宏が
注目する超穴馬を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。