競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

七夕賞 2018 出走予定馬:サーブルオール&戸崎想定

time 2018/07/03

七夕賞 2018 出走予定馬:サーブルオール&戸崎想定

第23回 七夕賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:福島芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

サーブルオール(戸崎想定)

今年は1000万下、準OPをとんとん拍子で卒業し、エプソムカップでも4着と頭角を現したサーブルオールが七夕賞に出走予定だ。美浦ステークスでは1周コースの2000m戦で強い競馬を見せてきただけに、福島の2000でも期待は高まる。この夏を足掛かりに秋の大舞台を目指したい。

美浦Sでは段階的に脚を使え、一応これまではトップスピードの持続力もそこそこ見せてきた。バランス的に流れた中でも脚を使えた今なら福島2000はかみ合うんじゃないかなと思う。ただやはり前半のゲートやポジショニングが難儀だし後半勝負に特化してしまうと甘さも出ている。現時点ではハイペースの流れで脚を温存しての差し込みがあるかなというぐらいでそうなれば戸崎的な競馬になるし、逆に緩い流れになってとなるとそこまでの工夫のない騎手なので少なくとも信頼は置きにくい。

<PR>

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫

【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

<PR>

美浦ステークス(16下)1着

中山芝内2000m良 11頭7枠8番
1:59.9 60.4-59.5 S^1
12.1-10.9-12.2-12.5-12.7-12.3-11.7-11.9-11.4-12.2

2走前の美浦Sから振り返る。中山の2000だが中盤で息が入ってそこからの4F戦でL2最速。割と2段階加速に近い競馬になっているかなと。この馬は向こう正面の緩い段階で押し上げているのでそこはかみ合っているが3着以下は突き放している。

8番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。1~2角でもまだ後方外目で進めていたが向こう正面で前がペースダウンして馬群が凝縮する流れで徐々に取り付き3角手前では2列目の外となる。3~4角でもそのまま前の2頭をおいかけながら仕掛けを待って4角で外からレッドローゼスが並びかけてきたので追い出される。ただ序盤では反応イマイチでレッドに前に出られる。L1で盛り返してしっかりと抜け出したと。

まあ例えるなら昨年日経新春杯のミッキーロケットとシャケトラの関係に近いかな。ペースが上がるまでに前に行ったことで仕掛けを待ったサーブルオールと外から動いて勢いに乗せてきたレッドローゼス。その分だけL1での反応でレッドが上だったがL1で踏ん張れたのは仕掛けを待っていた面もあるかなと。その点ではうまく向こう正面の緩い段階で押し上げられたのは良かったが、それでも3着以下は0.7も離しているように強かったのも確か。

エプソムC(GIII)4着

東京芝1800m重 16頭4枠8番
1:47.7(+0.3) 47.7-47.8 M
12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5

前走のエプソムカップでは道悪の東京1800で外からしぶとく差し込んできたなという感じの4着。ポテンシャルタイプの強敵が結構そろっていた中で外からそれなりに伸びてきたのは収穫だが、後半要素だけではちょっと足りないかな?というのは感じた一戦。ペースは平均でそこからのL3最速11.6。速いラップを問われないポテンシャル戦に、前半もフラットなのでパワー型の基礎スピード問われている。

8番枠からここでは五分のスタートだが押されても二の足がつかずに後方に下がってしまう感じ。そこからある程度してからは追走して中団馬群の中に入って3角。3~4角でも中団馬群の中目から直線で馬群の中を突いてくる。序盤で追い出されてからの伸びはまずまず、L2で内に切り取ってここで2列目付近までくるがL1は甘くなって4着まで。

ハクサンルドルフにも差されているし後半勝負の中で後ろからポテンシャルで差し切るところまでは難しい、という点では少し底は見せた。もちろん道悪の影響を考える必要はあるけど、2走前の美浦Sの勝ちっぷりはうまく展開とかみ合った面はあったのかなと。また道悪だったことを考慮に入れても前半の追走力不足はやはり露呈したし、このあたりをどこかでリカバーできないと難しい、というのが現状ではあるかもしれない。まあそれでもここに入れば最先着だけどね。

1000万下1着

東京1800m良 9頭7枠7番
1:46.9 47.4-47.4 M
13.0-11.1-11.5-11.8-12.1-12.2-11.7-11.7-11.8

3走前の1000万下戦では高速馬場というほどではなくダートは重馬場である程度雨の影響が残っていた。その中でペースは平均、そこからの3F勝負で前が単騎なので速いラップを踏まなかったが、恐らくはTS持続戦。ただし、全体である程度流れていたのは確かなので特化戦というほどではない。実際この馬以外は34秒台の脚しか使っていないからね。

7番枠から五分には出てそこから無理はせずに中団で進めていく。ここでは二の足はそこまで悪くないが前からはかなり離れた位置で進めていたのもある。3~4角では前3頭からはかなり離れた位置で中団外から直線。序盤での伸びはまだ地味だったがL2でしぶとく伸びてここで先頭列に並びかける。L1で唯一食らいつくダノンキングダムを競り落として最後まで良い脚を維持しての完勝だった。

ダノンキングダムを物差しにすれば1000万下としてはハイレベルだったのは間違いないかなと。その中で前が平均で飛ばす中、実質的にはスローでそこからトップスピードの持続力を最後まで維持した結果突き抜けた。ただ末脚の絶対量勝負に特化しているというわけではなく、高速馬場とまでは言えない中で全体である程度流れたというのもあるだろう。各馬が鋭さを削がれた中で最後まで脚を維持できたのは前半要素の基礎スピード面もある程度影響しているとみるべきだろうと。

2018七夕賞への展望

今回は頭数が少ないのでそこがカギになるかもしれない。全体では流れてくれた方がいいと思うし、仮にスローでコントロールされてしまうとどこかで仕掛ける必要が出てくる。特に今回はマイネル軍団のミラノ・フロストはどちらも3画から勝負に行く傾向が強いので、向こう正面の段階である程度良い位置を取れていないとなかなか簡単ではないなというのはある。もちろん3~4角で内を立ち回ることができればチャンスも出てくるが、ゲートや二の足の不安定さからポジショニングに関しては楽観視できない。個人的にはやはり3角までの位置。中団外だと3~4角のロスが大きくなるし後ろからなら内を取らないと難しい。向こう正面で緩んだ場合に美浦Sみたいに外から押し上げる選択を取れればというのもあるがルメールではなく戸崎になるのでそういった融通は利かないと思う。となると全体で割と単調に流れてほしいなというのが正直な感想。あとは相手関係で、一応エプソムC4着とはいえここに入れば最先着場になる。美浦Sでも3着以下は突き放してきているしレベルも結構高かった。ただし前者は道悪で全体のペースが上がった中で脚を使ってきたものだし、後者は緩い段階でポジションを取れた。どちらも後半の末脚の絶対量で勝負しているわけではないので、ペースが上がらず後ろからでは甘くなる可能性が高いと思う。まあ、展開次第で基礎スピードは持っていると思うので福島2000でも流れてくれればというところ。小頭数でマイネル軍団が支配しそうな状況から展開を考えて最終的に判断したい。

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫

【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

―――――――――――――――――――――――――
七夕賞は今年も人気通りにはまず決まらない!
―――――――――――――――――――――――――

超人気薄が毎年のように激走!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2014年ニューダイナスティ(10人気2着)
2015年マデイラ (16人気3着)
2016年オリオンザジャパン(11人気3着)

今年も激走する超穴馬がいる!

絞って狙いたい方は是非ご覧ください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第54回七夕賞の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。