競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

七夕賞 2018 出走予定馬:プラチナムバレット&岩崎翼想定

time 2018/07/04

七夕賞 2018 出走予定馬:プラチナムバレット&岩崎翼想定

第23回 七夕賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:福島芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

プラチナムバレット(岩崎翼想定)

3歳時にはサトノクロニクルらを相手に京都新聞杯で重賞制覇を果たした実力馬プラチナムバレットが七夕賞に出走予定だ。古馬になってからはここ3走物足りない内容が続き、前走の都大路ステークスではまさかの殿負け。ここから一気によみがえることができるか?

前走みたいに全体のペースが上がると微妙だなというのは感じる。京都新聞杯にもそうだが基本はスローからトップスピードの持続力で勝負するタイプだと思うし、福島の2000でとなるとペースに依っては?という感じ。ポテンシャル戦への対応力も未知数なので不安は少なくないかな。

京都新聞杯(GII)1着

京都芝外2200m良 12頭8枠11番
2:15.2 62.1-60.0 S^2
12.7-11.1-12.8-12.4-13.1-13.1-12.7-12.6-11.6-11.5-11.6

まずは昨年の京都新聞杯勝ちから振り返りたい。京都の2200m戦でペースは2.1とかなりのスローだが、これでも単騎逃げで実質的にはもっと遅い。そこからの3F勝負だがL4-3辺りでかなりつめて来ているので実質は恐らくL3最速ぐらいのTS持続戦になるかなと。

11番枠から五分のスタート、そこからじわっと楽に二の足を利かせて2列目を見ながら最終的には控えて中団の外目で進めていく。道中もミッキースワローの後ろぐらいでドスローでも折り合って進めて3角。3~4角でミッキーが外から上がって行く中でこちらは後方で我慢しながら4角で仕掛けて直線で外に出す。序盤ではまだ後方にいたが徐々に伸びて好位列。L1でしぶとく伸びて大接戦を差し切った。

かなり長く脚を使ってきたなという印象ではあり、ミッキースワローやサトノクロニクルといった強敵をこの流れで外からしっかりと捕らえたのは立派。ただし、前半はかなり遅いペースなのも間違いないところで、基礎スピード面は全くと言っていいレベルで問われていない。そういった後半特化でトップスピードに乗せて出し切りやすい展開の中でしっかりと伸びてきたかなという印象。それでもL1では前も11.6とほとんど落としていない中で、2馬身ちょっとの差をしっかりと捕らえているし11秒前半の脚をL1でも使って来ているとみていいのかなと。TS持続で底をみせなかったのは確かかな。

白富士S(OP)4着

東京芝2000m稍 10頭1枠1番
1:59.3(+0.3) 59.9-59.1 S^1
13.1-11.4-11.5-11.7-12.2-12.3-11.9-11.4-11.3-12.2

そこから骨折し、休養明け初戦となった白富士Sでは4着と恰好はつけた。ペースはややスローからのL2最速戦で11.3。ただ4Fである程度分散していたのと稍重で少し時計が掛かっているのもあってそこまで速いラップは要求されなかったし、前半の基礎スピードもある程度問われている。

1番枠から五分のスタート、そこから枠も良いので楽に3列目のポケットで進めて行く形になる。道中はこのペースで前が3頭ほど単騎でいる状態、離れた5番手の外に出して中団の位置で3角となる。3角で外からじわっと促しながら前3頭に中目から取りついていって直線。序盤で追い出されてこれからというところでいまいち伸びずジリジリで3番手には上がる。L2の坂の上りで伸びあぐねて最後までいまいちなまま4着に下がったという感じ。

まあ、伸びなかったわけではないんだろうが、そんなに速いラップを問われなかった割には結構苦しんでしまったなというのが率直な感想。もしかしたら少し渋った中で59.9-59.1というバランスがこの馬にとっては少し早かったのかもしれない?とは感じる。ただ大阪城Sでも後半のトップスピード持続戦でいまいち伸びきれなかったので評価が難しいところ。

都大路S(OP)14着

京都芝外1800m良 14頭5枠7番
1:48.0(+3.4) 46.8-45.9 S^1
12.4-10.9-11.5-12.0-11.9-11.5-11.5-11.3-11.6

前走の都大路Sの内容も不満が多い。京都の1800で少し距離が短かったかもしれないし、流れも0.9なのでややスローといっても結構流れている方。そこからの段階的な加速でL2最速11.3。そこまで速いラップを問われていないが、それ以前の競馬になった。

7番枠から五分には出たかなという感じ、そこからじわっと出していって好位の外目ぐらいでまずは入っていく。そこから様子を見ながら前に壁を置いて折り合い重視で3角へ。3~4角でも好位列の外目で進めていて特に問題なく、4角で外から動こうと仕掛けて直線を向く。ただそこからもう一段の加速どころか下がってしまう。最後は鞍上も無理をしなかったがそれでも殿負け。

う~ん、どうした?というぐらいに負けた。もちろんペースも厳しかったと思うし1800も短いかなと感じたが、やはり外から動けそうな感じで一足も使えなかったわけでこれは悲観的に考えざるを得ない材料かなと。前半の基礎スピード面であまり無理をできないタイプだとみるべきか。骨折以降のパフォーマンスがここ3走で物足りないというのもあるし。

2018七夕賞への展望

マンハッタンカフェ産駒らしいトップスピードの持続力の高さは持っているので、スローからマイネル軍団が3角でペースを引き上げて速いラップを踏む形になった時にTS持続が活きてくるか、というのはある。ただしやはり京都新聞杯で見せた高いパフォーマンスはここ3走では少し影を潜めているとみるべきかなと。前走は1800で流れたのはあるにせよ、2走前の阪神1800m戦の大阪城Sもレースレベルを考えるとちょっと物足りないしL2最速なので外を回すデメリットもそこまではなかった。やや物足りないなという感は否めない。ペースが上がった時に基礎スピード面での不安がある馬だし、なおかつ状態面でもいいとはいいがたい。少し評価を下げて考えるべき一頭かな。今回は穴目で怖い馬も多いので。

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫

【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

―――――――――――――――――――――――――
七夕賞は今年も人気通りにはまず決まらない!
―――――――――――――――――――――――――

超人気薄が毎年のように激走!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2014年ニューダイナスティ(10人気2着)
2015年マデイラ (16人気3着)
2016年オリオンザジャパン(11人気3着)

今年も激走する超穴馬がいる!

絞って狙いたい方は是非ご覧ください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第54回七夕賞の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。