競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:ステイフーリッシュ&横山典確定

time 2018/05/25

日本ダービー 2018 出走予定馬:ステイフーリッシュ&横山典確定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

ステイフーリッシュ(横山典想定)

GIのホープフルステークスで3着、前走の京都新聞杯では見事に勝利を収めて賞金を加算したステイフーリッシュが堂々と日本ダービーに出走予定だ。前走の京都新聞杯では今年覚醒を遂げた藤岡佑介の手によって先行策で見事に変身。今回の鞍上はマジシャン横山典弘、勝負を懸ける強気の先行策を期待したい。

京都新聞杯はちょっと驚かされたかな。高速馬場の流れの中で先行策からTS持続を前目で引き出してきたし、これは新味といっていい。ホープフルSの競馬では足りないと思うが、この競馬ができれば少し怖さはある。チャンスがあるとすれば厳しい流れの中に乗っていくことだろう。

——PR——-
 ダービージョッキー大西直弘曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑

 

京都新聞杯(GII)1着

京都芝外2200m良 17頭7枠13番
2:11.0 58.5-59.3 H^1
12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

前走の京都新聞杯勝ちから見ていこう。ペースは0.8でややハイ。中盤に13.2とここで緩んでいるがそれを除けばかなり速いペースで進んでいてそこからのL3最速戦なので仕掛けも早い。全体で分散しているので最速11.3という程度だが、ペースを考えれば速い。その中で番手から強い競馬だった。

13番枠から五分のスタート、そこから押して先行策を果敢に狙っていく。道中も逃げるメイショウテッコンから少し離れた番手で進めながら向こう正面を通過。3角手前でメイショウが緩めたところで取り付いて番手で3角。3~4角でも番手外で仕掛けを待ちつつ4角で勝負に出て並んで直線。序盤でしぶとく抜け出してリードを2馬身半ほどに広げる。L1は流石に甘くなって減速したがそれでも後続の追撃を楽に振り切っての2馬身弱の勝利。

ここで驚いたのはやはり高速馬場の中でこれだけの基礎スピードを見せてきたことだろう。少し単騎気味だったがおそらくこの馬の1000通過でみても59秒フラット~前半ぐらいだと思う。そのペースで進めながら4角で勝負して最速地点で動いて最後まで踏ん張ってという競馬ができたのはかなりの収穫だったかなと。時計的にはかなり速い、土曜がちょっと読みにくい面はあるが日曜日は一貫して高速馬場だったと思う。その点で評価が難しいが、それでも59秒のペースからこの脚を引き出せたのは立派といっていいだろう。

共同通信杯(GIII)10着

東京芝1800m良 12頭7枠9番
1:48.5(+1.1) 48.0-47.2 S^1
12.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.6

2番人気を大きく裏切る10着という結果となった2走前の共同通信杯。一応ペースは平均だが前が離していて実質的には恐らくスローからのトップスピード戦。上位は33秒台の上がりを引き出している中で伸びることができず。

9番枠からやや出負け、狭くもなったので後方からの競馬となる。道中も後方で進めてグレイルをマーク。3~4角でもグレイルの後ろから外目を回しながら直線で大外。序盤で大外に持ち出すが伸びない。ラストまでじりじりとばてているというほどではないが前との差は詰まらないままの惨敗だった。

グレイルとの比較でみてもラストの伸びが物足りなかったのは事実なので、少なくとも後半勝負でトップスピードが問われてしまうと難しいだろう。瞬間的な決め手で見劣ったのは間違いない。後ろからになってしまったのは多少運も悪かったがゲートが甘かったことも大きいし、まあこの時点では完成度で物足りない競馬だったかなと。ただ、このレースでは-12kgと輸送も影響したか馬体減が激しかったのもある。

ホープフルS(GI)3着

中山芝内2000m良 17頭7枠13番
2:01.6(+0.2) 59.6-61.8 H^2
12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2

