競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

七夕賞 2018 出走予定馬:キンショーユキヒメ&北村宏想定

time 2018/07/03

七夕賞 2018 出走予定馬:キンショーユキヒメ&北村宏想定

第23回 七夕賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:福島芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

キンショーユキヒメ(北村宏想定)

福島牝馬ステークスで念願の重賞初制覇を成し遂げたキンショーユキヒメが七夕賞に出走予定だ。福島の舞台で悲願を成し遂げただけに、今回も福島適性を期待しての参戦というところ。前走のマーメイドステークスは少し物足りない結果となったが、得意の舞台で牡馬を相手に一蹴できるか。

W杯の燃え尽き症候群…日本頑張ったでは済ましてはいけないのかもしれないけど。まあそれはともかくこの馬を分析していきたい。福島牝馬Sの場合は後半のポテンシャル戦というのもあったけど全体のペースが流れていたというのも良かったと思う。前走のマーメイドSがもうちょっとよければ…という感じはあるが警戒は必要かな。

福島牝馬ステークス(GIII)1着

福島芝1800m良 12頭6枠7番
1:46.8 47.2-47.8 M
12.4-11.2-11.5-12.1-11.8-11.7-12.2-11.7-12.2

2走前の福島牝馬Sではしぶとく伸びて突き抜けた。ペースは平均、ややハイよりだがそこからのL4最速タイで5Fのロンスパに近い競馬。一応L3で緩んでのL2再加速で疑似的な2段階加速戦になってはいるが早いラップは要求されていない。前半の基礎スピード面、後半のポテンシャル面のバランスを要求されていると。

7番枠から出負けして後方からの競馬となる。そこからある程度促しつつ中団馬群の中に入っていく感じ。向こう正面でロンスパ気味になるが馬群が凝縮する中で後方の外から3角へ。3~4角では凝縮する中団の外々を回しながら4角出口で少しふらつきつつも押し上げて直線。序盤で単独の4番手で先頭列を追いかける。L1で前がしんどくなったところをまとめて交わした。

L2-1が11.7-12.2とそこまでは減速していないし、その中でL1で2馬身半ぐらいはあった差を捕えているのでこの馬自身は減速を最小限にとどめてきているといっていいと思う。結局後半のポテンシャルを引き出す形になったのが良かったのかなという感じだし、それを前半の基礎スピードを問われた中で引きだせたと。こういう競馬が合っているなというのは感じた。

マーメイドS(GIII)7着

阪神芝内2000m良 15頭4枠6番
1:59.8(+0.7) 59.6-59.5 M
12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9

マーメイドSは距離こそ延びたもののそんなに悪くない展開だったと思うのだが伸びあぐねてしまった。まあ内外の馬場差が結構あったと思うのでそこは仕方ない面もあるが。ペースは平均からのL3最速11.5で4Fのポテンシャル戦。

6番枠からここではまずまずのスタートを切って無理せず様子を見ながら中団馬群の中で進めていく。道中も中団馬群の中で進めていきながら3角で外目に誘導。3~4角では外々を回しながら追われながら狭いところを狙って直線。序盤で外のヴァフラームらの伸びもよくなかなか楽な進路を取れないでジリジリ。L1もなだれ込む程度の脚は使うが良さが出なかった。

1,2着馬は内をタイトに立ち回ってのものなので基本的には内有利だったとは思っているが、それでもミエノサクシードは外から正攻法で進めていたし、ヴァフラームにも内容的に見劣っているので高く評価はできないな、というのが率直な感想。条件的には決して悪くない流れだったと思うし、ロスはあったにせよこのレベルならもうちょっと頑張ってほしかったが…という印象ではあると。外を回しつつも少し窮屈な感じになったのも影響したのか、少し間隔が空いて状態面での問題があったのか。正直パフォーマンス的に少し不満はあるかな。

中山牝馬S(GIII)7着

中山芝内1800m稍 14頭4枠5番
1:49.5(+0.5) 49.2-47.7 S^1
12.5-12.1-12.3-12.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9

3走前の中山牝馬Sでは逆にこの馬の負けパターンといっていいのかなと。中山1800らしく前半はスロー、ただらしくないのは中盤の向こう正面でも上がらずに3~4角でも上がらず4角出口からの2F戦で仕掛けが遅い競馬。力の要る馬場でトップスピードの質はさほど問われなかったが要所でそれなりにギアチェンジが問われた一戦にはなる。

5番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに中団馬群の中目で入っていく。道中も淡々とスローで進んで、という中で馬群の中で特に動きなく3角へ。3角でも前にブラックオニキスを置きながら仕掛けを待ちつつ4角で手が動くが反応がいまいちで直線。序盤で外に出しているのだが伸びない。L1でジリッとはなだれ込むが良さが出ずの完敗だった。

要所で加速が問われてしまうとどうしても置かれがちなのがこの馬の弱点といえるかなと。サムソン産駒は割とギアチェンジを持っている馬が多い印象だけど、この馬の場合は後半のポテンシャル戦で良さが出ることが多いし1000万下のシンガポールTC賞で強かった時もスローからの4F戦だった。そういう競馬の方がいいだろう。

2018七夕賞への展望

条件的には今回マイネル軍団の競馬になりそうなのでそれはこの馬にとっては追い風になりそう。福島牝馬Sの内容からも基礎スピードを高めてきたので極端なハイならともかくややハイ~平均で中団ぐらいで進められれば問題ないと思う。加えてやはり本仕掛けが早い方がいいし、ミラノもフロストも3角からの勝負を仕掛けてくる可能性が高い馬なので流れとしては歓迎できる。ただ今の福島の馬場だと3~4角で内を立ち回れるかどうかは結構重要な要素になるし、この馬は多少ロスがあっても外から勝負したほうが結果が出ているやや不器用な馬だと思うのでその辺をどう考えるか。ポテンシャル戦なら大きく崩れない馬だったが前走のマーメイドSはパフォーマンス的には物足りないので、そこから状態面を上げてこれるかどうかもカギ。1000万下や準OPでのポテンシャル戦での内容も良いし、福島牝馬Sもレベル的には結構高いと思うので今回のメンバーなら十分通用してきそう。馬券的にはそういう馬が多いので取捨が難しいなあ。12頭立てでも混戦模様、今回も人気しそうで前走の敗因もちょっとつかめないところがあるし、信頼が置きにくくなったのはなあ。

PR CBC賞&ラジオNIKKEI賞馬券購入される方に朗報

メルマガ会員登録+アンケート記入で
コラボ放題7日間分もらえます。(7月8日23:59まで)

毎週午前中6レースと指定重賞1個が
無料公開されてた≪うまコラボ≫

今週から≪うまとみらいと≫にリニューアルされ

なんと1個しか見れなかった重賞が・・

今回全レース見れるように
簡単アンケート記入でキャンペーンしております。


※2017年の指数データになります

2018年もCBC賞、ラジオNIKKEI賞の
指数データも気になりますよね?!


ーリニューアル記念ー

アンケートに答えるとコラボ放題7日間もらえます。
有料1,980円Verに無料でお試しいただけます。
期限は7月8日(日)23:59までになります。



アンケートは5個だけです。これで今回コラボ放題もらえます。

メアド登録+アンケート記入で全レース見れるコラボ放題7日間分もらえます。
7月8日23:59までにコラボ放題受け取る
※アンケートご記入いただいた方のみとなります。

 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。