競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:ダンスディレクター&武豊想定

time 2018/05/07

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:ダンスディレクター&武豊想定

第13回 京王杯スプリングカップ(GII)出走予定馬展望

日程:2018年5月12日()
コース:東京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

ダンスディレクター(武豊想定)

昨年のシルクロードステークスの覇者、そして1400m戦線でも結果を残している短距離路線の重鎮ダンスディレクターが武豊とのコンビで京王杯スプリングカップに出走予定だ。前走の高松宮記念では悲願のGI制覇に届かずの4着、8歳馬としては後がなくなってきた。もちろん今回は安田記念の前哨戦だが、見据えるは悲願成就。ここでも鋭く鮮やかに抜け出し本番へ向かいたい。

武豊が乗るとまずゲートや折り合いが安定しているというのが強み。トップスピードに乗ってからがいいタイプだとは思うが質も高いレベルにあるし、何より流れてもやれるのが最大の強み。読みにくいところがある京王杯スプリングカップの傾向としては割と信頼しやすい馬かな。以前沈んだときは極端なドスローで進路がなかったのもあるしね。

シルクロードS(GIII)1着

京都芝内1200m良 13頭5枠7番
1:07.8 33.9-33.9 M
11.9-10.9-11.1-11.3-11.1-11.5

まずは5走前の昨年シルクロードS勝ちから。これがダンスディレクターらしい競馬ではあると。ペースは平均、L3-2で再加速の競馬になっているが、コーナーである程度速いラップを連続している状況ではあると。後ろからならトップスピードの質、持続力が両方高いレベルで必要だった。

7番枠から五分のスタート、そこから無理はせずにじわっと進めて中団の後ろぐらいで入っていく。3~4角でも後方馬群の内目で進めてコーナーワークで押し上げながら直線でうまく外まで持って行く。序盤で中団から最速地点ではそこまで切れず。しかしL1でエンジン点火すると最後は鋭く伸びてセイウンコウセイをしっかりととらえきった。

この時のセイウンコウセイは後に高松宮記念を勝つわけで、状態面もよかったと思うしそれを問答無用で差し切った。トップスピードの質、持続力の高さを見せたし、この馬自身はL1で3馬身差ぐらいを差しているので11.0~11.1ぐらいは楽に想像できる。少なくともほとんど落としていないとみていいだろう。ただやはり11.3-11.1と加速ラップになっていて直線前半での反応はそこまでよくはなかった。ギアチェンジも苦手というほどではないが得意ではないと思う。

阪神カップ(GII)2着

阪神芝内1400m良 18頭6枠12番
1:19.5(+0.0) 33.6-34.7 H^2
12.1-10.7-10.8-11.2-11.5-11.7-11.5

そこから骨折もあって休養、昨年秋はやや物足りない内容も武豊に戻った阪神カップが強かった。ペースは見ての通りで1.1とかなりのハイ。ラップ推移的にみてもよどみなく進んでL1は上位だけがレースラップ的に加速させているという感じ。3,4着がサングレーザー、モズアスコットという点でみても強かったのがよくわかる。超高速馬場ではあったが非常に高いレベルで基礎スピードが問われた一戦。

12番枠からまずまずのスタートを切ってある程度促しつつ先行策をとる。最序盤は前にいたがさすがに道中は少し離れた好位で進めて3列目の中目。3~4角でも少し仕掛けを待ちつつ4角で動いて直線。序盤でしぶとく伸びてここで一気に先頭に立つ。L1で粘り込みを図るところに外からイスラボニータ、最後は叩き合いの末、ハナ差敗れた。

ここで驚いたのはこのペースの流れに入っていったことかな。豊が乗るとゲートがいいなとは思っていたけど、この流れで下げて好位ってのはちょっと驚いたし、しかもその流れで4角で促してしっかりと勝負できた。もちろんここで動けたように見えたのは前が下がっていたことと、もうすでにスピードに乗っていた(レースがハイペースなので3角の段階でほとんどの馬がスピードに乗れていたのはある)こと。ただ1200でもトップスピードの質、持続力が問われて良さが出ていた印象で、1400でそれもおそらくこのレースはGIレベルといっていいぐらいの中でこういう競馬ができたというのはかなりの収穫だなと。この一戦で相当強いと思ったし、まだまだやれるなと。そして道悪自体こなせる馬だが、突き詰めれば高速馬場の方が合うなと。

高松宮記念(GI)4着

中京芝1200m良 18頭6枠11番
1:08.7(+0.2) 33.3-35.2 H^2
12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3

前走の高松宮記念では悪くはなかったもののなかなか末脚を引き出し切れなかったかなと。ゲートもそこまでよくなくて中団からの競馬、実際ペースも早かったのでそれ自体は決して間違ってなかったと思うが、多分力の要る馬場で良さがそがれたのかなという感じ。

11番枠から五分には出たか、という感じで中団馬群の内目で進めていく。前半はハイペースなのだがドンキの後ろになってしまって3角で少し詰まってブレーキを踏む形になる。3~4角ではドンキの後ろから進めながら前にスペースを保ちつつ追走して直線。序盤で3列目からドンキの内を突いて一瞬伸びかけたがラストの踏ん張りがちょっと足りず。最後は外差しに屈した。

内外の馬場差もあったかもだがいつものトップスピードの持続力がここでは感じられなかった。3角手前で少しブレーキを踏まされたのも痛かったがペースを考えると位置取りは結果的にはちょうどよかったぐらいだと思う。内外の馬場差だけでなくやはり時計が掛かる馬場でとなると適性的に少しかみ合ってなかったのかなという感じ。もちろん重馬場のCBC賞で2着しているようにそこまで苦手ではないと思うが、トップレベルまでくると…特にドンキ辺りとは馬場適性の差が出た感じはする。

2018京王杯スプリングカップへの展望

今の段階では週間予報を見る限り土曜は持ちそうな感じ。なのでおそらく良馬場でできるだろうし、先週ぐらいの馬場ならある程度流れて時計勝負は大歓迎、緩くなったとしてもよほど極端なギアチェンジ戦でなければ対応してくると思う。この路線ではトップスピードの質、持続力は上位だし、スプリント戦線でも特殊といっていいレッドファルクスには見劣るが、1400で今回のメンバーで決め手で見劣るとすれば全盛期のグレーターロンドンとサトノアレスぐらい。グレーターは今回どういう競馬をしてくるかだが前走がちょっと物足りない。サトノアレスはそこまで良いポジションを取れるかは分からないので、総合的にみればこの馬かな。特にペースが上がっても良いというのは今回のメンツでは大きなプラス材料だと思う。

―――――――――――――――――――――――――

【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――
ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。