競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ソウルスターリング&ルメール想定

time 2018/05/09

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ソウルスターリング&ルメール想定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

]

ソウルスターリング(ルメール想定)

一昨年の2歳女王、そして昨年の樫の女王ソウルスターリングがヴィクトリアマイルに出走予定だ。ただ中心の座からはすでに降りてしまった状況…前走の阪神牝馬ステークスではまさかの10着惨敗と苦しい結果となった。早熟なのか?それとも一時的なスランプなのか?昨年秋以降の物足りなさをここで何とか払拭したい。

オークスもそうだしJFやチューリップ賞もそうなんだけど、意外と瞬間的な切れ味勝負ではない。この馬が崩れているケースで天皇賞秋・JCはともかくとしても毎日王冠や前走の阪神牝馬Sは相手関係からもちょっとあり得ないぐらい負けている。多分シンプルにトップスピードの質が足りないんじゃないかなあと。

オークス(GI)1着

東京芝2400m良 18頭1枠2番
2:24.1 61.7-57.8 S^4
12.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.6

まずはオークス。時計やラップを見てもわかる通り、超高速馬場ではあったが、その中で言えるのは実は最大瞬間速度はそこまで問われていない。3.9と超超スローからの4F戦でL2最速でも11.2とそこまで速くない。割と後半のTS持続力が問われているし、4Fで分散しているというのが特徴かな。

2番枠から好発を切って楽に2列目のポケットで進めていく。道中もドスローの流れの中で少し掛かり気味だが許容範囲という感じ。3角ではもう先頭に並びかけるような感じで番手の外で進めて仕掛けを待ちつつ直線に入ってくる。序盤で軽く追われてしぶとく先頭に立つがスパッと切れるわけではない。L2の段階では一瞬内からモズアスコットに来られてるんだがこれをL1で振り切って逆に差を広げての2馬身弱差、完勝だった。

この一戦が強かったのはモズアスコット比較でみて間違いないと思っている。ただし、間違えてはいけないのはやはりL1で突き放しているという点だと思う。モズは3~4角で内内を通して我慢していた。こちらの方が3角以降のロスが多いし、4F戦なので4角地点でのロスは結構響いている。それなのにL1で突き放していること、またL2の最速地点ではむしろモズの方がいい脚だったということから考えても、この馬を評価すべきはTS持続が非凡で質的には実はそうでもない、というところだと思っている。

阪神牝馬ステークス(GII)10着

阪神芝外1600m良 13頭5枠6番
1:35.4(+0.6) 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

前走の阪神牝馬Sなんかはそれが顕著だったかなと思っている。ペースが極端に遅く、そこからのL3最速で11.0。この時の馬場は標準で高速馬場ではない。その中で最速11.0というのは結構速いラップとなる。そこでここまで速い脚を使わされるとすぐに甘くなってしまったのかなと。

6番枠からやや出負けして後方からのスタート。馬群の中から進めていたが3角でじわっと押し上げていってスローのうちに2列目の外まで押し上げる選択をとる。3~4角でも2頭分外から進めて4角最速地点に入って直線。序盤でパンと合図があったがここで置かれて伸びがない。L1の段階では完全に下がってしまった。

もちろん早熟だった可能性はあるんだけど、このレースにしても毎日王冠にしても、崩れているときは休み明けでのトップスピードの質が問われた一戦…という共通点がある。JCや秋天は相手関係を考えるというほど悪くはないんだが、毎日王冠とこの阪神牝馬Sに関してはこのレベルにも負けるのか?というレベルの負け方。特にこのレースでは最速地点が4角で11.0。ここで2頭分のロスがあったということは前よりも実質的に速い脚を使わないとついていけない。ここで無理があったのかなと。長く良い脚を使えるけど究極レベルの脚を使うだけの究極のギアを持ち合わせていないという感じ。だから無理が来る、というイメージかな。基礎スピードだけでなくトップスピードもある一定のラインを超えるとオーバースピード的になる馬もいるんじゃないかと思う。極端だがゴールドシップなんかもそんな感じで、トップスピードが問われるとラストも甘くなりがちだったし。

