競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬:フィエールマン&石橋脩想定

time 2018/06/27

ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬:フィエールマン&石橋脩想定

第67回 ラジオNIKKEI賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月1日()
コース:福島芝1800m

予想用・出走予定馬一覧

フィエールマン(石橋脩想定)

日本ダービーが終わり、3歳春のクラシックも終了…そんな中、秋を見据えて2戦2勝無敗のフィエールマンがラジオNIKKEI賞に出走予定だ。新馬戦、山藤賞と連勝、ダービーには間に合わなかったが素質の高さは確かに感じる一頭。相手は骨っぽい馬が揃ったが、ここで無傷の3連勝となるか?

まあ、普通に考えればやはり基礎スピード面での課題はかなり残っているし、福島1800はある程度には流れるので不安はある。山藤賞も相手に恵まれたところはあるので高く評価はしづらいかな。

新馬戦1着

東京芝1800m良 16頭8枠16番
1:51.3 50.9-47.2 S^4
12.9 – 11.6 – 12.9 – 13.5 – 13.2 – 12.8 – 11.5 – 11.4 – 11.5

まずは新馬戦から。東京の1800m戦でペースは見ての通り3.7と超超スローで緩い流れ。4角地点でも12.8と緩いところから加速しての3F直線勝負。ただレースラップ的には平凡で最速ラップ11.4は遅い部類。雨の影響はあるにせよ、当日のセントポーリア賞と比較すれば明確に見劣る。

16番枠から出負けして後方から押っ付け押っつけでポジションを何とか上げていく。最終的には前がかなり緩い流れで進めてくれたのでかなり楽に好位の外まで取りつくがそこからのコントロールは少し苦労して折り合い面に課題。3~4角で番手の位置から仕掛けを待ちながらの直線。序盤でじわっと追い出されるがそんなに反応が良くない。坂の手前で鞭が入ってじりじりと伸びて先頭に立つ。ラストはそれでも結構怪しくて内からサンライズシェルらに食らいつかれての勝利だった。

まだ初戦なので何ともだが、トップスピード戦としては低調な一戦だったなという印象は否めないと。特に緩い流れの地点で押し上げてしまったのは結果的には正解だったと思うし、そこからの直線勝負で反応もさほどでもなく最速地点での伸びも並。このあたりやセントポーリア賞のハッピーグリンはともかくリビーリングやプロトスター辺りとの比較でみても何とも言えないかな。少なくとも使っていたとしても春のクラシック戦線に乗れたとは思わないかな。その点では無理しなかったのは正解だと思う。

山藤賞(5下)1着

中山芝内1800m良 11頭7枠9番
1:48.1 49.3-46.6 S^3
12.9 – 11.9 – 12.0 – 12.5 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 11.6 – 11.4

4月の山藤賞は外から一気に動いてそのまま勝負を決め切った一戦。ある程度軽い馬場だったと思うがそれでもこの日の中では時計、ラップ推移ともに優秀な内容。ペースは2.7で超スロー、そこからの4F戦というところだがL1が最速で11.4。ポテンシャル面で底を見せない内容だったといっていい。

9番枠から出遅れて最後方からの競馬となる。最序盤は緩い流れなのでそこで取り付いて後方2番手。そこから向こう正面でじわっと押し上げつつ3角へ入っていく。3角では中団の外まで取りついて4角でゴーサイン、楽に先頭列を視野に2列目で直線。序盤で追い出されてからじりじりと伸び、L1で突き放した。

敢えて言えばやはり後半のポテンシャルの高さが目立ったかなと。当日の馬場は難しいところだが500万下のマイル戦で47.4-47.3で1:34.7、少なくとも高速馬場状態にはなかったと思う。その中で3~4角で外から、もちろんそこまで速いラップというわけではないがそれでも11秒台に入っている中で外から動いていてそこからL1を11.4でまとめてきたのは個人的にはかなり優秀だといっていいと思っている。ただし、これはあくまで後半のポテンシャル面に限ることで、前半の基礎スピード面…というよりシンプルにゲートが拙い、というのをどう考えるかだろう。

2018ラジオNIKKEI賞への展望

正直に言えばここであんまり買いたいタイプの馬ではない。まずゲートが顕著に遅いのでポジショニングがまずくなる可能性が非常に高い。ここ2走はとにかくスローで早い段階でポジションをある程度リカバーできたのが大きい。そのうえで3~4角で外を回しつつも長くポテンシャルを発揮してきた2走前の山藤賞のパフォーマンスは結構面白いと思っているが、あくまで長距離的なポテンシャル面の評価になる。現状ゲートも含めて47秒台のペースに対応できる目途は正直全く立っていないと思う。まあもちろんここでいきなりゲートをポンと出て流れに乗ってくれば怖い、といえば怖いけど、現時点でそれを望むのは酷かなと思う。幸いフルゲートまでにはならないと思うし、回避馬でも出ればそんなに頭数も多くはならない。ただ快速タイプのメイショウテッコンがペースを引き上げてしまった時にあそこまで出負けしてしまうと難しいね。素材的にはステイヤー型として楽しみはあるんだけど、正直ここに入ると前半のゲートは致命傷になりえるとみている。馬券的にも手を出さない可能性が高いかな。

―――――――――――――――――――――――――【ラジオNIKKEI賞】
昨年は超穴馬ウインガナドルが激走して的中!

―――――――――――――――――――――――――

≪1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!≫

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

春シーズン後半の重賞でも会心ヒットを連発!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エプソムC】穴:グリュイエール(5人気)
2万8020円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイル】穴:レッドヴェイロン(9人気)
2万1840円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【ダービー】穴:ワグネリアン(5人気)
7950円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【Vマイル】穴:レッドアヴァンセ(7人気)
8850円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週のラジオNIKKEI賞も人気通りには決まらない
――――――――――――――――――――――――
■■■■■■今年の超穴馬はこれだ!!■■■■■■
――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。