競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:レッツゴードンキ&岩田確定

time 2018/05/10

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:レッツゴードンキ&岩田確定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

レッツゴードンキ(岩田確定)

スプリントGI戦線で高松宮記念2年連続2着、スプリンターズステークス2着も含めシルバーコレクターとなっているレッツゴードンキがヴィクトリアマイルに出走予定だ。1200路線で開眼ももともとはマイルGI桜花賞馬。ヴィクトリアマイルではなかなかかみ合わずにここまで来たが、末脚を引き出すことに専心しどこまで爆発できるか。

岩田のコメントから今回は多分出していかずに馬の気持ちに合わせて、という競馬になると思う。ただ、前のストレイトガールの時のヴィクトリアでは流れて脚が出せなかったし、昨年はスローの流れで中団外目から勝負に行ったが一瞬伸びかけたもののラストは失速していた。やはり今のこの馬でマイルはちょっと長いかもしれないなあと。ただどちらも外枠だったし正攻法。内内でじっと我慢して、流れがかみ合えば…という感じ。出来れば渋ってほしい。

高松宮記念(GI)2着

中京芝1200m良 18頭4枠8番
1:08.5(+0.0) 33.3-35.2 H^2
12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3

前走の宮記念から振り返っていきたい、スプリントGI3戦連続の2着という結果だが、その中でも強い競馬で最も惜しい2着だったかなと思う。この時は良馬場でも時計が掛かっていて、スプリント戦としては1:08.5と勝ち時計も遅めの中でうまく立ち回ったとはいえ結構厳しい流れの中でしぶとく差し込んだ。

8番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに好位の内内に入り込んで進めていく。3~4角でも、前にスペースを保ちながら2列目に押し上げて直線。序盤ですっと反応して内から一気に先頭に立つ。しかしL1で外から差し込んできたファインニードルに差し切られて2着惜敗。

ファインニードルも強い競馬をしたとは思うが、この流れでしっかりと好位内内を確保、3~4角でも内目を立ち回りながらとはいえしっかりと押し上げて直線半ばで勝負に出てのもの。勝ちに等しいレベルで、完璧にかみ合った競馬でレッドファルクスに差された昨年のスプリンターズSと比べてもこちらの方が頑張っているかなと。力の要る馬場への適性が高く、もともと桜花賞を勝った時も極端なスローだったが馬場自体は実は少し渋っていた。その辺りも対レッドファルクスで押し上げる要素になっていると思う。

ヴィクトリアマイル(GI)11着

東京芝1600m稍 17頭7枠14番
1:34.6(+0.7) 47.9-46.0 S^2
12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9

ヴィクトリアマイルは2走しているが2度とも二桁着順。まずは昨年の方を見ておこう。ペースは1.9でかなりのスロー、稍重でペース配分が難しい中で上がり切らず中盤も12.3-12.2と緩んでいてそこからのギアチェンジ伴うトップスピード戦。直線勝負の度合いがきつく、また3~4角でうまく内を立ち回って押し上げてきたアドマイヤリード辺りはかみ合う競馬になっているかなと。その点でのロスはあるがそれでも末脚の絶対量で見劣った感が強い。

14番枠からここではまずまずのスタートを切って様子を見ながら好位で進めていくが、前のペースが遅いのもあって掛かりながら2列目の外につけていくという形になる。どうしてもかかりながら、外枠で壁を作れないままで3角。3角でも立ち上がるぐらいのブレーキを踏まされて大外に近いところを回しているうちにポジションダウンして直線。それでも序盤でそれなりに反応して内に切り込むがこのあたりからっ所に甘くなるとラストは明確に失速した。

もちろん外枠で壁を作れずに掛かったことが影響している可能性は高い。ただ、それでも顕著にスローではあったのである程度かかること自体はやむを得ない流れだし、そこから直線で動いていってすぐに甘くなったのは不満が多い。もちろん気象的な面でマイルが長いというのもあるだろうが、適性面においてもスローでの決め手勝負では難しいのかなというのは感じる。少なくともマイルではTS持続は甘い。

