競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中京記念 2018 出走予定馬:ブラックムーン&幸想定

time 2018/07/18

中京記念 2018 出走予定馬:ブラックムーン&幸想定

第66回 中京記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月22日()
コース:中京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ブラックムーン(幸想定)

今年の京都金杯では強烈な末脚を引き出し見事重賞初制覇を成し遂げたブラックムーンが中京記念に出走予定だ。昨年の中京記念でも3着と好走実績を持つ実力馬、今回も上位人気の一頭となりそうだがここ2走が末脚不発。期待に応える末脚を今度こそ引き出せるか。

基本的に京都金杯みたいにトリッキーな流れにならないとマイルではなかなか難しいと思っている。ハイペースだと脚を使わされて終わるし、スローだとしても基本ゲートが苦手でスパッと切れるというほどではないのでなかなか届かない。超高速馬場でのTS持続が非凡だし、力の要る馬場でも問題ないタイプだけど全体でまともな流れになると基本はちょっと足りないとみている。

京都金杯(GIII)1着

京都芝外1600m良 13頭6枠9番
1:34.3 46.8-47.5 M
12.2-10.6-11.4-12.6-12.4-12.1-11.4-11.6

3走前の京都金杯勝ちから振り返る。この時の京都はある程度時計が掛かっていて、1000万下の1200m戦でも割とまともな流れで1:09.0だから、少なくとも標準よりは時計が掛かっていたと思う。その中でペースは平均だが前半3Fが34.2と可なり速く中盤2Fが12.6-12.4でかなり遅い。1000m通過で見ればそこまで速くないが、入りが非常に速かった中で無理せず入っていけた後方からの馬の方が展開としては楽だったし、緩んだところで取り付けたこの馬としては最高の展開だったといえる。

9番枠からやや出負けして様子を見つつも無理せず後方からまずは入っていく。前半は前がぶっ飛ばす流れで無理せず最後方に近い位置。3角手前の上り坂で前が一気にペースダウンしたところで外からじわっと進出。3角下りでもペースが遅い中でここで一気に外から押し上げリードを縮めながら中団で直線へ。その勢いのまま直線最速地点で一気に伸びてここで先頭列に並びかける。L1でそこからしっかりと1馬身弱だけ抜け出して鮮やかに重賞制覇となった。

このレースなんかは典型的な中弛み追い込み有利の展開。前半が速すぎだし中盤が遅すぎ。この5Fをフラットに進めるほうがいいに決まっている。この馬としては1000通過を60.4で進めていたら4角ではほぼ中団の位置にいられた。前半も中盤も大体ハロン平均12.1ぐらいで入っている計算でまさに理想的。前の馬はハロン平均11.4ぐらいで入って12.5まで落としているわけだからね。いかに上手く乗られていたかがよくわかる。かなり嵌った一戦で、外から動けたのはコーナー地点で遅かったのが大きい。TS持続が最大の武器なのは間違いないが、外からスーッと動けたというこれをあまりイメージしすぎると危険。

安田記念(GI)16着

東京芝1600m良 16頭7枠13番
1:32.8(+1.5) 45.5-45.8 M
12.2-10.8-11.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.7

前走の安田記念ではもろにマイル適性の低さを露呈してしまったという感じ。要は前半も後半も質の高いレベルのものを求められてしまうと苦しい。ペースは平均だが45.5とかなり速いし、そこから後半も45.8でまとめているというハイレベルの戦い。この流れにはなすすべもなく脚を削がれてしまった。

13番枠からやや出負け、ある程度促しているんだがついていけずに最後方へ。道中も特に動かず3~4角でも最後方で進めてレッドファルクスの後ろから追い出されるが脚がない。最後までばてた馬を拾うことすらできずの殿負け。

こういうのをスピード負けという。前半で脚を使っているんだけどあの位置、そして使っているからこの馬本来の末脚を出せない。明らかにマイルは短い、という内容。もちろんマイル重賞を勝っているように展開が嵌れば良い。ただし、このレベルでは前半も速いし後半も速い。質の高い戦いになった時に何も武器を持っていなかった、ということになる。マイルで勝負になるには相手関係だけでなく展開的に少なくとも前半はスローにならないと難しい。

