競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都9R 東大路ステークス 予想:本命12ナムラヘラクレス

time 2018/05/27

京都9R 東大路ステークス(16下) ダ1800m
馬場想定:良、標準ダート想定

展開予想

外からキクノルアがハナを主張、その外のテルペリオンも速いのでこの2頭がある程度先行、内のマイネルトゥランが休み明けだが前走の感じなら思い切ってハナもあるかなというところ。この3頭がある程度引き上げていくと思うし、ダートも少なくとも時計はあまり出ていない状況。52秒を切るかどうかというラインでみて49.5-50.5ぐらいのイメージで。

予想

◎12ナムラヘラクレス
○14テルペリオン
△01ジュンスパーヒカル
△09ネイビーブルー
×11キクノルア13フォンターナリーリ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

——PR——-
 ダービージョッキー大西直弘曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑

◎ナムラヘラクレス

前走は休み明けというのもあったと思うが、49.8-49.1とややスローに肉薄する遅めの平均で、12.9 – 12.1 – 11.9 – 12.5 – 12.6とL3最速で11.9と京都としては速いラップを3~4角辺りで踏んでという中で決め手負けした感じ。もともと2走前にキクノルアを撃破したのが48.8-50.8とかなりのハイペースの流れで番手から前目で基礎スピードを活かしての勝利。厳しい流れのほうが合っていると思うので、今回のメンバー構成で前目で流れに乗っては入れれば十分逆転可能。もうちょっと人気してもよさそうな感じだが混戦とはいえ現時点で9番人気なら思い切りたい。

○テルペリオン

ハナまでは難しいと思うが、逃げでも2列目でもやれる馬なのは強み。2走前の梅田特別では阪神1800で前半3Fで自身36.2と速い入り方をしながら12.5 – 12.0 – 12.0 – 12.8 – 12.8 – 12.6 – 13.0とどうしても1~2角で少し緩めてからの再加速、という形でスピードで押し切るのが難しい競馬になった。この馬も3走前の門司Sでやれているように基礎スピードが高い馬なので1~2角で減速せずに入りやすい京都1800の方がよさそうかなと。

△ジュンスパーヒカル

前走の上賀茂Sでは49.8-49.1とややスローに近い平均から12.9 – 12.1 – 11.9 – 12.5 – 12.6とL3最速の流れで外々からロスがありながらとなったことを考えると結構立派な6着。内で包まれてどうかの不安があるので信頼はともかく3走前の北山Sでも京都1800で49.0-50.2とややハイ、12.9 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.4と中弛みからの再加速で2列目外から流れに乗って進めて最後まで加速に食らいつけた。相手もザイディックメアは撃破できているし4着以下は離している。力は足りると思う。

△ネイビーブルー

厳しい流れの中山1800で対応してきているのは一定の評価が必要だし、過去を見ても札幌1700の良馬場でユラノト相手に2着の時が、少し時計がかかる中で49.3-50.7とハイペースからの12.7 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 13.3と消耗戦で好位の中目から3~4角で押し上げつつ直線しぶとく食らいつく内容。1800で基礎スピード不足、ということもないと思うし警戒したい。

×キクノルア

小坂自体は応援している騎手なんだけど(同世代…この世代、川島も最近あんまりだし、大庭とかどこいったんや…ほんと頑張れよ)3走前の1000万下戦で阪神でとはいえ基礎スピード戦でナムラヘラクレスに敗れている以上それ以上の評価はあまりできないかなと。前走みたいに少しコントロールしたほうがいいと思うし、ハイペースでも踏ん張れているが2,3走前の内容なら3着までとしておきたい。

×フォンターナリーリ

ちょっと攻めの3着ヒモ扱いなんだが、この感じは多分阪神巧者だと思うんだよね。京都は1~2角がそこまできつくないからここでの減速が少ないし基礎スピードを比較的活かしやすい。阪神は前半速くなると1~2角が急だから減速が激しくなる。前走の梅田Sなんかは強い競馬で48.0-51.2と超ハイで中団外から取りついてねじ伏せたから対応はしているんだけど、3F目から12.5 – 12.0 – 12.0 – 12.8 – 12.8 – 12.6 – 13.0と12.5といったんゆるめてから再度前が加速してというような感じになるのでどうしても理想的に時計勝負に持ち込みにくいところがあると。この馬が京都の1800で前半から早い流れの中で外から進めて最後まで脚を使えるかどうか。この辺で予想的に当たれば何となくダートでみるべきポイントもわかってくるような気がするのでここは注目したい。実力的には1枚上のはずだからね。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週までNHKマイル・ヴィクトリアM・オークスと東京G13連続的中で今ノリにノっています!
 そして今週の日本ダービーは、大西騎手本人がサニーブライアンで逃げ切り勝ちを収めたレース。ダービー勝利騎手として熟知した東京2400Mだけに、この過酷なコースを乗り切れる馬を見抜けるのだという。
 大西騎手曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!
 
先週!5/20 東京8R
3連単1万8540円的中
——————
先々週!5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中
——————
3週前!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
——————
4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
——————
4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
一頓挫あったダノンプレミアムは大丈夫?
 
ブラストワンピースはここでも通用する?
答えはダービージョッキーに聞け!
↓↓↓↓↓↓

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。