競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンステークス 2018 出走予定馬:エテルナミノル&四位想定

time 2018/07/24

クイーンステークス 2018 出走予定馬:エテルナミノル&四位想定

第66回 クイーンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:札幌芝1800m

予想用・出走予定馬一覧

エテルナミノル(四位想定)

前走の函館記念では牡馬相手に外から勝ちに行っての3着と久々に存在感を発揮したエテルナミノルがクイーンステークスに出走予定だ。今年は愛知杯を制したもののゲートの不安定さがそのまま成績の不安定さに直結していた。今回もしっかりと五分に出て流れに乗って結果に導きたい。

前走みたいにコントロールされた中でしっかりと一足の競馬に持ち込めれば瞬間良い脚を使う。ただ、函館記念はあれでもちょっと早めの仕掛けだった感があるし、できるだけ本仕掛けを待てるような形に持ち込みたいかな。そしてまず五分に出て流れに乗ることが最低条件。

愛知杯(GIII)1着

中京芝2000m良 18頭5枠10番
2:00.1 60.3-59.8 M
12.2-11.3-12.1-12.3-12.4-12.6-12.1-11.8-11.3-12.0

6走前の愛知杯勝ちから振り返る。中京の2000でペース自体は平均と結構流れている。中盤で12.6と少し息が入っていたが全体で流れたこともあって仕掛けの意識が遅くL2最速戦。L3でも11.8とそこまで上がっておらず、直線坂の上りでの一足、ギアチェンジ面もそこそこ問われた一戦。

10番枠からまずまずのスタートを切って様子を見ながらじわっと進めて好位で入っていく。向こう正面でも前にワンブレスアウェイを置いて好位、やや掛かり気味もコントロールしながら3角へ。3~4角でもワンブレスの後ろ、2列目の中目から直線で外。序盤でそこから追い出されてしっかりと反応してL2のうちに一気に1馬身差リードを作って先頭に。L1で外からレイホーロマンスに差し込まれるがキッチリと退けた。

ここではしっかりと良いスタートを切って好位から進め、3~4角ではコーナーワークもあってうまく2列目の中目で我慢しながら直線に入ってきた。そしてラップ推移的にみてもL2の坂の上り、直線前半地点で加速ラップを踏む中で一頭だけ反応が違ったし、この要所の加速性能、ギアチェンジが最大の武器ではあると思っている。これを前々でうまく引き出すことができたのが勝因だろう。あの手ごたえからL1で甘くなっているように、使える脚の絶対量は少ないタイプ。

マーメイドS(GIII)11着

阪神芝内2000m良 15頭4枠7番
2:00.1(+1.0) 59.6-59.5 M
12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9

実際マーメイドSでは愛知杯と同じような感じのペースではあったが、内回りということもあって仕掛けの意識が早くL4から11.8、そしてL3最速で11.5とポテンシャル戦となった。こうなると甘い。

7番枠から五分には出てそこから様子を見ながら好位に入っていく。道中は中団馬群の中で我慢しながら進めて3角。3~4角で各馬が仕掛けていく中で中団の中目で進めていくが追走しながら出直線。序盤で追われても甘くなってしまっていいところがない。そのまま最後までじりじり下がっての11着惨敗。

ここでは早めの仕掛けになってしまったことでこの馬の瞬間的な切れ味をなかなか活かせずコーナーで苦しくなってしまった感じ。基本的に直線勝負向きの馬なのは確かで、速いラップをゴール板に近いところで求められる中で反応で勝負したい。ここではロンスパに近い競馬なのでそうなると難しい…というのはあるか。

函館記念(GIII)3着

函館芝2000m良 15頭8枠14番
2:00.0(+0.2) 60.3-59.5 S^1
12.2-10.9-12.0-12.6-12.6-12.4-12.1-11.6-11.6-11.8

前走の函館記念では結構いい感じにレースの流れはかみ合ったんだが、思った以上に自身で積極的な仕掛けになってしまったことが痛かったかなという感覚。ペースは0.8でややスローと理想的な流れに五分のスタートを切って前目とかみ合ったが。

14番枠から五分のスタート、そこから促してはやい段階で3列目まで上げていく競馬ができた。そこからはペースもそこまで上がらずややスローという流れで息を入れて3角手前で促す。3~4角で番手から仕掛けて4角先頭で直線。序盤でそこから粘り込みを狙うがエアアンセムに差を詰められ、L1で甘くなってサクラアンプルールにも差されて3着死守まで。

本当に良い脚は一瞬なのでできるだけ本仕掛けを待ちたい馬。これを自分で3~4角で仕掛けていったことで3F戦になってしまったというのはあると思う。L3最速タイだしここで外からねじ伏せに行くと内で我慢していたエアアンセム辺りにもワンテンポ早くスペースを与えてしまう形になった。もったいなかったかなと思う。まあ逆に言えばやっぱり勝ちに行って勝てるような馬ではないからね。要所までに前目を取ってできるだけ仕掛けを我慢して一瞬の反応に賭けないと。

2018クイーンステークスへの展望

1800への短縮がカギ。一つはゲートが基本的に不安定で、この3走はいずれも悪くはないが、ヴィクトリアマイル、阪神牝馬S、中山牝馬Sと後手を踏んでいるのが響いているように、ゲートは喫緊の課題。前走の函館記念も決していいスタートというほどではなかったが1角までの距離が長かったのもある。クイーンSの施行距離である札幌1800mは1角までの距離が極端に短いコースなので、あのスタートですっと前を取れるかどうかは結構疑問がある。この馬の一足を引き出す形ならばL2最速になりやすいクイーンステークスの傾向からは面白いといえそうなんだが、それをするには前を取らないといけない。シンプルに内枠なら軽めに狙って外枠なら消して、というぐらいの感じで良いかなと思っている。1800はちょっと短く先行争いをする上で分が悪い距離。その辺りを考えながら最終的に決めたい。

PR)韋駄天Sと駿風S勝ち馬「ダイメイプリンセス」がアイビスサマーダッシュに挑む!

さあ!夏競馬といえばアイビスサマーダッシュ
直線コースのみで施行される重賞レースです。
あっという間に終わっちゃうので目が離せません。

アイビスサマーダッシュ
のステップレースでもある「韋駄天S」「駿風S
勝ち馬は「ダイメイプリンセス」でした!
前走のCBC賞では後方からの競馬になってしまい9着という結果に敗れました…。
今回は、どんな走りを見せてくれるのか期待が高まります。

アイビスサマーダッシュをもっと楽しみたい方に必見!

指数サイト「うまとみらいと」をオススメします!

このサイトの指数は・・・
【スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論】
この4つから弾き出された高精度の指数なんです。

予想時間が短縮されるのはありがたい・・・!

今週末に行われるアイビスサマーダッシュの気になる馬の指数を見てみませんか?

ー指数サイトを今すぐ見に行く!ー
メールアドレス登録してリターンメールクリックするだけ!

迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

こちらは、2016年のアイビスサマーダッシュの指数及び結果一覧と過去4年のデータです。

うまコラボは、指数上位6頭を推奨しています。
2016年の結果は…指数順位3位までの馬で決着しています。
指数上位馬と数値が30以下の馬は要注目ですよ。

うまとみらいとは、3つのコンテンツであなたの競馬ライフを全力サポート!

あなたの競馬のみらいは「うまとみらいと」にあります。

無料登録するとアイビスサマーダッシュの指数データが見れます。
週末は指数を見まくってアイビスサマーダッシュを取りましょう!

ー指数サイトを見るー

メールアドレスを登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。