中京記念(GIII)3着

中京芝1600m良 16頭8枠15番
1:33.6(+0.4) 46.3-46.9 M
12.4-11.1-11.2-11.6-12.1-11.3-11.3-12.2

昨年の中京記念も振り返っておきたい。大外8枠を引き当てたがその中でミルコが脚を残す選択で内からしぶとく伸びてきたが、という内容。ただしウインガニオンとは差があったしマイルは気持ち長いグランシルクが2着というレベルで正直2着以下のパフォーマンスは言うほど高くないと思っている。

15番枠からやや出負け、二の足が遅いので最後方まで下げてから内に入っていくという感じ。3~4角でも収支最内を立ち回ってコースロスなく内のスペースを拾い切る。序盤から内拉致沿いを単独でジリジリ伸びてきて、L1までじりじりとは伸びたがそれでも外のグランシルクの伸びに見劣っての3着。

ラストでウインガニオンとの差はそれなりに詰めたが通したところは同じでこちらも馬群を捌く必要も無かった立場なので何とも言い難い。少なくとも前半レースを支配されて後半早目のスパートをしたウインガニオンに対してL1でようやくじわっと差を詰めた、という程度ならやはりあまり高く評価はできない。ウインガニオンは強いと思うけど、そこと比較してあの位置からはほぼ理想的に乗られているのでここに入って強く狙えるかは微妙。ペースこそ平均だが単騎のものだし、実質ウインで見ればおそらくややスローぐらいでこの馬の位置ならまず明確にスローバランスになるはず。

2018中京記念への展望

基本的にはマイルは短い。超高速馬場でトップスピード持続力を異常に高めてくるタイプなのでそういう馬場でスローから3~4角で勢いに乗せやすい早めの仕掛けの展開ならチャンスもあるが、流石に今の馬場である程度の流れになるとよくて昨年程度だろう。嵌ったとしてあれぐらいだと考えるとなかなか強く狙えないなと。昨年は前半もう少しスローならなおよかったが、それでも速すぎないペースで3~4角でウインガニオンが早めに仕掛けてくれたのは出し切りたいこの馬としては理想的な仕掛けだったしその過程で最内を通せた。内を通したウインガニオンが残っているので内外の馬場差も言い訳にできないからね。また安田記念を見ても基本的に厳しい流れは不向き。スローからのTS持続戦がベストなのは間違いないし、京都金杯みたいにトリッキーな中弛みの展開を察知して豊が上手く押し上げた、とか特殊な展開にはめ込まないとマイルでは難しいと思う。まあそうなったときに武器があるので全く無いというタイプの馬ではないけど、人気を考えると割に合わないかな。恐らく馬券的には手を出さないつもりの一頭。

―――――――――――――――――――――――――

■■■■■■今年も波乱必至≪中京記念≫■■■■■■

昨年は超穴馬ウインガニオンが予告通り激走して
3連単2万2780円的中!

―――――――――――――――――――――――――

1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!

グレーターロンドンを脅かす【超穴馬】今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪この夏も絶好調!先週も怒濤の万券ラッシュ!≫

【土日だけで厳選鞍から万券8本!】
―――――――――――――――――――――――――
日曜福島 2R 4万4200円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
土曜函館12R 2万3660円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
日曜中京11R 1万6350円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
日曜福島12R 1万4910円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
日曜函館 9R 1万4900円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
土曜中京 6R 1万2130円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
日曜福島 6R 1万1960円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
日曜中京10R 1万0040円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

当たってます!中京メインも現在3連勝中!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

――――――――――――――――――――――――
■■■■■ 今週の中京記念も波乱必至 ■■■■■

≪人気馬相手の馬連でも想定50倍以上≫

グレーターロンドンを脅かす『超穴馬』はコレだ!!
――――――――――――――――――――――――
今すぐ無料で教えます

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。