競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:リエノテソーロ&吉田隼確定

time 2018/05/11

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:リエノテソーロ&吉田隼確定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

リエノテソーロ(吉田隼確定)

昨年のNHKマイルカップではアエロリットの2着と存在感を見せていたリエノテソーロがヴィクトリアマイルに出走予定だ。ただそれ以降は芝、ダートともになかなか結果が出せずに苦しんでいる状況。再度マイル戦、それも東京の舞台で活路を見出したい。

高速馬場で割と単調に流れたほうがいいかもしれない。ただそれでも1400では短いし、NHKマイルカップでもアエロリットに完敗ではあったと。流れたとしても近走の内容が良くないだけに、どの位置で狙うのか。

NHKマイルカップ(GI)2着

東京芝1600m 18頭7枠14番
1:32.5(+0.2) 46.1-46.2 M
12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8

何といっても昨年のNHKマイルカップ2着から振り返るべきだろう。この時は超高速馬場といっても差し支えないレベルだったと思うが、それでも好時計の決着となった。ペースも平均で3~4角での緩みも小さい、L3最速タイで11.3とそこまで速いラップを要求されない流れになった。軽い基礎スピードとそこからのTS持続という素材の高さを問われる競馬。

14番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理せずに控えて中団馬群の中で進めていく。3角手前で少し手綱を引っ張るような感じになったが、そこから3~4角では外々から勝負に行く形で3列目に近い位置で直線となる。序盤でそこからしぶとく伸びてきてL2の地点では2列目から一瞬アエロリットに並びかけるか?というところまでくる。半馬身差ぐらいまで詰めたもののL1で甘くなって最後は1馬身半差の完敗だった。

少なくともL2の坂の上りの地点までの決め手で言えばアエロリットを上回る、脅威を与えるレベルのものは見せてきたと思う。ただアエロリットはL1のTS持続が高いレベルにあるし、基礎スピードも持っているのであの位置から踏ん張ってしまうというところが強みで、こちらは基礎スピード面で少し足りなかったか、あるいは後ろからの競馬をしてもTS持続で足りなかったか。ただ、レッドアンシェル辺りとの比較でみれば十分強い競馬ができている。3角辺りでも掛かり気味だったので何ともだが、もう少し流れに乗ってどうだったか?というのは少し興味深いかな。高速馬場適性もかなり高いものを見せてきたとみるべきだと思う。

ターコイズS(GIII)6着

中山芝外1600m良 16頭3枠6番
1:34.4(+0.2) 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

3走前のターコイズSは逃げの手を取る形となったが結果的には6着と物足りない競馬になった。そこまで時計も掛からず、標準ぐらいの馬場だと思うがそれでも時計的にはちょっと物足りない内容。ペースは1.2でスローに持ち込み、後半の一足勝負となっている。

6番枠から好発を切って思い切ってハナを主張する。そのままペースをスローに支配、遅すぎない程度に淡々と11秒代後半を刻んで進めていく。3~4角でも後ろの仕掛けを待ってから4角出口で促して直線。序盤で一足は使ってここでは1馬身のリードをキープしていたがL1の坂の上りで甘くなって最後は差し込まれた。

まあ悪くはないんだが、恐らくこのペースで進めると後続の脚を削ぐところまでいかなかったかな。NHKマイルCの場合は位置取りが違うにせよ前半かなりタイトに流れていた。この馬は多分マイルは本質的にちょっと長くて、前半の基礎スピード面を泰斗に問われたほうがいいんじゃないかなと。前目でレースを作ったことは良かったし、一足は使えているんだけど、結局スローにしたからといって長くトップスピードを維持できる感じではないのかも。高速馬場ではなかったし、その辺りも適性的なものはあるかもしれない。L2までは脚を使えていたというのは確かなのでそこは覚えておきたい。

信越ステークス(OP)7着

新潟芝内1400m良 14頭7枠11番
1:21.2(+0.7) 34.5-34.4 M
12.4-10.8-11.3-11.6-11.6-11.0-11.8

ただ、そうなるとやはり物足りないのが4走前の信越Sになる。アポロノシンザンが圧倒したレースではあるが、2着以下に関しては正直レベル的には楽なはず。その中で決め手を欠いた。雨が残っていたがそれでも最終のマイル戦なんかを見ても高速馬場状態だったとみていいと思う。

