競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

帝王賞 2018 出走予定馬:アウォーディー&武豊確定

time 2018/06/26

帝王賞 2018 出走予定馬:アウォーディー&武豊確定

第41回 帝王賞(JpnI)出走予定馬展望

日程:2018年6月27日()
コース:大井ダ2000m

予想用・出走予定馬一覧

アウォーディー(武豊確定)

一昨年川崎2100で行われたJBCクラシックの覇者アウォーディーと武豊のコンビが帝王賞に出走予定だ。ただすでに8歳馬、ダート路線も新星が次々と台頭を果たしてきている中で、物足りないパフォーマンスが続いてしまっている。巻き返しを果たせるか?

まあ、致命的にパフォーマンスが下がっているわけではないけど、緩やかに下降線なのも間違いないところか。大井の2000がベストというタイプではないし、ポテンシャル戦でも今はケイティブレイブの方が上。ケイティが内枠で外目から様子を見ながら入れる立場は良いし、相手が何かしらでパフォーマンスを落としてくれればというところかな。今ならアポロケンタッキーの方が良いと思うし、扱いが難しい。

JBCクラシック(JpnI)1着

川崎ダ2100m重 14頭6枠9番
2:15.3 63.9-64.6 M
7.1-11.1-12.6-13.3-12.9-13.7-14.0-11.8-12.5-13.1-13.2

一昨年のJBCクラシック勝ちから振り返る。この時のJBCは川崎で行われていて2100mと1周半コース。ペースは平均で収まっていて向こう正面のL4最速。川崎にしては向こう正面での仕掛けがきつくなりすぎてL2-1での再加速がないという結構珍しいラップ推移になっている。後半はポテンシャル戦だったとみていいだろう。

9番枠から五分のスタート、そこから促しながら外目を追走して好位の外。最終的にはコパノリッキーをマークするような感じで進めて1角で外に出す。向こう正面でもコパノリッキーの外から動いてL4最速の流れに外から乗っていく。3角で3頭雁行状態の一番外を回してタルマエ、コパノにプレッシャーをかけて直線。序盤で川崎巧者のタルマエに並びかけ、L1でこれをねじ伏せての勝利だった。

ここでは強い競馬をしてきたと思っているが、やはり後半の4Fのポテンシャル戦の中で長く脚を使う形で良さが出たとみていいだろうと。ゆったり入りながら後半のロンスパでポテンシャルを引き出してきたし、もちろん川崎の急コーナーで外から勢いに乗った状態で入ってこれたことも良かったと思う。

JBCクラシック(JpnI)4着

大井ダ2000m重 13頭1枠1番
2:05.3(+0.8) 62.1-62.4 M
12.8-11.7-12.2-12.9-12.5-12.1-12.5-13.1-12.2-12.5

昨年の大井2000のJBCクラシックでは完敗を喫した。一応L5最速で向こう正面からのロンスパ、L3で13.1と大きく緩んでそこからのL2再加速で12.2まで持って行く、ギアチェンジ自体は結構問われた一戦となる。

1番枠から好発を切ってそこから押して先行したかったが外の各馬に蓋をされるような感じで外には出せず、2列目のポケットでの競馬となる。道中も2列目の内で包まれた状態でL5最速の流れに乗って3角。3~4角で減速するラップに巻き込まれる形、2列目ポケットで待たされて直線。序盤で加速する流れに狭いところを突いて結構反応、先頭列に近いところまでくるがL1で失速、伸びを欠いての4着だった。

この馬もそういう傾向があるかもだが、大井みたいにL2で再加速する競馬になると使える脚が短い感じ。ケイティブレイブもこの感じはあるんだが、一気に加速させずにじわっとペースを引き上げれば長く脚を使えても、要所で加速に脚を使うことで末脚の絶対量が削がれるタイプなのかもしれない。このレースに限らず、基本的に大井の2000ではL1で甘くなることが多い。要所での反応が問われないほうがいいタイプだろう。それでも帝王賞3着と良い、ややパフォーマンスを落としてきていたのが昨年、という印象。

チャンピオンズC(GI)5着

中京ダ1800m良 15頭6枠11番
1:50.5(+0.4) 48.9-48.5 M
12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4

昨年のチャンピオンズカップでは悪くはないが結局キレ負けしてしまったなという感じの負け方。ペースは平均、そこから3角以降で徐々に加速もL2最速、直線入りの坂の上りで速いラップを問われた一戦。

11番枠から五分のスタートを切っていたが二の足がいまいちで中団から押しながら好位の外まで押し上げる。3~4角でも好意の外から追走しながら直線。序盤で前を向いていた分反応自体は良かったがそれでもジリジリ。L1でもなだれ込んではいるが切れるゴールドドリームとは決定的な差があっての5着完敗。

内容としては外から勝負に行って出し切る形に持って行ったが結局それでもL2で速いラップを要求されて速度負けしたというところもある。L1までなだれ込んでいたので最低限の競馬はしていると思うが、やはり加速していく過程ではなかなか良さが出づらくて向こう正面からのロンスパからラストまで踏ん張るというポテンシャル戦でこそ、という感はあるかな。

2018帝王賞への展望

近走は緩やかにパフォーマンスを落としていると思うし、休み明け自体は走るけどドバイ遠征明けという点でも不安はある。昨年の帝王賞では割と淡々と流れていた中でケイティブレイブにやられているし、総合的にみてもポテンシャル戦でのパフォーマンスという点でみても今はケイティブレイブの方が上だと思う。仮にL2最速の度合いがきつければケイティもパフォーマンスを落とすかもしれないがそれでもこちらより上だと思うし、ゴールドドリームはもちろんのことテイエムジンソクやアポロケンタッキーも強敵。サウンドトゥルー辺りとの比較ならまだ頑張れるかも、と思っているがサウンドは後ろから漁夫の利戦法を取るのでドはまりする可能性もあると。そう考えると中央勢の中ではなかなか手を出しづらい立ち位置になるかな。ただし、枠順は悪くなくてテイエムジンソクが逃げるかは分からないにせよある程度前、ケイティブレイブも逃げる可能性もあるがこの2頭を見ながらの先行策をとる、というのは言うほど難しくない。アポロケンタッキーが厄介なので、これを行かせて好位から向こう正面で外から動くというBプランも用意できるので競馬としてはかなりやりやすいだろうと。こういう時の大井の武豊は結構怖い印象で向こう正面から3角までにかけて外から動いてそのままのスピードでコーナリングを、JBCを勝った時のような(川崎と大井なので右左の差はあるが)コーナーで減速しがちの大井で外からの勝負に持ち込めれば…或いは。

―――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞】
昨年は超穴馬ウインガナドルが激走して的中!

―――――――――――――――――――――――――

≪1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!≫

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

春シーズン後半の重賞でも会心ヒットを連発!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エプソムC】穴:グリュイエール(5人気)
2万8020円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイル】穴:レッドヴェイロン(9人気)
2万1840円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【ダービー】穴:ワグネリアン(5人気)
7950円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【Vマイル】穴:レッドアヴァンセ(7人気)
8850円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週のラジオNIKKEI賞も人気通りには決まらない
――――――――――――――――――――――――
■■■■■■今年の超穴馬はこれだ!!■■■■■■
――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。