チューリップ賞(GIII)1着

阪神芝外1600m良 12頭7枠10番
1:33.2 46.4-46.8 M
12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9

敢えてチューリップ賞を振り返りたい。ここではペースは平均で流れているが、ソウルの位置では少しスローかなというぐらい。ただ適度には流れていたし、レースラップでみても最速は11.3と遅めである。

10番枠からまずまずのスタート、様子を見ながらも最終的には好位の外目で進めていく。前からは少し離れた位置で進めて3~4角でも好位の内目を通しながら2列目を壁に使いつつ直線で外。序盤でしぶとく伸びて堂々と先頭に躍り出る。そのままL1まで後続を寄せ付けずの完勝だった。

ここではまだこちらも衰えている気配はもちろんないし、ミスパンテールやリスグラシューも成長前だったかもしれないが、それでも勝負をさせていない。文字通りの完勝だった。L2の最速地点では11.3の地点でしっかりと先頭に立っているし、10秒台まで入っているかは微妙も11秒前後は間違いないところ。この時は軽い馬場だったのでこれぐらいの脚を使っても無理がなくL1まで踏ん張れたというのはあるかもしれない。これまでのレースを見てもこの馬自身の走破ラップで10秒台を踏んでいるか?というケースは少なくて、ペルシアンを破ったアイビーSでもL2の最速地点11.2で先頭に立ってはいるが2列目からだし11秒前後。少なくとも明確に10秒台、となるとそういうレースはしてきていないかな。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

チューリップ賞のパフォーマンスを見ても、この馬の適性内の競馬であれば世代屈指なのは間違いないと思う。ただし、3歳限定の内ならそんなに基礎スピードも高いレベルでは問われないのでマイルでもよかったと思うが、このレベルまでくるとやはり基礎スピード面。チューリップ賞の1:33.2はここに入れば意外と上位にはなるんだが、それでもアエロリットレベルから考えると1秒は最低でも詰めないといけない。同じ高速馬場でアエロリットがああいう競馬をしてくると仮定すればそうなる。それとシンプルに超高速馬場で軽い馬場になってしまったとすると、例えば46で入ったとしても後半にレースラップで11秒前後のラップを踏む可能性が高い。昨年はスローということもあって10.8最速、これは流石に速いが走破時計で1分32秒台、31秒に入っているケースでも最速ラップは11.2~11.3となる。後ろからになった場合は当然だけどここで詰める必要が出てくるわけで、当然瞬間的には10秒台に入れてこないといけない。このあたりをどう考えるかだろう。距離に関しては正直オークスのパフォーマンスを見るとマイルは短いかなと感じるし、馬場適性は恐らく高速馬場巧者だと思っているが、マイルでこのレベルで、しかも府中でとなるといろいろと苦労する可能性が高いかな。良い位置を取れればという怖さはあるが、ゲートが不安定なのもある。幸い今回は逃げ馬がわからない阪神牝馬Sと違って、最初からアエロリットやカワキタエンカというはっきりと逃げる、番手にはつけるという意識を持つ馬がいる。この馬…というより毎日王冠で逃げて完敗、逃げの意識を持ちにくくなった陣営としては最初からある程度ポジションをとる意識を持ちやすくはなったかなと。馬場に関しては正直高速の方がいいと思っているが、ことマイルでとなると少し渋った方がいいと思う。桜花賞やJFを見てもバランス的に平均~ハイ自体は問題ないと思うので。ベスト距離は2000~2400で高速馬場だとは思う。あとはこの辺を総合的に考えて最終的に判断したい。多分馬券的には手を出さないと思うが、チューリップ賞のパフォーマンスからもミスパンテールよりは上位をとるべき馬なんだよなあ、本来は。リスグラシューは府中だと上げてくるので難しいが。

―――――――――――――――――――――――――

【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――
ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。