競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中京10R 知多特別 予想:本命04タイキサターン

time 2018/06/30

中京10R 知多特別(10下) 芝1400m
馬場想定:良、高速馬場想定

展開予想

面白い一戦で、ひとまず先行勢が読みにくいレース。オールザゴーやボンセルヴィーソ辺りが外から様子を見ながら先行、タイキサターンも内から2列目狙いというところでこの辺が前。必発馬が読みにくいが押し出されるような感じでボンセルヴィーソになるかな。外のラベンダーヴァレイもここで先行してくる可能性は十分にあるし結構読みにくいがペースは平均ぐらい、恐らくある程度流れてL2最速でというパターンになるとみる。平均~ややハイスローぐらいでバランスが問われる。

予想

◎04タイキサターン
○14ラベンダーヴァレイ
△12ボンセルヴィーソ
△15クライムメジャー
×01メイショウヤマホコ09エントリーチケット
3連複◎軸○△×BOX
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎タイキサターン

ここ2走の内容が良くここも通過を期待したい一頭。2走前のあやめ賞では京都1200で34.8-33.9とスローからの12.4 – 11.0 – 11.4 – 11.1 – 11.3 – 11.5と4角地点が最速の流れ、好位の外からロスがありながらラストまでかなり際どく詰めてきたようにTS持続が高く距離延長がかみ合いそうな予感。前走の鶴橋特別が阪神1400で34.5-34.6と平均からの11.3 – 11.4 – 11.5 – 11.4 – 11.7と淀みない流れで番手から抜け出し完勝。時計的にも優秀で1000万下で強い競馬をしていたグランドロワを楽に撃破。これならこのクラスでも十分目途。あとは降級組だが強敵は確かに多いがこの枠で1400の厳しい流れでパフォーマンスを上げ、1200の後半勝負でもトップスピード面をある程度見せてきた。期待が上回るかな。

○ラベンダーヴァレイ

条件は付くが面白い。この馬は1400で基礎スピードと後半の一足のバランスをちょうど引き出せるタイプだと思っていて、前走はドスローで極端な決め手勝負で自分の脚を使ったけど他に上回られた形。この馬の面白いのは小倉1200でも500万下を勝ち上がった時に33.6-34.7とかなりのハイ、11.8 – 10.7 – 11.1 – 11.3 – 11.2 – 12.2とL3-2で誤差程度の加速があった中で2列目外からしっかりと最後まで伸びたように意外と基礎スピードが高い。そのうえで朱雀Sが35.5-34.1とかなりのスローだが11.7 – 11.9 – 11.7 – 10.9 – 11.5と仕掛けが遅くL3でも11.7という中で2列目内から一瞬脚を使って食らいついてL1で甘くなったという感じ。スローなので各馬脚を使えたのはあるが、この馬の場合は要所で一足は必ず使えるのでペースを平均ぐらいまで引き上げてしまった方が良さそうなのと、L2で加速する形になりやすい高速馬場の中京1400は結構合うんじゃないかなと。出来ればもうちょっと内目の枠が良かったがここは積極的に狙いたい。

△ボンセルヴィーソ

ファルコンSで34.0-35.3とかなりのハイも11.2 – 11.8 – 12.1 – 11.4 – 11.8とL2最速でギアチェンジを問われた中でしっかりと2列目外から動いてきているように総合力は高い。流石に2段階降級なら侮れないし1400が合うと思うが出来ればもう少しう内枠が欲しかったというのはあるかな。押さえ。

△クライムメジャー

こちらも外枠が気になるのと、一応想定としてはある程度中盤で息が入ってL2最速という流れなので末脚を発揮できるかなと思うが、仮に前走のフリーウェイSみたいに34.0-35.2と全体でハードに流れてしまうと脚を使ってしまう恐れもある。まあこのクラスならとは思うが。

×メイショウヤマホコ

この馬は中京の加速戦で面白い一頭で、どちらかというと5走前の知立特別の3着よりもイメージ的には昨年の知立特別3着時の方が印象的。35.2-34.7と平均からの11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.1 – 12.0とL2最速11.1とトップスピードが問われた中で中団馬群の外からしっかり最速地点でも置かれずついてきてL1で差し込んできた。一応ながれてもやれるし中京1400ならどういう形でも結構差し込んでくるので要警戒。

×エントリーチケット

舞子特別では阪神1400だが34.9-34.1とややスローからの11.6 – 12.0 – 11.5 – 10.9 – 11.7とL2最速戦でしっかりと番手から出し抜いて粘り込んでの勝利。昨年夏のことになるので近走の物足りなさをどう考えるかだが時期的にも暑い方が得意っぽいし、中京1400も平均からの一足勝負になりやすいので警戒しておきたい。

―――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞】
昨年は超穴馬ウインガナドルが激走して的中!

―――――――――――――――――――――――――

≪1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!≫

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

春シーズン後半の重賞でも会心ヒットを連発!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エプソムC】穴:グリュイエール(5人気)
2万8020円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイル】穴:レッドヴェイロン(9人気)
2万1840円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【ダービー】穴:ワグネリアン(5人気)
7950円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【Vマイル】穴:レッドアヴァンセ(7人気)
8850円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週のラジオNIKKEI賞も人気通りには決まらない
――――――――――――――――――――――――
■■■■■■今年の超穴馬はこれだ!!■■■■■■
――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。