11番枠からここではまずまずのスタート、アポロノシンザンが速いので無理せずに控えて好位で進めていく。3~4角でも好位の外目から促しながらだがあまり反応が良くない状況で直線。序盤でそこから鋭くアポロが出し抜く流れだが、そもそも2列目との差もつまらない。ラストまで良いところなく完敗だった。

個人的にはこの一戦がなければ、今回は結構面白い存在だなと思っていた。ただやっぱり新潟の1400m戦で平均ペースの流れに好位外で、というのは悪くなかったはず。馬場も比較的軽い状況での基礎スピードとそこからの一足、という競馬に最速地点で対応できなかったというのはかなり意外だったかな。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

ここ2走に関してはそもそも1200でハイペースでというタイプではないと思うし、そこは気にしていない。また馬場も少し時計が掛かっていた中でのものなので、適性的に合ってなかった。ただやはり前述の通りである程度高速馬場でフラットなペースだった信越Sが案外だったのが引っかかる。新潟内回りでコーナーで少しペースが落ちるのはコーナーのきつさは別にして府中のNHKマイルカップでも対応できていた。そこから直線最速地点での伸びで物足りなかったのは不満。ターコイズSは逆にペースが緩い中で一足は使えているのでそこまで内容的には悪くないと思っている。NHKマイルカップだけやれればアエロリットが平均で流れを作ってくれれば立ち回り次第で何とか、とも思うが近走の内容は3歳時のいいころにはないと思うので、そこをどう判断するかだろう。ただ超高速馬場向きではあるし、パンパンの良馬場でとなると持ち時計的にもここでは上位に入ってくる馬で、しかもNHKマイルカップは3~4角でのロスもあった。L2で流れた中での一瞬の切れはアエロリットを脅かすレベルだったのは確かで、これを内で我慢しながら使えるのであれば不気味さはある。外からだとなかなか差し込み切るまでは…加えて近走が…という感じかな。今のパフォーマンスだと少し評価を下げつつも、条件自体は結構怖い。ヒモ穴で一考、というのが妥当なところかな。

PR 【  先週も大的中!今週は ヴィクトリアマイル 含む3重賞★ 】

マナミ、先週の注目していたレースで大的中しました!!!
しかも3連単!!!

何故 的中 したかというと・・・
最近気になっていた、とある指数サイトを覗いてみたんです。
指数サイトを見る

赤文字の数字が低いのが人気なんだって~!
指数順位の上位馬3頭の3連単ボックスを買ったら運良く的中しちゃったってわけ ♪
1,000円ずつ賭けていたので投資金額は6,000円だったけど…
払い戻し金が56,800円だったので問題なし(笑)
 あ り が と う ご ざ い ま す (´-`*) 

今週はヴィクトリアマイル含む3重賞!

マナミ欲張りだから全レース当てた~い☆彡

ヴィクトリアマイルの注目馬は「レッツゴードンキ
前走の高松宮記念では惜しくも2着に敗れましたね~。
またG1を勝ってる姿をみたいです!
マイル微妙と言われてますが、、好きだから買います!

スプリングカップの注目馬は「セイウンコウセイ
2017年の高松宮記念ではレッツゴードンキとワンツーフィニッシュを決めましたね!
ここ最近調子が悪いですが…
久しぶりのコンビに期待しています。

ハイジャンプの注目馬は「アスターサムソン
メイショウサムソン産駒ってだけで推せます!かなり推せます!!
数々のG1を勝ってきた馬の仔なので良い結果を残せるはず。

注目馬の指数が気になるところ。。
さっそく覗いてみますか!
推し馬をチェック

うまコラボ的中率が高いと評判が良いので、使ってみる価値はありますよ\(^o^)/

マナミも使っていて、何度か的中しましたよ~!
過去の指数結果を見ていたら、ワイドの的中率が90%近くあって驚き!
今後は、うまコラボを参考にワイドを買ったら的中率がUPしそうな予感 ♪

さーて、
2016年のヴィクトリアマイルを振り返ってみましょう~^^

うまコラボ指数順位はこんな感じでした☆

実際の結果はコチラです。

うんうん。やはりワイドだったら的中率が高いのがこのグラフでよくわかりますね!

今週の重賞レースも当てるぞ~(*^▽^*)

G1を当てると気持ちがいい!
今週末のレースの指数を覗いてみませんか?

ヴィクトリアマイルカップの予想を見る

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。