競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2018 出走予定馬:キタノコマンドール&M.デムーロ

time 2018/05/21

日本ダービー 2018 出走予定馬:キタノコマンドール&M.デムーロ

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

キタノコマンドール(M.デムーロ)

世界のキタノが名付け親、すみれステークスで強烈な末脚を披露したキタノコマンドールが日本ダービーに出走予定だ。前走の皐月賞では後方からの競馬で上がり最速も5着と掲示板まで。とはいえこの掲示板がそのままダービーへの切符となっただけに、権利争いを制したのはまさに天命か。大舞台で頼りになるミルコ・デムーロを背に頂点を目指せ。

すみれSは結構強い競馬のはずなんだけどね。ただ5着のコズミックフォースがプリンシパルSを勝ったし、キタノもここで一頭だけ違う競馬をしてきたからね。高速馬場の府中で警戒しないといけないかな。

新馬戦1着

阪神芝内2000m良 12頭6枠8番
2:06.1 65.8-60.3 S^5
13.2-11.5-14.1-13.6-13.4-13.6-13.0-11.8-10.9-11.0

新馬戦から順を追って入っていこう。新馬戦は正直凡戦だったかなという内容。極端なスローからの3F戦だが、L2最速10.9、L1も11.0なのでほぼ2F戦というような感じ。早いラップだがこの時の阪神は超高速馬場だったので何とも言い難い。

8番枠からまずまずのスタート、そこからある程度先行していくが、最終的には好位外で進めていく道中も緩い流れの中でサトノグロワールの後ろで我慢。3~4角でサトノの外から勝負に行って2列目の外に押し上げて直線。序盤で先頭列に並びかけてくるが、内のサトノの手ごたえもよくラストまでこの2頭の叩き合いの末、接戦を制した形。

ここまで極端にスローで3~4角で加速していく中で外から動いていったので、もちろんこれだけのラップを出せたのは評価もインパクトはそこまでなかった。ペースも遅かったし直線に向けて理想的に入れている。ラストで何とかサトノグロワールは競り落としたが上位のレベルは低かったとみていいと思う。この一戦は正直凡戦で、超高速馬場で極端なスローなのでラップ推移が目立ってもあまり高く評価はしないほうがいいだろう。

すみれステークス(OP)1着

阪神芝内2000m良 8頭7枠7番
2:11.7 60.6-58.8 S^2
12.6-11.6-11.9-12.4-12.1-12.3-12.3-12.0-11.8-11.0-11.7

パフォーマンスを大幅に上げてきたのがこのすみれS。この時も超高速に近い馬場だがペースは1.8とかなりのスローでもずいぶん現実的になった。それに中盤もさほど大きく淀みなく進んで仕掛けが遅めのL2最速戦。ある程度は流れたことで仕掛けの意識が遅れた一戦かなと。その中で動いて決め切った。

7番枠からやや出負け、そこから無理はせずに控えて後方で進めていく。道中もそこそこは流れている中で最後方で進めながら3角へ。3~4角でも後方外から徐々に進出、4角でスーッと取り付いて2列目付近で直線。序盤で2馬身差がある中でしぶとく伸びて半馬身差ぐらいまで詰める。L1でしっかりと抜け出しての勝利だった。

L2が11.0の地点で2馬身ちょっとの差を半馬身差、まず10秒台は確定かなというところで、そういう脚をここで引き出してきたのは評価できる。新馬戦と違ってペースは現実的な流れだったし、その中で瞬間的に鋭く脚を使えたのは大きい。新馬戦の時に引き出した脚をそのままこのペースでも引きだしてきたという感じで、瞬間的な切れ味がペースがそこそこ上がっても削がれなかった感じはある。もちろん前半がそこそこには流れた分だけL1が甘くなっているんだが、それでも他が34秒台しか使えていない中で一頭だけ脚が違ったのは確かだろうと。

皐月賞(GI)5着

中山芝内2000m稍 16頭3枠5番
2:01.4(+0.6) 59.2-61.6 H^2
12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

皐月賞では5着と権利をぎりぎりのラインで取れた、という程度だったが内容は悪くない。かなりのハイだがこれは単騎逃げのもので、実際はエポカドーロで大体61秒ぐらいと考えればスロー寄りの競馬になっているだろうと。

5番枠から五分には出たが挟まれて窮屈な感じになったので下げて後方からの競馬となる。道中も後方で進めながらで3角手前で外からじわっと押し上げにかかる。3~4角でも外々からだが前も馬場のいい外を狙うのでかなりロスの多いところを通して直線。序盤で後方からしぶとく伸びてきてL1まで脚を使って3着争い僅差のところまで差し込んでの5着だった。

個人的にはこの皐月賞は後方外からでは難しかったと思う。というのもやっぱり馬場が良くないし、離れたエポカドーロなんかは内から入って馬場のいいところを選択して外に膨れてきているので、後ろの馬は当然その外々となる。馬場が悪い時にありがちだけど、馬場のいいところを取ろうとした結果、後ろの馬は必要以上に外々になってしまったと。ただそれでも最後まで脚を使ってきたし、意外とポテンシャル面で高いレベルのものを見せてきたんじゃないかなと。

2018日本ダービーへの展望

皐月賞では内容的にはかなり高いパフォーマンスだったと思うし、すみれSの内容的に考えても東京2400mへの適性は高いと思う。ポテンシャル戦だった皐月賞であれだけロスがあっても最後まで脚を使ってきていたし、トップスピード戦で10秒台の脚を引き出してきているという点で考えても東京2400の舞台なら適性の幅は広くなるんじゃないかなと。皐月賞にしても後ろになったのは少し挟まれた面があるのでその辺が不運ではあった。すみれSはあまりいいスタートではなかったし、そこが安定すればなおいいんだが。すみれSは一頭だけ違う脚を使ってきているし、少しメンツに恵まれた面はあるが高速馬場適性も高い。皐月賞組の中でもダービーの条件がプラスに働くタイプだとみているので軽視は難しいかな。ペースが本当に淡々とよどみなくになると微妙で、今回はメンツを見ても基礎スピードが勝った馬が結構多い。出来れば勝負を考えればスローが望ましいかな。今回は難しいレースなので予想的にはまだ決められないでいるけど、外すのは危険かな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(1勝)、NHKマイルC組(1勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.3.62]、京都新聞杯組[1.1.1.14]、NHKマイルC組[1.0.1.28]と連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。今年の皐月賞優勝馬エポカドーロは2冠達成なるか?また、注目は皐月賞を回避した無敗馬ダノンプレミアム。一頓挫あって間隔は開いたが、果たして無敗でのダービー制覇なるか。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。ダノンプレミアム(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来13年振りの無敗馬誕生となる。

また、別路線組みからの無敗馬ブラストワンピース(毎日杯組・3戦3勝)の存在も忘れてはいけない。毎日杯を使う前から皐月賞には向かわずダービー直行を断言していた陣営。気性面の問題もあるが、ゆったりとしたローテで1冠獲りを狙っている。鞍上はオルフェーヴルでダービージョッキーとなった池添。開業11年目で悲願のダービー制覇のチャンスが巡って来た大竹厩舎だが、GⅠ初勝利がダービーとなる可能性も十分ある。

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。