3走前のホープフルS3着は悪くはないがそれでもかみ合ったほう。ペースは2.2でかなりのハイ、そこから3~4角で緩んでの再加速というラップ推移。前が飛ばしてペースダウンに合わせたサンリヴァルと3~4角の減速で取り付いていったこちら、という点でも展開上は恵まれたほう。比較するならジャンダルムでL1は食い込んだし悪くはないかなという感じ。

13番枠からやや出負け、無理はせずに後方馬群の外目から入っていく。道中も前が飛ばす流れに後方で脚を残しつつ馬群の中。ジャンダルムを意識するような感じで3角に入る。3~4角でジャンダルムが揃から動いていくタイミングでうまく外過ぎないところを通しながら直線。序盤でジャンダルム、タイムフライヤーの2頭が壁となる。L1でそこから捌いて伸びてくるが及ばずの3着だった。

後方で我慢できたし、3~4角では中目のスペースを通してうまく減速の流れに巻き込まれないように直線に入ってきたけど、やはり直線で1,2着馬が壁になっていた感はあった。そこから外に出してからのバテ差しは悪くない内容だったと思う。それでもあの位置なら前半は結構楽ができていたと思うし、中だるみにも巻き込まれなかった。レースレベル的にも前で粘ったサンリヴァルが皐月賞で好走した、この馬が先行策で激変したということを除けばクラシック戦線でトップレベルといえるところまでの結果は残せていないのも事実。

2018日本ダービーへの展望

共同通信杯は馬体減も影響したかもだが、今の段階では軽い馬場でトップスピードが要求されてしまうと難しい可能性が当然高く、時計勝負に持ち込めれば或いは?というところ。前走の京都新聞杯は2着以下を厳しい流れを作って早めに動いてねじ伏せていてL1も寄せ付けていない。これは時計的にもラップ的にもかなり評価できる内容。あれができればチャンスもある。ただし、前走は先行勢のレベルはそこまで高くなかったし外から押して押してで勢いをつけて番手まで持っていけた。今回は先行勢の先行する能力が高い。特にジェネラーレウーノ、エポカドーロはゲート・二の足共に速く、サンリヴァル、ダノンプレミアムといったところでも速い。そう考えると前走のように楽に先行できるのかどうかはポイント。5枠10番と中目の枠を引き当てたが外のジェネラーレウーノが内に切り込んでくる、それを目標にエタリオウも先行策を示唆。サンリヴァルやエポカドーロも含め有力先行勢が結構外に偏った印象はある。これらをさばいてどこまで前につけられるか?というのもあるかな。ただ溜めていい馬では断じてないので、その辺りを考えてもノリはある程度勝負してくると思う。皐月賞ならハイペースと読んで後ろからもあったと思うが、府中の2400でこれだけのメンツが揃ったとなると意識的にもある程度流れに乗っていかないと、というのはあるはず。2200mという距離で59秒でも対応できている基礎スピードは強敵が多いとはいえなかなかの武器になる。どこまでやれるか楽しみで別路線組から穴目では押さえておきたい一頭になるかな。あとは共同通信杯で輸送負けしたのであれば、今回も輸送はカギとなるか。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週までNHKマイル・ヴィクトリアM・オークスと東京G13連続的中で今ノリにノっています!
 そして今週の日本ダービーは、大西騎手本人がサニーブライアンで逃げ切り勝ちを収めたレース。ダービー勝利騎手として熟知した東京2400Mだけに、この過酷なコースを乗り切れる馬を見抜けるのだという。
 大西騎手曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!
 
先週!5/20 東京8R
3連単1万8540円的中
——————
先々週!5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中
——————
3週前!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
——————
4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
——————
4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
一頓挫あったダノンプレミアムは大丈夫?
 
ブラストワンピースはここでも通用する?
答えはダービージョッキーに聞け!
↓↓↓↓↓↓

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。