競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

宝塚記念 2018 出走予定馬:タツゴウゲキ&秋山想定

time 2018/06/19

宝塚記念 2018 出走予定馬:タツゴウゲキ&秋山想定

第59回 宝塚記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月24日()
コース:阪神芝内2200m

予想用・出走予定馬一覧

タツゴウゲキ(秋山想定)

昨年夏の中距離王、小倉記念・新潟記念を制したタツゴウゲキが宝塚記念に出走予定だ。長い休養を挟んで挑んだ前走の鳴尾記念では10着とブービー、大敗を喫してしまった。夏男だけに気温に比例して急上昇となるか、厳しい状況で背水の陣から剛撃を決めろ。

条件的にはチャンスがあっていいと思うが2200はちょっと長い可能性はあるのと、やっぱり前走が負けすぎ。鳴尾記念は悪い流れではなかったし、高速馬場自体も問題ない馬だけにあそこまで負けるとGIの舞台で強敵相手に激変とまではどうだろうか。

小倉記念(GIII)1着

小倉芝2000m良 13頭2枠2番
1:57.6 58.3-59.3 H^1
12.3 – 10.8 – 11.3 – 12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.2

3走前の小倉記念勝ちを振り返りたい。極端な高速馬場状態だったとみていいし、その中で1秒とややハイ、それでも後半は6Fのロンスパというイメージが強くL5最速でポテンシャル面が問われた一戦なのも確かだろうと。

2番枠から好発を切ってそこから押して先行策、楽に2列目を確保してポケットに入る。道中も前半から速い流れの中でしっかりと2列目で楽に進め、向こう正面でペースアップした中で促しながら2列目のポケットで3角。3~4角でロンスパになっている中で内内で仕掛けを我慢、余裕をもって4角出口で待ちながら直線。序盤で内に切り込んですっと反応、2番手に上がってL1で抜け出したサンマルティンとの接戦を制しての勝利だった。

3着以下は突き放しているし、ハイペースの流れで基礎スピードを活かしていい位置、後半のポテンシャル戦でも3~4角でロスなく立ち回りながら脚を残してしっかりと直線で抜け出す脚を引き出してきたと。サンマルティンが強気の競馬だったにせよ強敵だし、3着以下でもストロングタイタンを撃破している。前半から厳しい流れで基礎スピード・ポテンシャルの両面で高いレベルのものを見せたといっていいだろう。

新潟記念(GIII)1着

新潟芝外2000m良 17頭1枠1番
1:57.9 59.0-58.9 M
12.9 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 11.2 – 12.0

2走前の新潟記念でも強い競馬をしてきたし、パターンも少し違う。舞台も左回りのワンターン2000m戦なので小倉とは事情が違うが、前後半でフラットなペース、中盤の緩みも小さいものの後半速いラップを問われているのでこれでも若干中弛み気味ではあるのかなと。3F勝負で新潟にしては最速11.2と遅めなように全体のペースを引き上げたことで後半勝負の度合いは小さくなっているとみるべきかな。

1番枠から好発を決めて押してハナを主張、外のウインガナドルがハナを取り切ったので控えて番手で進めていく。楽な感じで3角に入っていき、3~4角でウインに並びかけていくような感じで直線入りで並びかける。序盤で馬場の真ん中を通しながら堂々抜け出しL2では1馬身ほどの差があったが徐々に詰められる。それでも最後まで半馬身差はキープしてアストラエンブレムの追撃を振り切った。

まあこの一戦のレベルがどうか?というのはすこし感じるところではあるんだが、やはり前半の基礎スピードをうまく使うことで後半勝負に特化しきらない、そういう競馬に持ち込んだのがまず一つ。もちろんこの馬の場合は垂水Sがシルバーステート相手にL1で食い込んできていたのでトップスピード戦でも結構長く脚を使えるタイプだとは思っているし、トップスピード勝負でも面白いとは思うが、ここでは基礎スピードを活かしてしっかりとねじ伏せてきたといっていいだろう。このようにペースは速くても良いタイプだ。

鳴尾記念(GIII)10着

阪神芝内2000m良 11頭7枠9番
1:58.9(+1.7) 58.2-59.0 H^1
12.1 – 10.5 – 11.6 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 11.6 – 12.0

そこから長期休養を経ての今年初戦となった鳴尾記念では惨敗だった。休養はリフレッシュとのことだが、やはり使ってきてよさが出てきた馬だけに初戦からいきなりというのは難しかったか。それでも負けすぎ。ペースは0.8でややハイ、そこからの5F勝負になっているのでこの馬としては適性的には全く問題ないはず。

9番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。そこから内に進路を取って無理のない範囲でリカバーして中団内内では進めていく。道中も中団の内でひっそりと脚を残しながら3角。3~4角でも最内を立ち回りながら直線も序盤から脚がなく失速した。

まあ出負けが痛かったかなとは思うが、それでもそこまで極端に速かったわけでもないし、一足も使えなかったというのは悲観的な材料かなと。叩いてよくなるレベルの負け方ではなかったように感じた。もちろん直前の動きを見てから判断すべきだとは思うが、前半の出負けがあったとしても3~4角のロスはほとんどなかった。その流れで一足も使えなかったのはマイナス材料だと判断したい。

2018宝塚記念への展望

昨年の出来なら少し面白いかなとは思うが、それでも基礎スピードが問われた中での良さというのはある。4走前の七夕賞に関しては詰まってしまったことが痛かったし、そこからでも見せ場はあった。ただ前走の鳴尾記念では全くいいところが無かったので、いきなりそこから急上昇するのか?となると疑問が多い。それに加えてやはり2200mという距離は微妙。2000ではある程度基礎スピードが問われた前提で良さが出てきているし、ロンスパといっても前半が速い、という中でのもの。例えば下鴨Sなんかでは京都2000で59.9-58.3とかなりのスローからの11.9 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 12.0とロンスパ戦で2列目からうまく運んで終い甘くなっていてノーブルマーズやヴォージュレベルに完敗している。その内容から考えてもやはり後半勝負に特化するのは2000で好ましくない、となれば2200が長い可能性は出てくると。総合的に考えると能力は評価するも今回は狙いづらいか。

―――――――――――――――――――――――――
ダービーも◎ワグネリアンから大回収成功!
(※79万円獲得の的中馬券を公開中)
―――――――――――――――――――――――――

もちろん今週の宝塚記念も!
春GI絶好調の我々にお任せ下さい!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
≪想定配当は馬連でも30倍以上!≫

【宝塚記念】馬連1点馬券を特別無料で教えます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

―――――――――――――――――――――――――
ダービーだけじゃない!この春のGIは絶好調!!
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイルC】 2万1840円的中
【ヴィクトリアM】   8850円的中
【オークス】      3360円的中
【日本ダービー】    7950円的中

―――――――――――――――――――――――――
さらにこの2週も万馬券ラッシュ!ラッシュ!
―――――――――――――――――――――――――
【函館2日目6R】 4万7530円的中
【東京6日目2R】 4万3910円的中
【エプソムC】   2万8020円的中
【阪神3日目5R】 2万5380円的中
【東京3日目5R】 2万3720円的中
【東京6日目4R】 2万1070円的中
【東京3日目11R】2万0670円的中
【東京4日目4R】 1万7680円的中
【東京5日目12R】1万6390円的中

※※※※※ その他的中多数 ※※※※※

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大きく勝ちたい方はコチラも絶対にお見逃しなく!

【宝塚記念】馬連1点馬券を特別無料で教えます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。