ヴィクトリアマイル(GI)10着

東京芝1600m良 18頭6枠11番
1:32.9(+1.4) 45.7-45.8 M
12.3-10.4-11.1-11.9-11.5-11.4-11.3-11.6

そして一昨年のヴィクトリアマイル、これも異なるパターンで完敗している。ペースは平均だがこの時は超高速馬場。入りも45.7とかなり速くそれでもストレイトガールが平均でまとめてきたという感じ。一瞬11.9と若干緩んだがこのレースはL4の地点で11.5と結構速いので4角地点の立ち回りは結構重要だったかなと。

11番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずに控えて中団の外。ただここでも前に壁を作れずに掛かりながらの競馬となって中団の外で3角。3~4角で中団外からロスの多い競馬になりつつ直線。序盤で追い出されるが脚がなくという感じで伸びあぐねてなだれ込むだけの10着完敗だった。

どちらかというとこれだけの流れでも掛かってしまっていたこちらの方が影響は大きかったのかなとも思うが、それでも外々からロスがあってとなると脚を引き出す余力が持てなかった。このレースだけではないが、高速馬場だと阪急杯でもそうだが結構ペースが速いと甘くなりがち。過去の実績を見ても結果が出ているときは大体道悪で少し時計が掛かっている状況が多く、スプリンターズSで2着の実績もあるが完璧に立ち回っていたのとペースも33.9-33.7と緩めの流れだったのもある。軽い馬場での時計勝負でとなるとマイルに限らず案外苦戦しているのはあるかな。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

まずマイルがどうか、という点。個人的にはやっぱりちょっと長いかなと思う。昨年の場合はスローなので仕方ないにせよ、結構流れていた一昨年でも掛かっていたとなると少なくとも気性的にはコントロールが難しいのは間違いないだろう。そして実質的にみてもやっぱり過去のターコイズSやヴィクトリアマイルの2走を踏まえて気持ち長いのはある。桜花賞がトップスピード特化戦で逃げて突き放したがあれはやはり特殊だと思うし、少なくともまともな流れではマイルだと少し苦労している。それと高速馬場はマイルだと不向きの印象で、これは使える脚が限定的なのが影響しているかな。京都牝馬Sを完勝したのも道悪の影響で11.6-12.0-12.0-11.2-11.5と2F戦だったのもあるし、力の要る馬場でも速い脚を使えるのが強みかなと。少し渋った1400辺りがおそらくベストになるんじゃないかな。その辺を踏まえると今週はどうも天気が持ちそうだし高速馬場での府中マイル戦でとなると…という感じがする。もちろん内枠でも引いて壁を作れれば変わってくる可能性はある。ヴィクトリアマイルの2走はいずれも外枠で壁を作れず折り合いで苦労したのは間違いないからね。今の段階ではかみ合ったとしても3着ヒモまででとどめておきたいと思っている。昨年のヴィクトリアマイル組+4歳世代でレベル的にも手ごわい相手が揃っている。かみ合ったとしても決定的な武器はマイルでは瞬間的な切れ味、それも少し力の要る馬場でこそ。現状だとそういう評価になってしまうかな。内枠が絶対条件といっていいぐらい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM 鉄板3連複10点

業界屈指と言われるプロ集団が
穴指名した狙い馬で万馬券も!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/29 東京12R 3万1710円的中
4/29 天皇賞春 1万1650円的中
4/28 新潟8R 7万1570円的中
4/22 東京7R 2万4020円的中
4/22 東京12R 2万3410円的中
4/15 中山7R    1万0910円的中
4/14 福島7R    4万4280円的中
4/8 福島12R    4万9400円的中
4/7 阪神6R    5万0890円的中

ヴィクトリアMを無料で見る方法

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。