競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エプソムカップ 2018 出走予定馬:サーブルオール&ルメール想定

time 2018/06/06

エプソムカップ 2018 出走予定馬:サーブルオール&ルメール想定

第35回 エプソムカップ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年6月10日()
コース:東京1800m

予想用・出走予定馬一覧

サーブルオール(ルメール想定)

1000万下、美浦ステークスと連勝、上がり馬のサーブルオールがエプソムカップに出走予定だ。1000万下を勝ちあがるまでには少し時間がかかったものの、そこからはとんとん拍子でオープン入り。4歳馬の強敵が揃ったが成長力は5歳でも見劣らない、遅れてきた大器であることを証明したい。

ここ2走は異なるパターンで共に強い競馬をしてきている。基本的にはTS持続タイプだと思うが、あとは良い位置を取れるかどうかで変わってくるかな。その辺りは少し不安がある馬。

美浦ステークス(16下)1着

中山芝内2000m良 11頭7枠8番
1:59.9 60.4-59.5 S^1
12.1-10.9-12.2-12.5-12.7-12.3-11.7-11.9-11.4-12.2

前走の美浦Sから振り返る。中山の2000m戦でこの時は良でも雨の影響が残っていて時計も掛かってややタフな馬場状態。その中でややスローとある程度流れた中でのL2最速戦となっている。馬場とペースを考えるとL2の11.4はまずまず速い。

8番枠からやや出負け、窮屈になって序盤は後ろからの競馬になる。道中も少し掛かり気味だが向こう正面で外からじわっと押し上げてペースを引き上げつつ2列目の外で3角。3~4角でも持ったままで進めて先頭列に並びかけるが外から一気にレッドローゼスに捲られ直線。それでもそこから抵抗するとL1で競り落としてしっかりと抜け出した。

ゲートがあまりよくない中で向こう正面で少し緩んだ地点でうまく押し上げていったのはある。3~4角では先頭列に並びかけて仕掛けを加減しながらだったが、そこで外からレッドに一気に来られて一瞬危うかったが、L1の減速地点でレッドよりも踏ん張って1馬身近く差を作ったのは立派。3着以下は離しているように、長く良い脚を使ってきたのはある。

1000万下1着

東京芝1800m良 9頭7枠7番
1:46.9 47.4-47.4 M
13.0-11.1-11.5-11.8-12.1-12.2-11.7-11.7-11.8

2走前の東京1800m戦でも外から正攻法でトップスピード持続力を引き出してきた感が強い。ペースは平均だがこれは前がある程度離していたので実質はスローで、3~4角でかなり詰めたしおそらく後ろの馬は仕掛けが相当早かったんじゃないかなと。この時は芝は良だがダートは不良で始まっているように、多少影響があった(それでも高速馬場だったとは思うが)

7番枠から五分には出て促しつつも中団の外目でという形になる。道中も前が離して進めるのを見ながら中団で進めて動かず3角。3~4角で前3頭を捕えに外から動いていって差を詰めて直線。序盤で追い出されてここではジリジリも、L2でダノンキングダムに並びかけると、L1で突き放して後続を寄せ付けずの完勝だった。

ここではしっかりと3~4角で外目を回しながら早めに仕掛けてラストまでしぶとく伸びて長くトップスピードを維持してきたという感じ。瞬間的な切れ味ではなく4~5Fで速いラップを維持してくるイメージで、ワンターンの実質スローでダノンキングダムを楽に差し切ったのは評価していいと思う。エンジンがかかってからがいいタイプだと感じる。

オリエンタル賞(10下)3着

東京芝1800m良 17頭2枠3番
1:47.1(+0.3) 48.2-46.6 S^2
13.0-11.3-11.7-12.2-12.0-11.7-11.5-11.6-11.8

3走前のオリエンタル賞では強敵だったとはいえサンティールに完敗を喫している。ペースは1.6でかなりのスローに突入、ラップ推移的には中盤以降淀みはなく4F戦という形。仕掛けはここでもL3最速である程度早かったとみている。

3番枠から五分には出ていたが促されても前には行けずに後方内内。道中もスローの割には縦長で後方の中目で我慢しながら3角。3角では外目に出して4角では進出、促しながら中団に取り付いて直線。序盤でそこから追い出されてしぶとく伸びる、L2の段階では好位列に取り付いてきてL1でもうひと伸び欲しかったが前との差はなかなか詰まらずの完敗だった。

外から上がり最速を出しているように、TS持続力の高さは間違いないと思う。ただやはり前半のポジショニングで苦しんでいるように、ゲートがいまいち、二の足もいまいちではなかなか難しいな、というのが正直なところ。この馬の脚を使ったとしても前が踏ん張るので届かない。前半部分に難があるのは確かだろうと。

2018エプソムカップへの展望

ルメールなので厄介だが、チャンスがあるとすれば少し外目の枠の方がいいと思う。内枠からだとゲートが上手くないので後手を踏んでからリカバーするのが難しくなる。枠の並びが良ければいいが、内でリカバーできなければ後方からTS持続だけでズドンと出来るほどにはないかな。前走の美浦Sでも向こう正面で押し上げてしまったことが大きいし、3角で先頭列からの4F戦で踏ん張ったと。あれが後ろからになると最後まで脚を使えても直線でそこまで鋭く脚を使えないので前が落ちなければ難しい。スローロンスパが理想で、マイネルミラノが作るレースとの相性はいいと思うが、それでも3角までにある程度の位置にいないと難しいレース。ルメールがそこをうまく乗ってくるようなら怖いし、適度に外なら向こう正面の段階での押し上げも警戒しないといけない。適性的に不安はあるので押さえ以上の評価はしないつもりだが…3角までの持って行き方次第ではワンチャンスある馬。ゲート、二の足、基礎スピード面の課題を克服できるかが焦点。

―――――――――――――――――――――――――
今週の勝負はエプソムC・マーメイドSではない!
―――――――――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼

【 日曜後半 】
重賞よりもさらに大きく狙える条件戦があった!!
―――――――――――――――――――――――――

クラス再編成直後の今だから
盲点になっている超伏兵がいる!

―――――――――――――――――――――――――

情報通り決まれば3連単大万馬券も!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日曜後半】大万馬券も狙える衝撃情報を『特別無料』で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆この春のハイシーズンも多数の高配当をお届け中!!

2回東京11日目9R
9万4680円的中

3回京都1日目3R
6万7370円的中

1回新潟5日目11R
4万5350円的中

1回新潟6日目2R
4万0400円的中

2回東京2日目1R
3万9050円的中

1回新潟6日目8R
3万8370円的中

2回東京7日目4R
3万6120円的中

3回阪神1日目1R
3万3090円的中

2回東京6日目7R
2万9340円的中

1回新潟3日目9R
2万2830円的中

2回東京6日目11R
2万1840円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日曜後半の大万馬券も狙える衝撃情報はコチラから!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。