競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

安田記念 2018 出走予定馬:ペルシアンナイト&川田確定

time 2018/06/01

安田記念 2018 出走予定馬:ペルシアンナイト&川田確定

第68回 安田記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月3日()
コース:東京1600m

予想用・出走予定馬一覧

ペルシアンナイト(川田確定)

昨年の秋のマイルチャンピオンシップで見事GIタイトルをゲットしたペルシアンナイトが安田記念に出走予定だ。前走の大阪杯では皐月賞と同じく2000mの舞台で2着と流石の強さを発揮。今回は初戴冠の距離マイルに戻して秋春マイルGI連覇を狙う。4歳世代のライバル・スワーヴリチャードは強敵だが、マイルの舞台では譲れないぞ。

マイルCSを勝った時は渋った中でエアスピネルの後ろからうまくスペースをとってと全てがかみ合った感はある。前走の大阪杯も上手く立ち回ってのL1差し込みで、皐月賞もかみ合った。逆に富士Sにせよ中山記念にせよ、ごまかしの利かないパターンでは完敗しているのをどう考えるか。高速馬場自体は良いと思うがマイルで時計を詰めなければいけない立場でもある。意外と微妙なところじゃないかなと。

マイルCS(GI)1着

京都芝外1600m稍 18頭8枠18番
1:33.8 46.7-47.1 M
12.2-10.8-11.6-12.1-11.9-11.5-11.6-12.1

まずは3走前のマイルCS勝ちから振り返る。ペースは平均でL3最速11.5とトップスピードの質はあまり問われていない。稍重で力の要る馬場だったこともあり、走破時計も1:33.8と時計がかかった。

18番枠からまずまずのスタートだったが大外枠でもありある程度促しつつも後方まで下がる。そこから内に進路をとってレッドファルクスの後ろぐらいで3角を迎える。3~4角でも一頭分外というところでロスなく立ち回りながら直線。序盤で中目に空いたスペースを突きながら抜け出したエアスピネルの直後を追う。L1で2馬身ぐらいの差を一気に詰めて捕え切った。

ミルコ会心の騎乗で、大外枠から内に入れてロスなく立ち回って直線では馬場のいいところを選んでかつエアスピネルが横綱競馬をしている後ろを選択できた。これ以上ない競馬だったと思うし、その中で後半のポテンシャル面を引き出してねじ伏せ切ったと。前半無理をせず後半勝負に特化した中でエアスピネルとの差を逆転してきたし、個人的にはマイルは本質的には若干短いかもしれないと。

大阪杯(GI)2着

阪神芝内2000m良 16頭3枠5番
1:58.3(+0.1) 61.1-57.1 S^4
12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

大阪杯は空前のドスローからの5F戦というところ。L4-3の3~4角地点が最速という特徴があり、TS持続特化、コーナリングも問われたという競馬。基本的にはここでロスなく立ち回っていた方がいいのは間違いなかったと思う。

5番枠から五分のスタートだったが控えて中団内内での競馬。道中も中団馬群の中目でコントロールしていたが外から一気にスワーヴが上がっていったので一気にペースアップ。3~4角ではうまく1頭分外の位置でロスを最小限にとどめながらダンビュライトの後ろを通して直線。4列目からしぶとく伸びるがここではまだ3列目に並びかけるまで。L1でグンと来て前のアルアインは捕えたがスワーヴは強かった。

3~4角でのロスは少ない方だったが一気にまくって最内を取り切ったスワーヴと比較してどうか?というのは微妙なところ。ただ3~4角で速いラップを踏む中で内で立ち回りながら直線で前が減速する中でしぶとく伸びてきたようにTS持続力の高さを発揮した。それと、後半特化の流れに中団で進めながら末脚を引き出してきたことを考えても個人的には距離はこれぐらいがベストかなという感じはしている。

富士ステークス(GIII)5着

東京芝1600m不 15頭3枠5番
1:35.6(+0.8) 47.8-47.0 S^1
12.6-11.3-11.7-12.2-12.0-11.2-11.2-12.6

引っかかるのが富士S。この時は不良といってもそこまで悪化してなくてラップ推移をみての通りで最速11.2なのでマイルCSより速い。ペースは0.8でややスローという程度だがそれなりには流れていた。その中である程度流れに乗っていったなというのは感じたかな。

5番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しながら好位の内目に入っていく。道中も最内を確保してレッドアンシェルの直後。3~4角でもロスなく立ち回って内を選択。序盤でレッドアンシェルにも離される感じ、L2でもレッドとの差が詰まらず、L1でようやくそこそこレッドとの差は詰めての5着完敗だった。

外の各馬は馬場差があった可能性もあるので比較が難しいにせよ、同じようなラインを通したレッドアンシェルに対していいところが全くなかったというのをどう考えるか。道悪もあったかもだがそれだとマイルCSで来たというところと矛盾する。考えられるのは2つで、一つは全体のペースが速かったこと。もう一つはギアチェンジが問われて良さが出なかったこと。もちろん両方の可能性もあるが、少なくともマイルの流れで前目についていって良さが出なかったことは確かなのでこのあたりをどう考えるかがポイントになるかな。エアスピネルとの比較でみても明らかにマイルCSの方がパフォーマンスが高かったからね。

2018安田記念への展望

ここで信頼は置けないなというのがまず入り方としてはある。マイルCSではすべてがプラスにかみ合った感があるし、大阪杯と富士Sの内容の比較で含めるとギアチェンジがあまり問われないほうがいいという可能性は結構ある。ダービーでも掛かってしまい、捲っていったレイデオロに合わせたとはいえいつもの脚を使えていなかった。大阪杯の感じから距離とは思わないので、となると府中のスローで問われがちな直線でのギアチェンジ面が弱点になりえると。もう一つは高速馬場で基礎スピードが問われてどうなのか。この馬に関しては正直、瞬間的なトップスピードの質はそこまで感じないし、どちらかというと大阪杯にせよ皐月賞にせよ中間的な脚を連続するのが得意な印象。富士Sでは不良といってもそこまで悪くない中で好位につけて末脚が削がれていた可能性もある。全体で45秒台のペースになった時にはそういったところでのリスクが出てくるかな。また仮にスローになったとしてもギアチェンジが今度は問われる、10秒台の脚を問われる。そういう競馬になった時にも決定的な競馬はこれまでできていない。流れにうまくかみ合わせることが皐月賞、マイルCS、大阪杯と出来ているし、実力的には中距離路線でもトップレベルに近いところにはいると思っているが…。中間の雨の影響も水曜に13.5mm降った程度で金曜正午の段階で良。ほとんど影響はないと思うし日曜まで晴れ予報。パンパンの良馬場で府中のマイルでとなると、個人的には少し評価を落としたい。追い切りが良かったので悩ましいけど消す可能性も十分にあるかな。枠順は3枠5番と内目で良い枠。スワーヴが最内枠なのでこれより前をとって勝負したいところだが。高速馬場の府中マイルだとサングレーザーの方が逆転してきそうかなと思っている。

◆◆この勢いは止まらない!ただいまGI4連勝中◆◆
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイルC】 2万1840円的中
【ヴィクトリアM】   8850円的中
【オークス】      3360円的中
【日本ダービー】    7950円的中
―――――――――――――――――――――――――

5週連続東京GI完全制覇は目前!

もちろん今週の安田記念もお任せください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
情報通りに決まれば3連単なら300倍超も!
―――――――――――――――――――――――――
スワーヴリチャードに迫る超穴馬は必見!

【絞りに絞った3頭】無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。