競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

宝塚記念 2018 追い切り・調教評価:ミッキーロケット、2週続けてハードに、ラストの踏ん張り良し!

time 2018/06/20

2018宝塚記念の追い切り

※6/20水曜日分…明日追記アリ

暫定・追い切り一番馬:ミッキーロケット

和田がハードに追ったとはいえこのラップでまとめてきたのは近走ではない。2週続けてかなりハードにやられているが、少し間隔があいているのもある。力強い脚捌きを維持してきたし、これなら。

良かった馬

◎サトノクラウン
…時計自体は地味だがもともとウッドでそんなに出す方じゃないし、それにコーナーの地点で抑えながらでも迫力のあるフットワークで入れていたのは何より。地味だけど余力もあったしフットワークの切れ、迫力を感じられたので。

◎サトノダイヤモンド
…終い重点、出せば出る馬だからこんなもんではあるが、それでも後肢の動きも大きく全体のフットワークの力強さを見せてきた。良い感じじゃないかな。

◎ゼーヴィント
…最後はハードに追われたが、追われる前からスッと反応できていたのは好印象。内から終い重点でこれぐらいのラップは出せると思うけど、前肢の伸び、掻き込みの力強さもよかったし反応面も含めて総合的にいい内容かな。

◎ノーブルマーズ
…今の調子の良さを象徴している感じで、四肢の捌きがこの馬場でも軽い。坂路でそんなに時計を出してくる方ではないが馬なりで前肢を伸ばして手先の返しも素軽いし、この感じならちょっと怖さはある。

◎パフォーマプロミス
…一週前にハードに、直前はぼぼ馬なりで進められていたが力強く前向きな走りで最後はしっかりと楽に加速してきたのは好感。ラップはさほどでもないがそれ以上の雰囲気だったと思う。良いでしょう。

微妙な馬

△アルバート
…チップの出来と本番で直結しにくいタイプかもしれないけど、ラストはラップ的に落としているし良いころは迫力がありながらももう少し前肢を動かせていたかなという感じはある。ちょっとその辺が足りなかったかな。

△ステファノス
…ん~終い重点でもうちょっとラップ的に動けるかなと思ったけど。映像的には確かに併走馬を楽に交わしているけどフットワークが少し小さい感じがするかな。もうちょっといい動きをするイメージだったし、まだ本調子ではないように感じる。終い重点ならもっと出せると思うしややこじんまりとした動きだったかな。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中

サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。