競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名想定

time 2018/05/21

日本ダービー 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名想定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

ゴーフォザサミット(蛯名想定)

ダービートライアルの青葉賞を制し府中2400への適性を示したゴーフォザサミットが日本ダービーに出走予定だ。藤沢和雄厩舎が得意とする青葉賞からのダービーへのローテを踏襲。ようやく本領発揮してきた実力馬が皐月への道を断たれたの無念を府中で晴らすことができるか。

青葉賞は思っていたよりも強かったなあ、という感じ。もちろんスプリングSや共同通信杯でもネックだったのは出遅れであって、まともに出ればトップスピードの持続力は上位相手でも結構通用するとは思っていたけど、それでも青葉賞で明らかにこれまでよりもパフォーマンスを上げてきたと。藤沢馬にしては珍しく過小評価されがちな馬だけど、この日本ダービーでも勝負になるチャンスは出てきたね。

百日草特別(5下)1着

東京芝2000m良 8頭2枠2番
2:00.9 61.6-59.3 S^2
13.2-12.3-12.1-11.6-12.4-12.7-12.5-11.4-11.1-11.6

まずは4走前の百日草特別から振り返る。府中の2000m戦でペースは2.3とかなりのスロー、そこからのL2最速で坂の上りで速いラップを要求される競馬になった。トップスピードの質やギアチェンジを問われた一戦。

2番枠からまずまずのスタートを切ってそこから控えて2列目のポケットと理想的な入りかた。道中もそこでスローで折り合って前にスペースを保ちながら仕掛けを待つ。3~4角で外に出して2列目を目標に仕掛けながら3列目の位置で直線。序盤で追い出されての反応はさほどでもないがL2で徐々に伸びて2列目、L1でしぶとくとらえて半馬身差勝利。

ここで見せたのは個人的にはトップスピードの持続力の高さだったかなとみている。L2でも伸びているけど、1馬身詰めたかどうかぐらいなので多分10秒台には入れていない感じ。この時点ではL1でしっかりと抜け出した脚を評価したいかな。ただポンと出てあの位置からこれだけの脚を使えればクラシック戦線でもそれなりにチャンスはあるというレベルの競馬はしてきたと思う。

スプリングS(GII)7着

中山芝内1800m良 13頭7枠11番
1:48.8(+0.7) 47.8-48.5 M
12.4-11.3-11.9-12.2-11.8-12.1-12.4-12.2-11.8

ただ、共同通信杯とこのスプリングSは出負けが響いた。この時はどちらも田辺が騎乗していたんだが、序盤であの位置になって押し上げるところで脚を使うという形になってしまっていると。ペースは平均だがこれは単騎のコスモのもので、実際エポカドーロで考えれば大体49秒ぐらいなのでスローだろう。その中でポテンシャルでどこまでという感じで完敗。

11番枠からやや出負け、外枠でもあり無理はせずに後方からの競馬となる。道中も後方馬群から少し離れたところで進め、しかも動かず馬群の中目で3角へ。3~4角でも仕掛けを待って中目を追走、4角出口で大外に持って行くがほぼ最後方辺りで直線となる。序盤でそこからの伸びは地味だがL1で前のカフジバンガードらより良い脚を使ってなだれ込んでの7着だった。

後ろだわ仕掛けは遅いわでどうにもならない競馬にはなったと思う。青葉賞の感じを見てもそうだがもうちょっと早めに動くなりアイデアがあれば違ったかもしれない。ゲートが甘くなってしまったし枠も外と苦しい状況だったが、やはり出し切れない競馬になってしまったのがステルヴィオとの違いにはなったかもしれない。もちろんこの段階ではまだ上位2頭との差はあったと思うし、1800はちょっと短かったかもしれないが。

青葉賞(GII)1着

東京芝2400m良 18頭5枠9番
2:24.4 60.8-58.6 S^2
13.2-11.2-11.8-12.2-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-11.6-11.1-11.7

