競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

函館記念 2018 出走予定馬:ブラックバゴ&岩田確定

time 2018/07/13

函館記念 2018 出走予定馬:ブラックバゴ&岩田確定

第54回 函館記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月15日()
コース:函館芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ブラックバゴ(岩田確定)

地道に力をつけ、昨年秋のアンドロメダステークスで強敵を撃破したブラックバゴが函館記念に出走予定だ。前走の中山金杯4着以来半年ぶりのレースとなるが、地道に力をつけてきた実力馬がサマー2000でひとあばれとなるかに注目だ。

昨年の五稜郭Sの勝ちっぷりが良かったし楽しみは大井が、突き詰めれば後半型だとは思うのでそこがカギ。昨年五稜郭S時はまだまだ軽い馬場だったからね。あれだけで洋芝巧者だとは思わないほうがいいかもしれない。重い馬場自体は問題ないけどペースがカギになる一頭かな。

アンドロイドS(OP)1着

京都芝内2000m重 15頭5枠8番
2:01.4 60.9-60.5 M
12.5-11.3-12.2-12.4-12.5-12.7-12.0-11.7-11.9-12.2

2走前のアンドロメダSから振り返る。重馬場でペースは平均とそこそこには流れていた状況。仕掛けのタイミングとしてはL3最速なのでこれもそこそこ早いがL1がそこまで落ちなかったなというのが印象としてはあるかな。

8番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方馬群の外から様子を見ながら3角まで特に動かず。3角手前ぐらいから徐々に進出、4角では中団の大外から好位列まで押し上げて直線。序盤でそこから一気に伸びて先頭に立つ。L1でストロングライタンも食らいついてくるが最後はじわっと離しての完勝。

ちなみにだが鳴尾記念を勝ったストロングタイタンだけでなく3着のメドウラークも七夕賞を勝っているように結構ハイレベルだったと思う(キョウヘイも準OP降級の垂水Sを重馬場で勝利)。その中で前半ある程度パワー型の基礎スピードを問われた中で後方で脚を残しながら3~4角で長くポテンシャルを発揮した形になる。ただし、この流れだと自身では間違いなくスローバランスで(3-3Fだが38.3-35.0と顕著)、この競馬は割とステイヤー的な競馬だったと思っている。函館記念で全体のペースが上がった時の不安というのはこれだとまだ解消できていない。

中山金杯(GIII)4着

中山芝内2000m良 17頭4枠7番
1:59.9(+0.1) 61.5-58.3 S^3
12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2

前走の中山金杯ではドスローの流れでのポテンシャル特化戦となったが、やはり高い適性は見せてきた。ただし結局は前半の位置取りが悪くて良い脚を使ったけども…という感じの4着。ペースは3.2で超スローからのL5最速ポテンシャル特化戦だ。

7番枠から五分のスタートを切っていたが二の足が遅く後方に下がってしまう感じで鞍上も無理をしない。道中もドスローの流れで最後方で進めながら3角。ここではペースも上がっていてその流れで外々から追走して最後方列で直線となる。序盤で前もさすがにしんどくなって減速している中で中団に取り付く。L1でさらにそこからもう一伸び、良い脚を使ってきたが圏内届かず4着まで。

セダブリランテスやウインブライトは強敵だったと思うし、その中で3~4角でロスがありながらもL1までしぶとく伸びてきたんだからこれは高く評価しないといけないと。個人的には中山2500とかでもう少しポジションを上げることでパフォーマンスを上げてきてもいいんじゃないかなと思うぐらい後半のポテンシャル面は高いレベルにあると思う。ただしやはりネックは前半のゲート・二の足の遅さにある。ここではゲートはでていたけど、あの感じだと促してもなかなかいい位置を取るというのは難しいかな。2000だとその辺が顕著に出てしまう感じ。

五稜郭S(16下)1着

函館芝1800m良 7頭7枠7番
1:58.8 60.2-58.6 S^2
13.2-11.4-11.9-12.0-11.7-11.7-11.6-11.7-11.7-11.9

4走前の五稜郭Sも振り返っておきたい。この時は昨年の超高速函館で始まった中で、この時点でもまだ高速状態を保っていた。その中でペースは1.6とかなりのスローからの後半の6Fのポテンシャル特化戦であると。

7番枠から出負けして二の足も付かないので最後方からの競馬。前半はスローで団子、という流れから向こう正面でのペースアップで前5頭が集団で進めていく中で少し離れた最後方で3角に入っていく。3角で徐々に差を詰めながらポジションを上げてゴーサイン、4角では一気に好位列の外まで取りついていって直線。序盤でしぶとく伸びて最後まで脚色を衰えさせないまま抜け出しての完勝。

ここでもそうだがスローロンスパがこの馬にとっては一番だとは思う。速いラップを踏んでもいけるタイプだけど、基本的には中間的な脚を終始維持しながら外を回しても問題ない、というのが強み。これで前半部分のネックを何とかリカバー出来ているというところなので、やはり前半いかに無理なく最低限の位置にいられるかだろう。

2018函館記念への展望

ひとまず平均ペースまでなら後方から行く馬なのでそんなに心配しなくていいと思う。ただし函館記念は基本的に追い込みが決まりにくいレースで、差し込みが決まるとしてもある程度の位置にいないと難しい。この馬の場合はまず最後方近くになるので、これはこのレースの傾向からは難しい材料となる。基礎スピードに関しては正直本格化以降はそもそも厳しい流れを経験していないので何ともだし、今のこの馬ならハイペースでも後ろから我慢すればやれてしまう可能性はあると思う。信頼度はともかく今の充実しているこの馬ならば?という見方はできるだろう。それでも結果を出してきているのは基本スローロンスパ、その中でのポテンシャルで違いを見せているというところなので、本質的には2000は少し短い可能性もある。最序盤のポジション取りが弱い馬で最内枠を引いてしまったのもあまりいいとは言えないし、ハイペースの流れで最後方から前が総崩れ、という展開面の後押しは必要かな。個人的にはもうちょっと長い距離でみてみたい馬。地力はここでも最上位に入ってくると思うので怖さはあるし、条件は良くはないがどうしようか悩むところ。

今週の函館記念は絞って儲けろ!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ルメールのトリコロールブルーで本当に大丈夫!?

情報通り決まれば3連単は想定300倍!
―――――――――――――――――――――――――
函館記念の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます
―――――――――――――――――――――――――

≪先週もその前も怒濤の万券ラッシュ!≫

先 週【土曜福島 2R】 4万9120円的中
先 週【土曜函館 2R】 2万8730円的中
先 週【土曜中京 4R】 2万1090円的中
先々週【土曜中京 6R】 4万3910円的中
先々週【土曜函館 6R】 2万8610円的中
先々週【日曜函館11R】 2万4040円的中
先々週【土曜函館10R】 2万3080円的中
先々週【日曜中京 6R】 2万1620円的中
先々週【日曜福島 5R】 1万7440円的中

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週は波乱必至の函館記念で絞って狙え!

函館記念の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫

【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。