そして前走の青葉賞勝ち。しっかりと出て好位から突き抜けるというこれまでの鬱憤を晴らす完勝だった。結果的に相手に恵まれたかもしれないが、時計的にはかなり優秀。超高速に近い馬場ではあるが、それでも日曜の陣馬特別が1000万下でそこそこ流れて2:25.2、ラップ推移と比較してもどちらも2段ぐらい上。まあ陣馬特別はコウキチョウサンが勝ち切るぐらいだしレベル的にやや低いとは思うが。それでもメトロポリタンS辺りと比較しても良いレベルなので、かなり高いパフォーマンスだと思っている。スローからのトップスピード戦だ。

9番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながら好位を確保と楽な展開に持ち込む。道中もしっかりと折り合ってカフジバンガードの後ろで前にスペースを保ちながら無理なく3角へ。3~4角では馬群の中目を通しながら2列目に近い位置で直線。序盤で外にあdすのに少し持たれていて難しいが出し切ってからL2でスパッと切れて先頭に立つ。そのままL1までエタリオウらを引き離しての完勝だった。

強かったなの一言で、それとやっぱりまともに出れば違うな、という感じ。ここまでのレベルで考えるとかなり楽だったとは思うが、それでもポンと出て外に出して直線で2列目付近からL2でまとめて交わして先頭。トップスピードの質もここでは一枚上。L2の地点では外に出すのにてこずっていたしおそらく1馬身半~2馬身弱ほど先頭との差はあったと思うがこれを11.1で捕らえてきた。ここは流石に10秒台に入ってきているかなと思う。まあそれでもやはり評価はL1で最後まで伸びてきた点にあるとは思うんだけどね。トップスピードの質、持続力の高さを見せてきたと思うし、それをある程度流れた中で引きだせたという点は評価したい。ただダービーではおそらくもう1秒ぐらいは速いペースになる可能性が高いからね。そこでやれるかどうかがカギになりそう。

2018日本ダービーへの展望

ダノンプレミアムやエポカドーロ、ステルヴィオらに各々不安材料がある中で、一番不安材料が少ない馬にはなったかな。もちろんまだゲートを信頼できる馬ではないが、2400への延長が明らかにプラスになっていて、前走の青葉賞の走破時計は超高速馬場に近いとしてもかなり優秀だ(去年のアドミラブルが例外的なだけ)。これならダービーでも例年なら十分勝負になると思う。今年はやはり朝日杯FS組が強かったとは思うし、皐月賞までは回避したがダノンも含めて引っ張ってきていると。ホープフルSで苦しかったサンリヴァルが台頭してきているぐらいなので、ダノンがまともならともかくそれ以外は割と混戦模様だとみている。その中で2400mでパフォーマンスを上げてきたというのはやっぱり大きな強みかな。馬群に包まれてそこまで反応がいいわけではないけど、10秒台の脚を何とか使える、TS持続はトップレベルにあると。共同通信杯で見劣ったオウケンムーン辺りとの比較でもポジション差で見劣らなければという感じだし、普通にチャンスが出てきたかな。単純な能力だけだと多分ステルヴィオの方がまだ上にいると思うが、2400mでとなるとやはり血統的には不安がよぎる(個人的にステルヴィオは2400でもいいとは思っているんだけどね)。そういったところを総合的に力関係で判断していきたいかな。出負け以外で嫌う理由があまりないタイプだし、敢えて言えば基礎スピード的に59秒前半のペースで前が飛ばして実質平均ぐらいの感じになると後半の決め手がそがれる可能性はハーツの仔なのである。ただ適性的な不安はせいぜいそれぐらいなので馬券的には拾いたい一頭。強く狙うには内枠が欲しいかな。ポンと出て良い位置を取りたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ダービー(GI) 鉄板3点勝負

ダノンプレミアムを脅かす穴馬が存在
相手を絞り30倍以上も狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
5/12 京都7R 5万1930円的中!
5/6 新潟8R 10万2030円的中!
5/5 京都新聞杯 4万2640円的中!
4/29 東京12R 3万1710円的中!
4/29 天皇賞春 1万1650円的中!
4/28 新潟8R 7万1570円的中!
4/22 東京7R 2万4020円的中!
4/22 東京12R 2万3410円的中!

ダービーを無料で見る方法

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。